1. TOP
  2. 不動産
  3. 売却
  4. 【住み替えで後悔したくない!】売却・購入に失敗しない3つのコツ!

【住み替えで後悔したくない!】売却・購入に失敗しない3つのコツ!

今よりもっと幸せに暮らしたい!

あなたのその夢を実現するためには、住み替えに失敗しないことが第一ですよね。

マイホームの住み替えに失敗する原因は、売却と購入のタイミングがあわず、焦って住み替えをすすめてしまうこと

いい物件をみつけたからといって即購入したり、新居が決まっていないのにとりあえず売却したりすると失敗してしまいます。

事前にさまざまなケースを想定して、タイミングがずれたときにどうするか決めておくことが大切。

この記事では、住み替えに失敗した事例、失敗しないための3つのコツをお伝えします。

記事を読んで、後悔のない住み替えをしてください!

住み替えに失敗!後悔した体験談


マイホームの売却と購入を同時におこなう住み替えは、売却と購入のタイミングが最重要です。

しかし売れるタイミングは買い手次第ですし、気に入った物件がすぐにみつかるとはかぎらないのが現実。

そこでまずは、住み替えでよくある失敗例をご紹介します。

 

【後悔した体験談1】すぐに家が売れたため、焦って新居を決めたら失敗したAさん

まだ新居が決まっていない早い段階で、売り出した家があっさり売れてしまった。

「引き渡しまで時間がない!」と焦ってしまい、希望とはかけ離れた物件を購入して後悔している。

 

【後悔した体験談2】新居を即契約し、焦って売却したら失敗したBさん

どうしても欲しい物件がみつかったので、他の人にとられないように即契約をした。

売却代金でローンを返済する予定だったので、焦って家を売ろうとしたところ、買主に足元をみられて売却価格が安くなってしまった。

 

【後悔した体験談3】欲を出しすぎて、売却にも購入にも失敗したCさん

売り出してすぐ「値引きしてもらえるなら購入したい」という買主がみつかった。

しかし、もっと高く売りたかったために断った。

そのあとはなかなか売れず、結局は大幅値下げして売ることに

さらに売れるのを待っているあいだに、欲しかった物件もなくなってしまい、ダブルで後悔した。

 

失敗から学ぶ!住み替えで後悔しないコツ


住み替えはタイミングがあわなかったときに、焦って失敗することがほとんど。
そこで後悔しないための3つのコツをお伝えします。

 

タイミングがずれたときの対策をたてておく

住み替えをするときは「タイミングは必ずずれる」と念頭におくことが大切。

「家は売れたけど新居がなかなか決まらない!」

こんなとき、あらかじめ仮住まい費用を資金計画に組み込んでおけば、新居選びを妥協せずにすみます。

さらに購入のベストタイミングを逃さないように、新居の妥協点について家族で決めておくのもおすすめ。

「タイミングがずれたらどう動くか?」を常に考え、リカバリープランをたてておけば、焦らず納得のいく住み替えができるので後悔しません。

 

売却価格に欲を出しすぎると失敗する

住み替えは、売却のチャンスを逃してしまうと致命的になることも。

買い手がいるのに「もっと高く売れるかも・・・」と高値での売却を狙いすぎると、結局売れ残ったり、欲しい物件がなくなったりするなど後悔してしまいます。

売却する家がよほど好立地でないかぎりは、この価格を下回らなければ迷わず売る!と決めて、多少の値引きには目をつぶる覚悟も必要です。

 

不動産会社を選ぶときは一括査定サイトを使う

実は、あなたの家が早く高く売れるかどうかは、不動産会社の腕にかかっています

購入のタイミングはあなた次第ですが、売却は営業マンまかせの買い手次第。

そんな大事な売却を実績のない不動産会社に頼んでしまうと、なかなか売れずに時間を浪費したあげく、安く叩き売られるなどの失敗をしてしまうかもしれません。

とくにはじめての売却だと不動産会社にだまされるリスクも高いので、不動産一括査定サイトを利用して売却に強い優良な不動産会社を選ぶことが大切です。

不動産一括査定サイトは無料でノーリスクなので、本気で住み替えを成功させたいなら利用しないと損します!

