1. TOP
  2. ZEHとは?読み方や注目されている理由をわかりやすく解説!

ZEHとは?読み方や注目されている理由をわかりやすく解説!

2016年の5月から、大手ハウスメーカーが一斉にZEH(ゼッチ)仕様の家を発表し、テレビCMや雑誌、ホームページなどで宣伝をし始めました。

あなたも、一度はZEHという言葉を耳にしたことがあると思います。

住宅業界では、これからの家づくりはZEH無しでは考えられないと言われており、これから新築マイホームを購入しようと考えているなら、ZEHについて知っておいて絶対に損はありません。

ではなぜ、ZEHが今これほどまでに注目されるようになっているのでしょうか?

そもそもZEHとは何なのかというところから、詳しく、わかりやすく、徹底的に解説します。

 

ZEHとは

energy-sun-flower-font-solar-skyscraper

ZEHは「ゼッチ」と読み、Net Zero Energy Houseの略です。

直訳すると、「正味ゼロエネルギー住宅」となります。

ZEHは簡単に言うと2本の柱から成り立っています。

1つは、住宅の高断熱化と、冷暖房設備の高効率化による大幅な省エネルギー性能の向上

もう1つは、太陽光発電などによってエネルギーを作り出す、創エネルギー設備の導入

ZEHを一言で表すと、省エネと創エネで、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量をゼロ以下にする住宅です。

zeh

これまでも国内のエネルギー不足を解消するため、創エネ設備は、補助金や固定価格買い取り制度などで推奨されてきました。

この創エネ設備の導入に加え、省エネルギー化も導入することで、より高い環境性能を備えた住宅として、ZEHが注目されています。

 

なぜ今、ZEHが注目されているの?

3643831785_701aca4cc6

ZEHが注目される背景には、国内のエネルギー問題があります。

現在、国内のエネルギー消費量の約15%程度を家庭での消費が占めています。

この15%という数字は、石油危機の時の実に約2倍の消費量です。

それに加え、2011年の東日本大震災後、原子力発電所の停止などを原因とする、電力需給のバランスの崩れや、エネルギー価格の不安定化など、安定していると思われていた国内のエネルギー事情に、問題が発覚しました。

こういった状況を受け、家庭単位での消費エネルギーの見直し、省エネルギー化の重要性が再認識されています。

 

ZEHの普及によって、家庭におけるエネルギーの需給構造が根本的に改善し、エネルギー消費量の大幅な削減が期待されています。

 

経済産業省では、2020年までに、新築一戸建ての過半数でZEHを実現することを目標に、過大と対策を整理した「ZEHロードマップ」を策定し、ロードマップをもとに、普及に向けた取り組みを行っています。

 

ZEHロードマップ

zehroadmap

 

2017年7月現在、ZEH住宅に対し、平成29年(2017年)度の補助金が支給されています。

補助金の額や、申請時期、申請の流れについてはこちらの記事をお読みください。

 

【2017年度(平成29年)ZEH補助金はいくら?いつまで?流れは?】

 

ZEH認定基準

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

ZEHの認定を受けるためには、大きく3つのポイントがあります。

  • 高断熱化
  • 設備の高効率化
  • 創エネ設備の導入

 

最終的には、この3つのポイントにより、100%の省エネ(消費エネルギー0)を目指すのですが、3つのポイントそれぞれにも基準が設けられており、例えば凄い発電量をもつ創エネ設備などで100%の省エネが達成できたとしても、3つそれぞれの基準をクリアしていないとZEHとは認められません。

かなり細かい数値目標が設定されているのですが、経済産業省のマニュアルには、あまりにも専門的で、難しい計算式が並べられていますので、ここでは細かい数字は省略し、よりわかりやすいように3つのポイントそれぞれについて解説します。

 

高断熱化

高断熱化することにより、2つの省エネ効果が期待できます。

  • そもそも冷暖房をあまり必要としない
  • 冷暖房の効率を上げ、消費エネルギーを減らす

 

この2つの効果を一定基準で満たすための基準が設定されており、その基準を上回る断熱性能をもったサッシ(窓)の導入や、地域ごとに設定された断熱基準を上回るように断熱計画をしなければなりません。

