1. TOP
  2. やっぱり注文住宅?注文住宅のメリットとデメリット

やっぱり注文住宅?注文住宅のメリットとデメリット

『あれも実現したいし、これも実現したいし、あれもこれも妥協したくないから、絶対注文住宅!!』

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

南向きの土地に、大きなバルコニー、床は無垢材で・・・

こだわりまくった家。素敵ですよね。

でも、本当にあなたに合っているのは注文住宅なのでしょうか?

こだわればこだわるほどお金もかかります。

計画に時間もかかります。

ついついメリットに目がいきがちですが、注文住宅にはデメリットもあるんです。

最高の家づくりをするためには、メリットだけでなくデメリットにも目を向け、あなたに合った方法を選ぶことが大切です。

この記事では注文住宅のメリットとデメリットをわかりやすくまとめました。

 

あなたに合っているのはもしかしたら建売住宅かも?

失敗しない家づくりのためには、注文住宅だけでなく建売住宅のメリットとデメリットも理解し、両方を比較して決める必要があります。

建売住宅のメリットとデメリットについては、こちらの記事を参考にして下さい。

建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

 

注文住宅とは

cf737a954bc5e99319d08f66d51b3ea7_s

注文住宅とは、新築住宅のうち、建物の仕様から間取り、外観、内装といった建物の在り方を、建築依頼者が計画する建築様式のことです。

注文住宅は大きく二つの種類に分けられます。

 

フルオーダー住宅

使う木材や、断熱材、窓の種類といった仕様から、新築に関わるすべての項目について依頼者が指定して計画するもので、ある程度の建築知識を必要とします。

圧倒的に手間はかかりますが、完全にあなた好みの、あなただけの住宅になり、資金が豊富にあり、最高品質を求める方向けの住宅です。

 

セミオーダー住宅

本当にすべてを決めるフルオーダー住宅に対し、基本的な仕様は建築会社が決めたものを採用し、間取り・住宅設備(風呂、洗面台、トイレ、キッチンなど)の色・外壁の色などを決めるものをセミオーダー住宅と呼びます。

フルオーダー住宅はある程度の建築の知識と、豊富な資金が必要であることから、セミオーダー住宅を選択する方が非常に多いです。

建築会社側も、あまりにも手間がかかるのでフルオーダー住宅を嫌う会社が多く、”注文住宅”と一口で言う場合、そのほとんどはセミオーダー住宅のことを言っていると思ってください。

 

注文住宅のメリット7選

07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s

注文住宅のメリットを選りすぐり、7つご紹介します。

あなたの思い描く理想の新築マイホームを実現できるのは注文住宅なのでしょうか。

これから紹介するメリットに心ときめいたなら、注文住宅が合っているのかもしれません。

それでは、メリット7選いきます!

 

自由度が高い

lig_kusariwotokihanatu_tp_v

まず、すでに完成してしまっている建売住宅に対し、計画段階から希望を伝えることができる注文住宅は、間取り・外観・仕様といったすべてにおいて自由度が高く、これが最大のメリットと言えるのではないかと思います。

「外観は欧風がいいなぁ」

「キッチンは少し広めに!」

「耐震性のある家で、家族と安心して暮らしたい」

こういった様々な要望を実現できることは、大きな魅力です。

予算が許す限り、よほどの無茶を言わない限りは実現できます。

間取りや外観、仕様をあなた好みに仕上げた家は、まさしくあなたのための住宅と言えるのではないでしょうか。

 

世界に一つだけの家

5a1adf72874f7c6fb70d52620aeecdf9_s

決して某グループの歌をもじったわけではありませんが、”世界に一つだけ”という響きはとてもいいですよね。

注文住宅は、間取り・外観・仕様を自分で決めるため、まったく同じ家ができることはまずありません。

フルオーダー住宅であれば、なおさらその可能性は低くなります。

注文住宅はあなただけの、世界に一つだけの家になります。

そう思うと、なおさら愛着が沸くのではないでしょうか。

 

建築途中の現場をチェックできる

person-woman-eyes-face

建売住宅と違い、建物ができあがっていく途中段階を、希望すればいつでも見ることができます。

施工業者からすれば、いつ見に来られるかわからないというのはいい意味でプレッシャーになりますし、手抜き工事ができなくなります。

建築途中にハウスメーカーや工務店のチェックも入りますし、しっかりした会社であれば第三者機関による点検をしている会社もあります。

これから何十年と暮らす家に、手抜き工事があってはたまったものではありません。

実際、注文住宅は建売住宅に比べて欠陥住宅が圧倒的に少ないと言われています。

建設途中の現場をチェックできるというのは、かなりのメリットと言えるでしょう。

 

こだわりを表現できる

9c6eeb1db85743443fa5c5f4ef05ca1b_s

もし、あなたに実現したい強いこだわりがあるなら、注文住宅一択かもしれません。

もちろんあなたのこだわりを満たしている建売住宅もあることはあると思いますが、こだわりが強ければ強いほど、多ければ多いほど、建売住宅であなたのこだわりをすべて満たしてくれる住宅に出会える可能性は低くなります。

