1. TOP
  2. おうちの悩み
  3. 【2018年度版】新築時にもらえる補助金制度まとめ(H30年度)

【2018年度版】新築時にもらえる補助金制度まとめ(H30年度)

新築をすると補助金を受けることができるのをご存知でしょうか。

新築時に受け取れる補助金は実にたくさんありますが、そのほとんどが知られていません。

これらの制度はこちらから申請しなければ受け取ることができませんので、知らないということは、数万円から数十万円を受け取れる権利を放棄しているということになります。

 

もらえるはずのお金をもらわないなんて、もったいないと思いませんか?

私は絶対に嫌です。

 

そこで、あなたが対象になっている補助金をちゃんと受け取って頂くために、この記事では新築の際にもらえる補助金制度をまとめました。

もしあなたが対象になりそうな補助金がありましたら、年末にもう一度読み返し、申請してお金を受け取って頂ければと思います。

 

合わせて減税制度も活用すれば、さらに数百万円の返金を受け取ることができ、2倍お得です。

補助金同様、申請しないと受けとれないものもありますので、一度確認しておくことをおすすめします。

 

新築時に受けられる減税制度まとめ

 

新築時に受け取れる補助金

2018年度に新築をすると受けられる補助金は、5種類あります。

それぞれに受けるための条件があり、その条件をクリアすると補助金を受け取れます。

新築は額が大きいだけに、受け取れる補助金の額もかなり大きく、総額で100万円以上受け取れる補助金もあります。

もし受け取る条件に当てはまっているなら、受け取らないのは本当にもったいないですよ。

ここでは、補助金を受け取る条件・金額・受け取り方についてお伝えします。

受取り当てはまっているかどうかご確認ください。

 

住まい給付金

%e7%84%a1%e9%a1%8c

(出典:国土交通省 住まい給付金パンフレット)

新築時に支給される補助金の中で、最も有名なものとして、住まい給付金があります。

この給付金は、消費税増税に伴い、住宅を購入した一定年収以下の人の負担を軽減するためにつくられた補助金です。

消費税増税に伴ってつくられた制度ですので、消費税が8%の現在と10%になった後で給付額が変わります。

今の時点では消費税10%への増税は、平成31年10月に予定されており、それまでは8%が適用されますので、この記事では8%時の給付額と条件をお伝えします。

 

給付条件は3つあります。

  1. 床面積が50m^2(平方メートル)以上の自己居住用住宅であること。
  2. 施工中に検査を実施し、一定以上の品質が確認された住宅であること。
  3. 年収が510万円以下であること。

 

2つ目の一定以上の品質とは、具体的には以下の3つのうち、1つを満たす住宅です。

  • 住宅瑕疵担保保険に加入した住宅
  • 建設住宅性能表示利用した住宅
  • 瑕疵保険法人の現場検査によって保険加入と同等であると認められた住宅

 

床面積・品質・年収の3つの条件を満たすと、以下の金額を受け取ることができます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

消費税10%に上がる前に慌てて家を建てようと考えている方もいると思いますが、焦って契約するのはオススメしません。

例えば、土地を除いた金額が2000万円の家を建てた場合、消費税8%の場合税込で2160万円、10%の場合税込で2200万円になります。

差額は40万円です。

消費税が10%になると、年収675万円以下の方であればすまい給付金が多くもらえるので、補助金も含めて年収ごとに8%時と10%時の差を比べると次のようになります。

 

年収 差額
〜425万円 −20万円
425〜450万円 −10万円
450〜475万円 −20万円
475〜510万円 −10万円
510〜525万円 ±0円
525〜600万円 −10万円
600〜675万円 −20万円
675〜775万円 −30万円
775万円〜 −40万円

 

8%のうちに建てれば消費税は40万円安くなりますが、消費税10%になってから建てると補助金が増えますので、年収によっては金額が変わらないこともあります。

慌てて建築会社へ行く前に、ご自身の年収と、建物計画を照らし合わせて計算してみてください。

 