もし新居を購入する不動産会社に売却も依頼するなら、その不動産会社が中古物件の売却に強いかどうか?を必ずチェックしてください。

 

住み替えをするなら知っておきたいローンや特約


せっかく住み替えをするなら、気に入った新居を購入したいですよね!
そこで、タイミングがあわなかったときに新居をあきらめずにすむ「お助けローンや特約」をご紹介します。

  • 住み替えローン
  • 買取保証
  • 買い替え特約
  • つなぎ融資&買取保証

 

ローンを一括返済できないときは「住み替えローン」

「住み替えローン」とは、旧居のローン残高を「新居のローンに上乗せ」して借り入れできるというもの。

「ローン残高より500万円も安く売ることになってしまった・・・」

こんなとき、残った500万円のローンを自己資金で補てんするのではなく、新居のローンとして返済していきます。

住み替えローンが組めるようになれば、欲しい物件をあきらめずに購入できます。

ただし条件として、売却と購入の決済日をあわせなければなりません

また収入以上のローンを組むいわば“借りすぎ”の状態になるので、住宅ローンよりも審査は厳しいです。

 

売却期限が決まっているときは「買取保証」

買取保証とは、まずは仲介で売り出して相場での売却を目指し、指定した期間までに売れなければ不動産会社が買い取るというもの。

転勤などで住み替えをするときは、いつまでに引っ越したい!という期限がありますよね。

「なるべく高く売りたいけど売却のタイムリミットもある・・・」

こんな方におすすめです。

ただし買取価格は相場の7割前後になるため、安い価格で売ることを前提として資金計画をたててください。

買取保証を依頼できるのは、資金力のある大手不動産会社などです。

 

新居の購入資金がたりないときは「つなぎ融資」&「買取保証」

住宅ローンが残っていると、家が売れないかぎり新居を購入できませんよね。

しかし「欲しい家がみつかり、いますぐ買わないと他の人にとられてしまう!」ということもあります。

そこで登場するのが「つなぎ融資」。

つなぎ融資とは、一時的にお金を借りて新居を購入し、家が売れたらその代金で一括返済するというもの。

銀行としては絶対に売れてくれないと困るので、「不動産会社の買取保証とセット」で利用するケースがほとんどです。

つなぎ融資の金利は2%~3%と高く、返済期間も半年~1年と短いので借りるときは注意が必要です。

 

物件をキープするなら「買い替え特約」

「買い替え特約」とは、新居の売買契約書に「自宅が○月○日までにいくらで売れなければ契約は白紙にする」という特約をつけること。

「まだ売れていないけど欲しい家がみつかった!」

こんなとき、仮契約というカタチで一定のあいだお気に入り物件をキープできます。

もし家が売れずに契約破棄しても、違約金なども発生しません。

新居を妥協せずに売却のタイミングも延ばせるので、買主にとってマイホーム買い替え時のお助け特約となります。

一方で、売主にとっては「ほかの人に売れないのに契約破棄になるリスクがある」デメリットしかない特約なので、売主の同意がなければ買い替え特約はつけられません

そのため、個人が売主の中古物件を購入するときは、買い替え特約はつけられないと思ったほうがいいです。

買い替え特約を了承してもらいやすいのは売主が不動産会社の場合

欲しい新居が、新築の建売りや、不動産会社が売主となる中古マンションなら、「購入の可能性がある顧客」として買い替え特約をつけられるケースが多いので、ぜひ相談してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

住み替えに失敗する原因は、売却と購入のタイミングがずれたときに焦って行動してしまうこと。

タイミングがずれたときのリカバリープランを考えておき、余裕をもったスケジュールと資金計画をたててください。

  • 住み替えローン
  • 買取保証
  • 買い替え特約
  • つなぎ融資&買取保証

住み替えで使えるこれらのローンや特約などもフル活用して、後悔のない住み替えを実現させてください!

【関連記事】
【住み替えの手順とベストタイミング!】売るのが先?買うのが先?
【超保存版】家の買い替え税金ガイド!絶対に損しないための全知識
【マンション売却にかかる仲介手数料いくら?】値引きはできる?

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

住み替えで後悔したくない!売却・購入に失敗しない3つのコツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 【不動産売却の節税対策まとめ】控除、特例、裏ワザを一挙大公開!

  • 【家を売る理由ランキング】売却するときどこまで正直に答えるべき?

  • 住宅ローンで失敗して後悔しないためにやってはいけないこと6選

  • 【不動産売却の決済・引き渡しの流れ】必要書類や当日の注意点は?

  • 【相続不動産の売却にかかる4つの税金】控除や特例で賢く節税!

  • 最高の家を建てるためには間取りが重要!良い間取りを作る5つの条件