1. TOP
  2. 固定金利と変動金利、今選ぶならどっち?【賢い住宅ローン】

固定金利と変動金利、今選ぶならどっち?【賢い住宅ローン】

現在、全国に住宅ローンは5000種類以上ありますが、それらを最も大きな分類に分けると、2つに分けることができます。

固定金利のローンと、変動金利の2種類です。

 

固定金利のローンは、金利が適用されてからローンの払い終わりまでの期間で金利が変わることがありません。

 

変動金利は、2年、5年、10年と設定された期間は金利が変わりませんが、設定した期間が終了すると、その時点の金利に更新されます。

 

どちらにもメリットがあり、デメリットもあるので、正直どちらを選んだらいいか迷っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、固定金利と変動金利のそれぞれのメリットとデメリット、それを踏まえてどちらを選ぶべきかをお伝えします。

 

この記事を参考に、あなたに最適の住宅ローン選びをして頂ければと思います。

 

固定金利のメリットとデメリット

固定金利を選ぶ最大のメリットとしては、払い始めから払い終わりまで支払う金額が変わらないことです。

これから数十年に渡って支払い続ける住宅ローンですので、ローンを組むときにはしっかりした返済計画が必要になります。

固定金利であれば、毎月の支払い額が決まっているため、より正確な返済計画を立てることができますので、ライフプランを立てるうえで大失敗することがありません。

 

しかし、これから先金利が下がったとしても、支払い開始時の金利がずっと適用されてしまうため、いまより安い支払いになる可能性を捨てなければいけない点がデメリットとしてあげられます。

 

固定金利のローンで最も有名なものに、「フラット35」があります。

フラット35には長期間金利が変わらない他にも特徴があり、他にはないメリットやデメリットもあります。

これから住宅ローンで新築一戸建てを検討されているなら、こちらの記事を読み、フラット35の特徴を把握し、住宅ローン選びに失敗しないための準備をして頂ければと思います。

フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

 

変動金利のメリットとデメリット

固定金利とは反対に、変動金利の場合は短期間(半年、2年、5年、10年など)で金利が更新されます。

変動金利最大のメリットは、固定金利に比べ、借り始めの金利が低いということです。

 

みずほ銀行の金利を例に比べてみます。

みずほ銀行の2017年4月の金利は以下の通りです。

 

【変動金利】

(出典:みずほ銀行:みずほネット住宅ローン金利一覧

 

【固定金利】

(出典:みずほ銀行:みずほネット住宅ローン金利一覧

 

新築一戸建てに入居してすぐの頃は、家具や家電などを揃えるためにまとまったお金が必要になるので、住み始めた頃のローンの支払い金額が低いのは大きなメリットだと言えます。

 

変動金利のデメリットは、数年後の金利を正確に予想するのは不可能で、明確に返済計画を立てられない点が挙げられます。

例えば10年で金利が変わる特約の変動金利だとすると、10年後の金利が予想以上に高くなっている可能性もあります。

そうなっていた場合、当初の返済計画通りにはいかず、趣味や旅行を我慢するなどして返済に充てなければならないことも。

数年後には金利が上がるっているのか下がっているのか、変動金利はある種ギャンブルのような側面を持っています。

 

今後の金利を予想する際の参考に、フラット35の金利の推移と金利変動の要因をまとめた記事がありますので、合わせてこちらもお読みください。

【フラット35】金利の推移と今後の変動予想!最新金利の調べ方も

 

固定金利と変動金利、どちらにするべきか?

固定金利と変動金利にはそれぞれメリットもあればデメリットもあります。

「結局どっちを借りれば得なの?」

という疑問をお持ちかと思います。

結論から言うと、今後金利がどうなるかを予測することは不可能なので、現時点でどちらが得か判断することはできません。

 

どちらが得かを断言することはできませんが、あなたの現状や生活体系、性格などによって、金利選択の目安があります。

あなたがどちらの金利に向いているかの参考にして頂ければと思います。

 

【固定金利に向いている人】

・支払いに余裕が無く、月の負担が増えると困る

・数字の管理が好きで、将来のマネープランをしっかり立てている

・今の金利は低いと思っている

・ある程度の貯金があり、新生活スタート時に必要なお金がある

・リスクを背負いたくない

 

【変動金利に向いている人】

・支払いに余裕があり、月の負担が増えても支払える

・ざっくりとした見通しで生活しており、お金の管理が得意ではない

・まだまだ金利は下がると思っている

・新生活スタートのためのお金が無く、払い始めは安くないと困る

・リターンを得るためには、リスクを背負うのは当たり前だと思っている

 

まとめ

いかがでしたか?

住宅ローンには固定金利と変動金利があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

これから何年か先の金利を予想することは不可能で、現状でどちらが得か判断することはできません。

ですので、それぞれの特徴をしっかりと把握し、あなたに合った住宅ローンを選択することが大切です。

うまく住宅ローンを選択することができれば、総額で数百万円の得をします。

 

この記事を参考に、あなたに最適な住宅ローンが見つけて頂ければ幸いです。

 

 

住宅ローンの他にも、新築の際にはちょっとしたことで数百万円得することがあります。

とても簡単に数百万円得する方法がありますが、”それ”をしなかったばかりに不幸な新築をしてしまったという事例をご紹介します。

 

【悲報】新築一戸建てに失敗・・・死ぬほど後悔したある飲み会での話

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 匠ちゃんホーム 事業代表
「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」を経営理念に、質を下げないローコスト住宅の研究をし続けています。
お客様に満足できる家づくりをして頂くため、365日無料相談を受け付けています。
対面・メール・サイトからのお問い合わせの全てに100%お答えしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 団信(団体信用生命保険)とは?【賢い住宅ローン】

  • 固定金利と変動金利、今選ぶならどっち?【賢い住宅ローン】

  • 【フラット35】金利の推移と今後の変動予想!最新金利の調べ方も

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

関連記事

  • やっぱり注文住宅?注文住宅のメリットとデメリット

  • 住宅ローン減税(控除)を受ける方法徹底解説!家を買ったら確定申告

  • 住まい給付金っていつまで?申請時期・申請補法を知って最大30万円GET!

  • 主婦の憧れアイランドキッチン!採用した人の声を集めてみた

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

  • 団信(団体信用生命保険)とは?【賢い住宅ローン】