お金だけで考えると、年収510〜525万円の間にいる方以外は確かに損をします。

しかし、これから何十年と住む家ですので、慌てて契約をしてしまい、あとで後悔することのないようにしてください。

「増税前の今がチャンスです」などという営業トークにはくれぐれも注意してくださいね。

 

住まい給付金については、申請方法まで詳しくまとめた記事がありますので、すまい給付金を受けとりたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

【住まい給付金っていつまで?申請時期・申請補法を知って最大30万円GET!】

 

地域型住宅グリーン化補助金

elly20160628400123_tp_v

こちらの補助金は、優良な住宅に対して支給される補助金です。

 

木造の新築住宅で、以下の5つの要件のうちどれか1つを満たす住宅に支給されます。

  1. 長寿命型(長期優良住宅)
  2. 高度省エネ型(認定低炭素住宅)
  3. 高度省エネ型(性能向上計画認定住宅)
  4. 高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)
  5. 優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物(非住宅))

 

長期優良住宅や、ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)で当てはまる住宅も多いのではないかと思います。

その他細かい条件もありますので、住宅会社に補助対象にならないか確認してみてください。

 

4つ目のZEHについては、現在日本政府が推奨している住宅で、これから必ず普及します。

2020年度には義務化されるという話もあるため、新築住宅を検討されているのであれば、絶対に知っておいた方がいいです。

詳しくはこちらの記事を参考にして頂ければと思います。

 

ZEHとは?読み方や注目されている理由をわかりやすく解説!

 

市町村補助金

国からの補助とは別に、市町村によっては独自の補助金制度を設けている場合があります。

太陽光発電設備や、低炭素住宅などに対して補助金を出している自治体も多く、新築時に受けられる場合があります。

 

自治体によって異なりますが、一般的には以下のような案件が補助の対象となります。

  • 新築・リフォーム工事費への補助や融資
  • 耐震改修への補助
  • エコリフォームへの補助
  • バリアフリーへの改修
  • 太陽光発電設備やスマートハウスへの補助
  • 長期優良住宅・低炭素住宅への補助

 

利用条件は、一般的に以下のようなものがあります。

  • 地元の建設業者による工事
  • その市町村に居住予定
  • 税金をちゃんと納めている
  • 補助金に当てられた予算が残っている
  • (一部)国の補助との併用不可

 

地方公共団体の住宅関連の助成制度を調べるサイトがありますので、4つご紹介します。

あなたの地域に助成制度があるか調べる際は、ご利用下さい。

 

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

地方公共団体における住宅リフォームに係る支援状況調査結果

一般財団法人 日本建築防災協会HP

フラット35(住宅支援機構) HP

 

地域に根ざした工務店などであれば、そのエリアの助成制度について知っている場合もあるので、家づくりを相談する際に聞いてみるといいでしょう。

 

ゼロエネ住宅補助金(ZEH支援事業)

8b1375b807d3933ab10b689afe3cc67d_s

一定条件を満たせば支給される補助金で、ZEHを建てられるなら、ぜひとも受け取りたい補助金です。

平成30年度は、ZEH要件を満たすと70万円の補助金が支給されます。

それに加え、蓄電システムを導入すると最大30万円追加で受け取ることができます。

 

ZEH補助金について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

【ZEH補助金はいくら?いつまで?流れは?】

 

H26年度から続いてきた補助金ですが、いつなくなってもおかしくない補助金だと言われ続けています。

ZEHについては、こちらの記事に詳しくまとめましたので、あわせてこちらもお読みください。

 

【ZEHとは?読み方や注目されている理由をわかりやすく解説!】

 

エネファーム設置補助金

%e7%84%a1%e9%a1%8c

(出典:東京ガス

エネファームをご存知でしょうか?