高断熱化と、このあとにご説明する設備の効率化を合わせ、20%以上の省エネを満たさなければZEHの認定を受けることはできません。

 

設備の高効率化

快適な空間を保ちながらエネルギーを上手に利用するためには、住宅設備の効率化を図らなければいけません。

ZEH認定を受けるためには、空調設備・換気設備・照明設備・給湯設備などの高効率化が必要です。

koukouritusetubi

(出典:経済産業省 ZEHロードマップ)

 

さらにZEHではHEMS(ヘムス)と呼ばれるエネルギー管理システムを導入することにより、無駄なエネルギー消費を抑えたり、効率的に設備を利用することが可能になり、省エネ性能の押し上げを図ります。

HEMSは、「House Energy Management System」の略で、家庭内で使用されているエネルギーの状況がモニターで一目でわかったり、遠隔操作でONやOFFにできたり、対象設備を指定した時間に利用するように予約したりできるシステムです。

 

前述したように、高断熱化と設備の高効率化により、20%以上の省エネを実現することがZEH認定の条件とされています。

 

創エネ設備の導入

高断熱化と設備の高効率化により、20%以上の省エネを実現した後、創エネ設備によって電気を作り出し、最終的に消費エネルギーを実質0以下にします。

 

ここで言う創エネ設備とは、再生可能エネルギーのことです。

再生可能エネルギーには、以下のようなものがあります。

  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • バイオマス
  • 水力発電
  • 地熱発電
  • 太陽熱利用発電
  • 地熱発電
  • 温度差熱利用発電
  • 雪氷熱利用発電

 

この中で、価格や発電効率を考えると、今現在の発電設備で一般住宅で最も効率的なものは太陽光発電で、どのハウスメーカーや工務店でも、ZEHをうたう住宅には太陽光発電設備を採用しています。

 

まとめ

zehimage

いかがでしたか?

ZEHについて、少しご理解頂けたでしょうか?

あなたはもしかしたら、今回ご説明した日本のエネルギー事情を知らなかったかもしれません。

でも、よく思い出してみて下さい。

「なんか電気代高くなったな」

「地球温暖化が進んでいてヤバイらしい」

なんてことを思ったことはありませんか?

この記事をここまで読み進めて頂いたあなたは、実は異変に気付いているのではありませんか?

一人ひとりが今できることを考え、子供に、孫に、快適な環境を残すために力を合わせるときです。

そのための一つの方法として、今日本では国を挙げてZEHの普及に取り組んでいます。

是非、あなたもこの流れに乗り、地球環境に目を向けた新築をして下さい。

 

この記事を読み、あなたが少しでもZEH化する必要性を感じたり、ZEHに興味を持って頂ければ幸いです。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

次はこちらの記事で、ZEHのメリットとデメリットについての知識を深めて頂けばと思います。

 

【ZEH化する6つのメリットとたった1つのデメリット】

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 株式会社ドレメ ライフプラスハウス事業部代表

「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」というミッションのもと、今よりも豊かな生活を手に入れる家づくりをご提案させて頂いております。
いつでも、ご相談ください!

ライフプラスハウスHP
http://www.lifeplus-house.com/

お問い合わせには100%お返事致しますので、何かお悩みごとや不安ごとがありましたらお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2017年度(平成29年)ZEH補助金はいくら?いつまで?流れは?

  • 後悔しないマンション売却を!正しいマンション売却の流れ9ステップ

  • マンション売却に失敗してしまうパターン5選

  • 変動金利は危険?仕組みを知ってリスクを回避!【賢い住宅ローン】

関連記事

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【前編】

  • ローコスト住宅で失敗して後悔しないために知っておくべきこと6選

  • 湘南に住もう!魅力や土地価格まとめ

  • 主婦の憧れアイランドキッチン!採用した人の声を集めてみた

  • 【2017年度版】新築時に受けられる減税制度まとめ(H29年度)

  • 大凶を避ける5つのオキテ!家相(風水)を意識した間取りで家族を守る!