絶対に叶えたいこだわりを持っているのであれば、注文住宅を検討しましょう。

 

予算を調整できる

14902bc44a768117947eeead986d6e7d_s

注文住宅はあなたのこだわりをカタチにできることはこれまで説明した通りですが、逆にあなたが特にこだわらない部分に関しては、グレードを下げて安く抑えることも可能です。

家を計画していくうえで、予算をオーバーしてしまうのはよくある話なのですが、そういった場合にこだわらない部分を安く抑えることで、予算の調整をすることができます。

設計担当者にじっくりと相談し、納得いくまで予算を調整しましょう。

 

施工会社を選べる

7c886f1693dd084b876d29dc17896220_s

ハウスメーカーを選ぶにしても、工務店を選ぶにしても、あなたの地域で評判の良い会社もあれば、悪い会社もあると思います。

評判の良い会社も、悪い会社も、それなりの理由があっての評判だと思いますので、やはり評判の良い会社にお願いしたいものです。

注文住宅であれば、評判の良い会社を選んで施工をしてもらうことができます。

もっと言うならば、評判の良い会社の、評判の良い担当者を指名することも可能です。

同じ設計図で施工しても、品質に差がでるものなので、良い会社の情報を仕入れ、良い会社で建築するようにしましょう。

 

資産としての価値が高い

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s

質の良いものを選び、評判の良い会社で施工した場合、建物の資産価値が下がりにくくなります。

建売住宅では価格を抑えるためにそれなりの質での施工をしている場合が多いので、建売住宅と注文住宅を比較すると、やはり注文住宅のほうが資産としての価値は高くなる傾向にあります。

さらに、欠陥住宅であれば資産としての価値はほとんどありませんが、この記事の少し前でも説明したように、注文住宅は欠陥住宅になる割合が低いので、欠陥による資産価値の低下の心配も少なくなります。

 

注文住宅のデメリット5選

ozpa_2gekioko_tp_v

ここまでメリットを見てきて、あなたに響くものはありましたか?

 

心ときめいたあなたは、注文住宅が向いているのかもしれません。

 

しかし、注文住宅を建てるならば、絶対に事前準備をしてくださいね。

もし事前準備を怠ると、大変なことになるかもしれませんよ・・・

 

【悲報】新築一戸建てを買って死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

まだ判断しかねるという方のために、ここから先デメリットをお伝えしたいと思います。

もし、デメリットが苦にならないようなら、間違いなくあなたに向いているのは注文住宅と言えます。

それでは、デメリットを見てみましょう。

 

入居までの期間が長い

25d80b84086f0df72bd92018eec8a9f0_s

建売住宅に比べ、相談事項が多い注文住宅は、初期面談から契約まで1~2ヶ月かかることも多々あります。

土地探しから始める場合であれば、なかなか気に入った土地が見つからず、半年経ってまだ土地を探しているなんてケースも・・・

また、土地と建物で別々の相手と契約をしたり、それに伴う費用を支払ったりと、契約までの工程がやや複雑で、手間がかかります。

”とり急ぎ入居したい”、”仕事が忙しくて時間がなかなか取れない”などの事情がある方にとって、この手間は大きなデメリットになってしまいます。

 

予算をオーバーする計画になりがち

minimography070

計画を進める段階であれもこれもと要望を言っていくうちに、気が付けば予算を軽くオーバーしていたということもよくあります。

予算をオーバーしていても、少し背伸びをして契約される方もいらっしゃいますが、その後に待つ毎月のローンの支払いを考えると、やはり予算をオーバーする計画は避けたいものです。

予算内におさまるよう、絶対に譲れないポイント以外はある程度妥協することも考えましょう。

 

予想外の費用

ff2674e2a9debd43964bc940081b5b84_s

工事請負に関しては、”見積り以外の費用が発生した場合も追加費用はいただかない”といった意味合いの文が約款に含まれているかと思いますが、それ以外の、例えば諸経費などは見積りよりも増減する可能性があります。

今私がざっと思いつく限り増減の可能性のある項目をあげてみます。

・各種登記費用

・融資に関する費用

・地盤改良

・上下水道引き込み費用

これらの費用は増減の可能性があります。

中でも地盤改良に関しては、調査の結果”特に軟弱な地盤”であった場合、数十万円から百万円程度増えてしまう可能性もあります。

そういった予想外の費用も依頼者持ちになってしまうので、少し資金に余裕を見た計画を心がけましょう。

 

完成をイメージしづらい

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

ある程度計画が進み、見積りに納得した時点で注文住宅は契約になります。

実際に入居する家を見て、触れて契約する建売住宅に対し、注文住宅は契約段階では完成品を見ることができません。

建物が完成し、いざ入居という段階でイメージと違うといったことも起こり得ます。

もし、パース(3Dイメージ図)をつくれる会社ならば、必ずパースを見て、想像力を最大に発揮し、自分が実際に生活している姿を思い描いてください。

 

建売住宅より比較的価格が高い

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

建売住宅より手間がかかる注文住宅は、その手間分どうしても割高になります。

それに加えて土地の値段も上乗せされてしまうため、土地単価の高いエリアでは多めに予算を設定しておかないといけません。

土地の坪単価が60~70万円を超えるような地域であれば、建売住宅にされる方が多い傾向にあります。

逆に田舎で土地単価の安い地域であれば、建売と注文でそこまで差がなかったりしますので、あなたのお住まいのエリアによっては、価格の面でのデメリットは薄いかもしれません。

 

その他注意事項

ここまでメリットとデメリットを見ていただきましたが、いかがでしょうか?