別名「家庭用燃料電池」と呼ばれるもので、水素と酸素から電気と熱をつくるシステムです。

グリーン化推進事業の一環として、エネファームの導入が推奨されており、助成制度が設けられています。

条件を満たせば、最大で12万円の補助金が支給されます。

 

この補助金は複雑で少し難しいので、詳しくはエネファーム導入業者に尋ねてください。

エネファームの導入を検討中で、詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

 

経済産業省 平成30年度予算案

 

まとめ

2018年度(H30年度)にもらえる可能性のある補助金をご紹介しましたが、いくつご存知でしたか?

実は建築業界にいても、住まい給付金くらいしか知らないことが多く、受け取れるはずの補助金を受け取っていない方は本当にたくさんいらっしゃいます。

ここでご紹介した以外にも、地域によってはまだまだたくさんの補助金があります。

すべてを受け取れば、数十万円から、場合によっては百万円以上になりますので、もらえる補助金は遠慮なく受け取りましょう。

 

この記事を参考に、1円でも多くの補助金を受け取っていただければ幸いです。

 

補助金制度と合わせて、減税制度も活用することでさらに多くのお金を受け取れる可能性があります。

補助金同様、申告しないと受け取れないものも多いため、知らないと100万円以上損してしまいます。

こちらの記事を参考に、減税制度について知ってください。

 

新築時に受けられる減税制度まとめ

 

最後に、新築の計画を進めるにあたって、私が絶対にやるべきだと思っていることが一つだけあります。

それは数分でできることなのですが、そのたった一つの行動をめんどくさがると、本当に大変なことになってしまいますよ・・・

今からご紹介するのは、たった一つの簡単な行動をしなかったばかりに新築に失敗してしまった残念なお話です。

彼と同じ失敗をしないためにも、この記事を参考にして頂き、あなたには後悔のない新築をして頂きたいと思います。

 

【悲報】新築一戸建てを買って死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

おうちの悩み.com 編集長
株式会社ライフプラスハウス 代表取締役社長
株式会社ドレメ 取締役

「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」というミッションのもと、今よりも豊かな生活を手に入れる家づくりをご提案させて頂いております。

私の建てる家に興味がある、または私に家づくりの相談をしたい方は、下記のリンクよりライフプラスハウスのHPへ飛ぶことができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせには100%お返事致しますので、お気軽にご連絡下さい。


ライフプラスハウスのHPはコチラ

コメント

  1. デリカ より:

    2000万+8%=2160万-40万=2120万
    2000万+10%=2200万-50万=2150万
    「10%になってから建てた方が10万円得することになります。」は8%時の給付金40万が完全に抜け落ちてませんか??

    1. デリカ様

      ご指摘ありがとうございます。
      計算間違いをしておりましたので、再計算して年収ごとの差額を追記致しました。

      425万円以下・・・−20万円
      425万円〜450万円・・・−10万円
      450万円〜475万円・・・−20万円
      475万円〜510万円・・・−10万円
      510万円〜525万円・・・±0円
      525万円〜600万円・・・-10万円
      600万円〜675万円・・・−20万円
      675万円〜775万円・・・−30万円
      775万円〜・・・−40万円

      差額はこのようになります。
      ご確認ください。

      ご指摘頂いたおかげで、さらに良い記事へと書き換えることができました。
      今後とも、おうちの悩み.comをよろしくお願い致します!

  2. 高村佑里子 より:

    夫婦2名だけで住む家で、それぞれ共働きです
    旦那名義でなく、建物と土地すべて私(妻)名義と支払いを
    するのですが、年収は、私の分だけでみて補助金を受けれるのでしょうか?夫婦2名合わせた年収になるのですか?

