マイホーム購入で死ぬほど後悔した話!新築で失敗しないために知っておきたいこと

新築マイホームを建てた人のうち、約半数もの人が後悔しているという衝撃の事実をご存知でしょうか?

やや後悔があると回答した方を含めると、その数は7割以上にもなります。

家は3回建てないと満足できるものは建てられないとよく言われますが、数千万円もの買い物ですから、そう何度も建てることはできませんよね。

新築のマイホーム購入に失敗し、後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?

今からご紹介する大失敗してしまった体験談を、マイホーム購入の参考にして頂ければと思います。

 

マイホーム購入で大後悔。「家なんて建てるんじゃなかった」

「はぁ・・・」

3万6250円しかない預金通帳を見つめ、深い深いため息をつく。

大好きな妻と世界一かわいい娘、笑顔の絶えない日々。

「私は世界で一番幸せだ!」

心の底からそう思っていました。

まさしく”幸せの絶頂”のはずだったんです。

家を建てるまでは・・・

 

妻と話し合い、近くのハウスメーカーに相談に行きました。

家を手に入れたあとを想像するとワクワクして、土地の契約から建物の契約までとんとん拍子で進んでいきました。

先のことは深く考えず、営業マンに言われるままに。

その結果・・・

住宅ローンは毎月14万円。

生活費も支払うと私の給料だけでは足りません。

妻にスーパーのパートを始めてもらい、節約に節約を重ねてなんとか生活している状態です。

これなら家を建てる前の方が100倍幸せでした・・・

 

なぜ!?友達は家を建てて幸せになっていた

ある日の金曜日、仕事終わりに友達と飲みに行くことになりました。

友達
そういえば家買ったんだっけ?マイホーム生活はどう?
それが、住宅ローンに追われてて・・・家なんて建てなければよかったよ。
友達
え?俺は家を建ててから超幸せだよ?

 

なぜ?私は家を建ててこんなに苦しい思いをしているのに・・・

 

友達との明暗を分けたのは会社比較

先輩
俺の場合、会社と担当者が凄く良かったから安心して任せられたんだよね。良い会社と担当者にさえ出会えれば、新築はほとんど成功したようなもんだよ。
家が建って住むまでは良い会社だと思ったんだけど・・・
友達
どの会社も必死に営業するから、どこも良さそうに見えちゃうんだよね 。ちゃんといくつかの会社を比べて決めた?
え?いい人そうだったし一生懸命教えてくれたから、その人を信じて他には行ってないよ。
友達
そりゃ契約欲しいから一生懸命やるでしょ。どの会社も必死に営業するから、どこも良さそうに見えちゃうんだよね 。でもさ、俺ら家のことなんてわからないことだらけなんだから、他と比べないと良いも悪いも判断できないよね?

 

よく考えると、確かに友達の言う通りです。

私は1社しか行かずに契約してしまったことを深く後悔しました。

 

マイホーム購入の失敗ベスト5

いかがでしたか?

マイホーム購入で最も多く、最も重いお金に関する失敗の体験談をご紹介しました。

お金の失敗をはじめとする、よくある失敗を5つご紹介します。

 

お金に関する失敗

最も重いのがお金に関する失敗です。

特に、今回体験談をご紹介した住宅ローンの支払いに関する失敗は、後悔してもしきれません。

中には住宅ローンの支払いをすることができず、破綻してしまう人もいます。

他にも、お金に関する失敗には、「適正価格がわからず高い金額を支払ってしまった」というものも多いです。

  • 各種申請費用
  • 司法書士や土地家屋調査費への報酬
  • 設備の価格
  • その他諸経費

マイホーム購入が初めての場合、これらの適正な金額ってわかりませんよね。

何も知らずに契約して後悔しないよう、それぞれのおおまかな金額を把握しておくことが大切です。

友達
3〜5社から見積もりもらい、各項目を比べるとある程度の相場がわかります!

 

土地選びの失敗

一般的に、南向き、角地、四角形、間口が広いなどを良い土地と言います。

しかし、これらの条件が揃っているからと言って、あなたにとって良い土地とは限りません。

近隣の状況や過去の災害情報などはもちろんのこと、現地に行かないとわからないこともたくさんあります。

友達
資料だけでの提案ではなく、ちゃんと現地調査に行ってくれる担当者を選んでください!