それぞれを把握したうえで、やっぱり注文住宅にしようと思っている方へ、いくつかの注意事項をお伝えしておきたいと思います。

 

ハウスメーカー?工務店?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

注文住宅で新築一戸建てのマイホームを建てるならば、ハウスメーカーか工務店、どちらかに相談に行くことになります。

それぞれに良いところがあり、悪いところがあるので、あなたに合っているのはどちらか選ばなければいけません。

もちろん色々なハウスメーカーや工務店があるので一概に言うことはできませんが、簡単に言うと、ブランド力を求めるならばハウスメーカー、安くて良い家を建てたいなら工務店といった感じでしょうか。

詳しくはこちらにまとめてありますので、是非参考にしていただければと思います。

工務店とハウスメーカーの違いを比較してみた

 

実際に建てた友達に話を聞く

ed49d99a280e8d1d1f78362438f30af3_s

これまで、あなたの周りにも新築一戸建てを建てた方がいると思います。

その人の話をよく聞いてください。

実際に建てた人には、実際に建てた人にしかわからない感想があるはず。

それはあなたにとってとても価値のある情報になります。

いくらサイトで研究したところで、全てがあなたのエリアで使える情報とは限りません。

「勉強したことと違う!」とならないよう、実際に建てた人の話を聞き、あなたの周りの生きた情報を仕入れるようにしてください。

 

予算内で複数社のプランを比較する

17dd5cad9b798e64423fed10294712bf_s

実際に建てた人に話を聞き、ある程度の知識を身に付け、あなたの中で相談に行く会社がある程度絞れてきたとします。

でも、そこで1社に決めてしまうのは賢いやり方ではありません。

というのも、会社にはそれぞれ得意な間取りや工法などがあり、1社から提案してもらえるプランには限りがあるからです。

”3人寄れば文殊の知恵”というように、複数の会社でプランを提案してもらうと、全く違ったパターンのプランが出てきます。

そうすれば、あなたの理想に近いプランに出会う確率は格段に上がります。

いくら注文住宅で自由な間取りにできるとは言っても、一から考えるのは大変ですし、ある程度プロが考えた間取りをベースに考えた方が、いい間取りになることは間違いありません。

そしてベースはたくさんあった方が、あなたも複数のパターンを思いつきやすくなると思います。

できるだけたくさんのパターンを見比べ、最高の計画を立てましょう。

 

もし複数社を比べ、『A社に建築してほしいけど、プランはB社がいい』と思ってしまった場合も、何も悩む必要はありません。

B社のプランをA社に持ち込めばいいのです。

ハウスメーカーも工務店も、他の会社のプランを持ち込まれることを嫌がらないので、気にせずに堂々と持ち込んでください。

複数社でプランを作成してもらう場合、必ず最初に予算を伝え、その予算内でプランをしてもらうようにしてくださいね。

予算内という制限を付けることで、それぞれのプランを単純に比較することができますので、かなり価値の高い情報になります。

 

できるだけたくさんのプランを比べた方がいいのは分かったけど・・・

一社一社回るのは時間もかかりますし、毎回営業を受けることになりますので、かなりめんどくさいですよね。

そこで、複数社にプランを依頼するときは、無料の一括見積サイトがかなり便利でおすすめですので是非使ってみてください。

もし私なら、安くて評判の良い会社に気に入ったプランを持ち込むと思います。

完全無料で使えて、3分の入力手間だけで複数の会社のプランを見ることができるので、活用しないのはもったいないです。

できるだけ多くの会社のプランを見比べ、賢い家づくりをしてください。

 

もし、1社だけを検討し、勢いだけで新築をしてしまうと、あなたの新築は失敗してしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

 

例えばこんな風に・・・

【悲報】新築一戸建てを買って死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたに合った家づくりは、注文住宅でしたか?

 

注文住宅にも、建売住宅にも、メリットもあればデメリットもあります。

大切なのは、その両方を把握し、比較し、どちらも検討するということです。

できるだけ多くの選択肢をあげ、その中から一つ一つ精査して絞り込んでください。

あなたの家づくりが最高のものになりますよう、心からお祈りしております!

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 匠ちゃんホーム 事業代表
「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」を経営理念に、質を下げないローコスト住宅の研究をし続けています。
お客様に満足できる家づくりをして頂くため、365日無料相談を受け付けています。
対面・メール・サイトからのお問い合わせの全てに100%お答えしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【前編】

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【後編】

  • ローコスト住宅で失敗して後悔しないために知っておくべきこと6選

関連記事

  • 海沿いに新築一戸建てを!海が近いメリットとデメリットは?

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

  • 建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

  • 主婦の憧れアイランドキッチン!採用した人の声を集めてみた