    1. 高村佑里子 様

      ご質問ありがとうございます。

      建物と土地のお支払いは全て高村様の名義ということですが、
      持分についてはどのようにされますか?
      持分も高村様が100%の場合、
      高村様の収入だけを考慮して補助金が受けられます。

      しかし、旦那様も持分をもたれる場合、
      旦那様の収入も計算されます。

      その場合の計算方法は、

      【旦那様の給料に対する給付額】 × 【持分の%】
      【高村様の収入に対する給付額】 × 【持分の%】

      この二つを合算した金額が支給されます。

      例えば次のような条件の場合、
      支給される金額を計算してみます。

      ・旦那様 年収500万円(給付額10万円)
      ・高村様 年収400万円(給付額30万円)
      ・持分は50%ずつ

      旦那様→10万円 × 50% = 5万円
      高村様→30万円 × 50% = 15万円

      給付額→5万円 + 15万円 = 20万円

  3. 大木 成司 より:

    この8月27日(月)に新築引渡しを受けた者です。
    このURLにある補助金は、今年建築を完了した物件に対して適用はされないのでしょうか?
    (参考情報)
     [建築業者との契約日] 2018年2月
     [建物引渡し日] 2018年8月27日
     [建築内容] ①太陽光パネル(3KW) ②エコワン ③長期優良住宅(建坪26坪)
     [年収] 2018年度の年収は510万円以上(62歳)

    (☆)お手数ですが、よろしく回答願います。
     
     

    1. 大木 成司 様

      ご質問ありがとうございます。

      今年引き渡しを受けたということであれば、年収が高いので住まい給付金は対象外かもしれませんが、今期の要件を満たす補助金は全て対象になります。

      住宅会社のご担当者に連絡してみてはいかがでしょうか?

      大木様の年収であれば、所得税と住民税も多く支払われていると思いますので、少なくとも住宅ローン控除は絶対に受け取ってください!

      【参考記事】
      住宅ローン控除(減税)の条件は?受け取るには確定申告が必要!

  4. 千代の富士 より:

    今年の4月に一階は昭和56年築、二階は平成2年築に増築した一軒家を今回は一階を間取りなどを変えて完全リォームをしました。工務店の方は同級生の友人にお願いしましたが、補助金の事を良く知らなくて、こちらが調べないと動いてくれない状態です…ネットなどで補助金制度などを調べましたが、良くわからず困ってる所に偶々このサイトに流れ着きました。もし宜しければ何処に連絡したら補助金が降りるのかをアドバイス頂けだら幸いです。
    ちなみに木造住宅でこの度ガスをやめてオール電化にして太陽光も9キロワットを購入しました。

    1. 千代の富士 様

      ご質問ありがとうございます。

      どのような具体的にどのような工事をしたかによって、
      受けられる補助金は変わってきます。

      また、リフォームの場合地方公共団体から補助金を受けることになると思いますが、
      そちらも地域ごとに受けられる補助金が違います。

      一番確実なのは、
      役所に問い合わせて聞いて頂くことかと思います。

      これもまた役所によって担当している課の名前が違うので、
      総合受付にお電話して頂き、
      「リフォームに関する補助金の詳細を知りたい」
      などと言って頂ければ担当の課に繋いでくれると思います。

      補助金は原則としてご本人様が動くものなので、
      工務店に言っても動いてくれないのは仕方ないですね。
      お知り合いならなおさら不親切だとは思いますが。

      一度問い合わせてみてください!

    2. 千代の富士 より:

      迅速な対応ありがとうございます。
      明日早速、市役所の総合受付の方に行って補助金が出るか聞いてみたいと思います。
      半年間くらい補助金の事で悩んでまして、凄く良いアドバイスを貰えて大変助かりました。

      建物の登記、所得税などで予定より出て行くお金が多かったので補助金が貰えたら助かるなー思います。

      本当にありがとう御座いました。

      1. 千代の富士 様

        参考になりましたら幸いです。
        今後ともおうちの悩み.comをよろしくお願いいたします!