 

間取りに関する失敗

間取りで気をつけたいのは、動線・コンセント・広さの3点です。

動線の悪さはストレスになります。

特に、家事動線には気をつけたいところ。

家事がしやすい動線になるように、頭の中でしっかりとシュミレーションしてください。

コンセントの位置も、快適に生活するうえではとても大切です。

生活動線を意識して、必要な位置にコンセントを配置していきます。

また、各部屋は広すぎても狭すぎても使い勝手が悪くなりますので、大きければいい、寝るだけだから小さくてもかまわないなど、適当に決めてしまわず、ご家族一人一人の生活を思い浮かべながら広さを決めてください。

 

性能やに関する失敗

予算が限りなくあるなら、マイホームに欲しいものってたくさんありますよね。

高気密高断熱・床暖房・ミストサウナ・シアタールーム・耐震性能などなど、あげだしたらキリがありません。

しかし、例えば高気密高断熱で南側に大きな窓を設置し、冬暖かい家をつくったとします。

これって実は夏はものすごくアツいんですよね。

お金をかけてこだわりすぎたため、反対に生活が不便になったということも少なくないので、注意が必要です。

友達
ちゃんとデメリットまで教えてくれる担当者だと安心です!

 

家具に関する失敗

靴箱やクローゼットなど、最初から備え付けられた家を計画する方は多いですが、作り付けの家具には大きなデメリットがあります。

それは、必要なくなったときや別の使い方をしたいときに簡単に変更ができないということです。

お子様の成長やお仕事の事情など、家族のありかたは常に変化しています。

変化に合わせて家も変わっていく必要がありますが、作り付けの家具の場合は簡単に変更することができません。

その点あとから家具を置いていると、簡単に変更をすることができます。

最近は安くて機能性の高い家具も多いため、コストの面でも既製品を買ったほうが安くすみます。

ライフスタイルの変化も考慮したマイホーム計画をすることが大切です。

 

新築のマイホーム購入に失敗しない方法

ここまでご紹介した失敗は、家づくりのことを何もわかっていないことが原因です。

しかし、家づくりはそう何度も経験するものではないので、わからなくて当然ですよね。

最も簡単に、適正価格や使い勝手のいい間取り、性能についての知識を得る方法は、複数の会社から間取りと見積もりを取り、話を聞き、比較することです。

実は新築を検討している人は平均で9.6社に問い合わせをしているというデータがあり、マイホームに対する満足度の高い人ほど多くの会社に問い合わせをしています。

ただ、無数にある会社に片っ端から訪問し、ゼロから話を聞くのはかなり時間がかかってしまいますのでおすすめできません。

まずはそれぞれの会社のカタログに目を通し、あなたの理想を叶えられそうな会社を3〜5社ピックアップします。

そうすることで、無駄な会社に訪問する時間を省くことができるうえに、写真で具体的に家のイメージを持つことができます。

インターネットを利用すれば、条件にあった複数の会社のカタログを一括で請求することができますので、マイホーム購入で後悔したくないなら、ぜひチェックしてみてください。

大手住宅情報サイト「LIFFUL HOME’S」が運営する一括請求が完全無料で、ノーリスクで利用できるうえ、情報量も豊富でオススメです。

失敗して後悔しないためには
できるだけ多くの会社を比べてください!

 

良い会社を見つけて最高のマイホームを!

新築のマイホームを購入した人のうち、実に2人に1人が新築に失敗したと感じています。

理想のマイホームを建てるためには、良い会社を見つけることが絶対条件です。

できるだけ多くの会社を比べ、あなたに最適な会社を見つけてください。

 

しかし、なかなか時間がとれない方も少なくないと思います。

そこで、簡単な入力だけで複数の会社を比較できる、一括カタログ請求サービスを利用してみてください。

  • できるだけ月々の支払いを少なくしたい
  • 忙しくて複数の会社に行く時間がない
  • 親切に営業してもらうと断りづらい
  • 好みのプランを選びたい
  • 絶対に失敗して後悔したくない

どれか一つでも当てはまる方には、一括カタログ請求は本当にオススメです。

予算や希望のテーマ(ローコスト、平屋、3階建てなど)など、あなたが建てたい家のイメージに合わせたカタログを請求できます。

とにかくたくさんの会社を見てみたいという方は、希望エリアの登録店全てを比較することもできます。

良い家を建てられるか・・・
今ここが分かれ道です!

 

追伸】

今ならカタログ請求をした人全員に「はじめての家づくりノート」という家づくりのノウハウがプレゼントされています。

日本最大級の住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」さんが教えてくれる家づくりのノウハウは、家を建てるならもらっておいて損はありません。というか、絶対にもらった方が良いです!

複数の会社を比較できるうえに、家づくりに失敗しないための情報をもらえるなんて!

是非このチャンスに家づくりのノウハウもGETして、絶対に失敗して後悔しない知識を身に着けてください。

ちなみに「はじめての家づくりノート」は有料級のノウハウだけに、いつまで無料でもらえるのかわかりません。

今このチャンスを逃すと、後悔することになります!

是非、このチャンスを逃さず利用してください。

 

後悔しない家づくりはコチラから