  5. みつあみぱんだ より:

    ゼロエネルギー住宅の補助金をもらえると思って予算だしてもらっていたのですが、申請時期が終わってしまい 補助金がもらえないと施工会社さんから言われてしまいました。結局70万円プラスになってしまいます。
    最初の見積もりでは70万円引かれた状態での契約をしたのですが、あとになって金額が増えてしまうのはやはりローンも組んだあとですし困ります。
    今は間取りの調整をして最終的な予算を出してもらう段階です。最初の予算より100万円増えそうな感じです。(←これは想定内です。) もう少し早くに申請が出来ていればもらえていたのにと思うと悔しいです。他に適応される助成金はないかと探してはいますが...
    今のスケジュールでは、12月か1月着工、来年5月6月辺りに引き渡しとなります。
    それか来年度の申請を待つために着工時期を来年の6月くらいに伸ばす案も出ました。土地から購入していて、つなぎ融資もありますし、あまり引き伸ばすのもどうかなぁと思います。
    家のこと、お金のことまだまだ勉強不足で文章などおかしかったらすみません。
    着工を引き伸ばすべきなのか、それとも他に受けられる助成金はあるのか、あるいは施工会社さんに値引きをしようか、なにかアドバイスいただければ幸いです。

    1. みつあみぱんだ 様

      ご質問ありがとうございます。

      まず、すでにご契約は住んでいて、
      土地の取引も終わっている状態という認識でよろしいでしょうか?

      その場合、
      懸念されている通り着工時期を引き伸ばすと、
      つなぎ融資の金利を取られてしまうことになります。

      そのため、
      安易な引き伸ばしはおすすめできません。

      建物は契約されているのでしょうか?
      もしすでにご契約されていて、
      契約後に補助金を受けられないと言われたのであれば、
      補助金を受けられると言われたので、
      その前提での契約であったことを伝え、
      値引き交渉をしてみてください。

      おそらくですが、
      まともな会社であれば少しは下がると思います。

      交渉と同時に、
      市に問い合わせ、
      他の補助金がないか確認してみてください。

      こちらもおそらくという話になってしまいますが、
      太陽光発電関係の補助金か、
      新築住宅に関する補助金が何かしらあるのではないかと思います。

      1. みつあみぱんだ より:

        すでに土地も建物も契約すんでいます。
        補助金受けられる前提での契約であったので、値引き交渉してみますね。
        他にも受けられる補助金がないか市にも問い合わせてみたいと思います。

        迅速なお返事ありがとうございました。

  6. 千代の富士 より:

    前にお世話になりました。千代の富士です。
    また相談なんですが、四月に着工したリフォームがいまだに終わらないのと、しかも先日太陽光の申請がおりたので取り付け工事して下さいとお願いした所、太陽光代が無いからキャンセルして下さいと言われました。最初何を言ってるか理解できませんでしたが、見積もり書に記載してある工事以外に作業をした為に工事費を使い太陽光代まで使ってしまってるみたいなのです。こちらとしては見積もりが曖昧だったので、床、扉、建具など展示場に見に行き、何パターンかをコーディネートしてもらい業者にオッケーを貰ってから取り付け工事をしてもらったのですが、それが予算オーバーばかりだと後から言われました。
    明日夜に話し合いを設けるのですが、このまま太陽光を諦めないと行けないのか?と言う不安でどうして良いか分からずこちらにまた相談をしました所です。
    友達の業者だったので、今まで強く言えなかったのですが、私も太陽光の売電も計算で住宅ローンを組んでますので、このままで終わる訳には行けません。
    ちなみに太陽光はちゃんと見積書に入ってるます。
    最終的に納得行かなければ弁護士に相談した方が良いのですが?

    1. 千代の富士 様

      再びのご質問ありがとうございます!

      論点は、
      工事にあたって追加費用が必要になることが事前に説明されていたかどうかになると思います。
      おそらく業者は伝えたと言うと思いますが。

      一般的に、
      追加の工事が発生したからといって、
      別の工事のために組んでいた予算を回すことはありえません。

      また、
      追加の工事が発生するのであれば、
      見積もり書を出すか、
      メールなどの文章で金額を送り、
      それに承諾してもらいます。

      どちらもしていないということであれば、
      訴えれば業者側が不利になるのではないかと思います。

      追加費用が必要になると事前に説明を受けていた証拠があるのであれば、
      千代の富士様側に非が認められるのではないかと思います。

      ただそれは、
      追加費用を払う払わないの話であって、
      太陽光発電の分は契約した金額に入っているはずですので、
      その工事を止めるというのはおかしいです。
      しっかりと主張してください。

      これ以上のことは詳細がわからないのでなんとも言えませんが、
      事前説明を受けていないと感じているのであれば、
      弁護士に相談したほうがいいと思います。

      1. 千代の富士 より:

        迅速な対応ありがとうございます。

        見積もり書も無く、メールでの金額の提示などもありません。
        私と奥さんで、展示場を見て決めて来たのを提示してオッケーが出たので採用されたものばかりを後から見積もりより高いと言われて追加代金を請求されてる感じです。
        それに伴い、太陽光代金が無いと言われてる始末です。
        明日の夜に話し合いを設けてますので、納得行かなければ裁判を起こしたいと思います。
        嵯峨根様のアドバイスで凄く不安な気持ちが解消されました。
        今回も本当にありがとうございました。

        1. 千代の富士 様

          太陽光は契約に入っているのでつけてもらうよう言ってください。

          契約内容を変更する際は、
          必ず双方の同意が必要ですので、
          太陽光をつけられないという意思を先方が示し、
          それに千代の富士様が同意していなければいけません。

          双方の同意がないにも関わらず、
          太陽光をつけられないというのであれば明らかな契約違反です。

          裁判というと少し大げさですので、
          まずは弁護士さんに相談されるのがいいと思います。

          また、
          太陽光をつけるのなら追加分の
          費用を払えという話になることも予想されます。

          先方が追加費用を請求してくるのであれば、
          追加分の金額を明確に示したものと、
          それに同意したという証拠が必ず必要です。

          それを提示できないようであれば、
          追加費用も払う必要はありません。

          明日の論点は、
          追加費用を払うかどうかです。

          契約変更の書面に同意していないので、
          太陽光をつけるかつけないかを話し合う気はないということを
          最初にはっきりさせて話し合いを始められるのがいいと思います。

          知り合いの業者ということで、
          なかなか気まずいかと思いますが、
          負けずに頑張ってください!

          1. 千代の富士 より:

            太陽光は必ず付けて貰わないと売電計算でローンを組んでるので今後の支払いが難しい状況になってします。
            その事も説明し、必ず付けてもらう様に言います。

            知り合いの業者だったので信頼と安心出来ると思ってましたが、ちゃんと終わるのか?と思うくらい工事が進まず不安しか残りませんのが残念です。
            玄関タイルも一ヶ所空洞があり、扉も頼んだのじゃないのが一部取り付けてあり交換を要求してるのでが対応してくれません。外もタバコの吸い殻をポイポイ捨ててあるし、土間も打ち合わせもせず勝手に作りかけてたので打ち合わせをしてから工事して下さいと言ったのに勝手に作るし、もう悪徳業者にしか思えなくなりました。1番は着工してから完成するまでが長すぎる事です。アパートの契約上9月から新居に住み始めてるのですが四月着工からまだ完成しないのは異常かと思います。
            奥さんもいつになると終わるのか?とイライラしてる状態ですし、極め付けが壁紙もビスの跡が分かるくらい浮いてるのが多くて欠陥住宅もいい所です…元に戻してお金返してくれって言いたい気分です。

            弁護士費用などが気になる所ですが、明日の状況次第では相談せざるを得ないかと思います。私も我慢の限界です。
            最後は少し愚痴みたいになりましたが、おうちの悩み.comに相談して良かったと思います。
            ありがとうございました。

コメントを残す

*

この記事も一緒に読まれています

  • 電力自由化とは?仕組みは?今すぐ20万円得する方法お教えします!

  • 工務店とハウスメーカーどっちがいいの?6つの視点から比較してみた

  • 間取り図で失敗して後悔しないために覚えておきたいポイント

  • 住まい給付金っていつまで?申請時期と方法を知って30万円GET!

  • 海沿いに新築一戸建てを!海が近いメリットとデメリットは?

  • 【悲報】新築マイホーム購入に失敗!死ぬほど後悔したある飲み会での話