1. TOP
  2. 新築
  3. 注文住宅の坪単価相場一覧!坪単価を安くする方法も解説

注文住宅の坪単価相場一覧!坪単価を安くする方法も解説

 2022/05/11 新築
 

『自分のお城』といったら、やっぱり憧れの新築注文住宅ですよね!

でも、「注文住宅はお高くて、自分たちには手が届かない…」なんて思ってはいませんか?

その考えは、ちょっとストップ!

実は、ハウスメーカーや工務店によっては、坪単価を安くして、無理せず価格を抑える方法があるんです。

この記事では

  • 坪単価とは何か
  • 坪単価のチェックポイント
  • 相場より坪単価を抑えるにはどうすれば良いのか

などをご紹介いたします。

憧れの注文住宅を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

坪単価とは?

坪単価とは、家を建てる際、1坪(約3.3㎡)あたり建築費がどれくらいの費用がかかるかを示した金額のこと。

ハウスメーカーや工務店によって、同じ床面積の家でも坪単価はさまざまです。

間取りや設計、設備、建材によってその価格は上下します。

 

坪単価の計算方法

坪単価の一般的な計算式は以下の通り。

坪単価=建物の本体価格÷延床面積(建物の各階の床面積の合計)

例えば本体価格3,000万円、延床面積が50坪の場合は

3000万円 ÷ 50坪 =60万円  

つまり、この家の【坪単価は60万円】となります。

ただし、ハウスメーカー毎に算出する範囲が異なるので要注意。

なぜなら、坪単価の算出方法にはルールがなく、本来延べ床面積には含まれないロフトやベランダなどを含む施工床面積で計算しているハウスメーカーもあるためです。

 

そうなると、施工面積の方が延べ床面積よりも広くなり、坪単価が安く見えます

チラシなどの広告に記載されている坪単価は一般的に、各住宅メーカーの標準仕様の『本体価格』を、坪単価算出のための『想定床面積』で計算されているケースが多いです。

 

ひとくちに『坪単価』といっても、実際のところ、住宅メーカーによって様々で、あいまいな部分が多いのです。

 

実際に本体価格に含まれるもの

坪単価を算出するための『本体価格』は、一般的には建物の建設費だけを指します。

その建設費をどこまで含めるかが住宅メーカーごとに異なり、明確な指針がないことが、坪単価があいまいになっている原因の1つです。

例を挙げると、太陽光発電設備・カーテンレール・エアコン・雨戸など、追加工事が必要になる場合があり、坪単価の計算に入っていないことが多いようです。

 

平均坪単価はいくら?

住宅には構造に種類があり、大きく『木造』『鉄骨造』『RC造』の3種類に分けられます。

こちらのサイトによると、木造の全国平均坪単価は56.8万円、鉄骨造は76.1万円、RC造は91.5万円とのこと。

工事に掛かる期間、建物の形や手間によっても相場が変わってくるので参考程度に考えて下さいね。

 

注文住宅における坪単価のチェックポイント

坪単価が抑えられると、総支払い額を下げることができます。

予算の中で理想の家づくりをするためには、坪単価について理解し、コストダウンして坪単価を抑えましょう。

 

坪単価の定義と範囲

前述した通り、坪単価にはっきりとした定義はありません

そのため、同じ『坪単価』でも、住宅会社のAハウスではカーテンレールや照明器具、外構を含み、B工務店ではそれらを含まず別途設置の費用が必要になる、といったことも。

算出方法が住宅メーカーによって異なるので、坪単価だけで比較し、「結果、予算を大幅オーバーしてしまった!」と悲しい思いをしないように気をつけてくださいね。

例えば、ローコスト住宅などの低価格住宅をウリにしている会社については、どのようにコストを抑えているのかを確認することが大切です。

担当営業にどのような工夫をしているのかを訪ねてみてください。

 

本体工事に含まれているもの

『本体工事』と見積書に書かれている場合、建物を形作る部分が該当します。

一般的には、基礎や土台、柱といった構造体、外装、内装、設備、及びそれにかかる人件費などですね。

そのほか、住宅メーカーによって標準仕様が異なるため、何が含まれていて、何が含まれていないのかを営業担当に詳しく確認しましょう。

 

本体工事に含まれないもの

見積もりの中に、本体工事費用以外に『工事一式』と書かれている場合があります。

このままでは内訳が分かりにくいため、何が含まれているのか確認しましょう。

『付帯工事費』として多くみられるのは外構工事としての門扉や塀、車庫などです。

エアコンなどの空調設備、インテリアの種類によってはここに分類されます。

『調査費』は建てる前の地盤や地質の調査

『設計費用』は着工するまでのプランを計画する設計業務と、着工後の工事監理の業務にかかってきます。

他に『諸費用』として計算されている範囲も要チェックです。

また、床暖房、太陽光発電などを検討する場合は、見積もりのどの部分に反映されるのかも確認が必要です。

 

平均坪単価一覧

ここでは大手ハウスメーカーの坪単価相場を紹介します。

家を建てる材料や構法の違いもあり、価格の幅が広く感じますね。

A社:29〜50万円
B社:40〜70万円
C社:65〜90万円
D社:75〜100万円
E社:53〜196万円

大手のハウスメーカーの中でも、ローコスト住宅を得意としているメーカーと高性能で高級感のある高級価格帯の住宅を手がけるメーカーがあります。

ローコスト住宅は建材の仕入れや広告費の削減などをおこない、企業努力で低価格の家づくりを可能としています。

高価格帯では設備をグレードアップしたり高気密性を売りにしているところが多く、坪単価70万円以上になります。

大手ハウスメーカーは、物流や人材の流れを管理してコストカットを図っているので、メーカーによってバラつきがあるようです。

 

注文住宅で坪単価を下げるには?

住宅金融支援機構による「フラット35利用者調査(2020年度)」によると、土地の価格を含まない注文住宅の建築費用の平均は3,534万円となっています。

 

建築費とは、

本体工事費

土地代を抜いた建物そのものの建築に必要な費用のこと。

全体の約70%を占めるといわれています。

(例)屋根・窓・断熱材など

 

付帯工事費

外構設備にかかる費用のこと。

全体の約15〜20%が目安といわれています。

(例)駐車場・お庭・照明・エアコンなど

 

諸費用 

契約時の手数料や印紙代のこと。

 全体の約5〜10%が目安といわれています。

この3つを合計した金額を指します。

 

設備や資材を見直す

住宅に必要なトイレ・キッチン・お風呂は住宅設備費と呼ばれています。

こだわりがあり、絶対に譲れない設備があるかもしれません。

予算に余裕がある場合なら問題ないですが、限りがある場合はある程度の妥協点を見極めるのも大切です。

床暖房に浴室乾燥、サンルームなど、実生活をより豊かにするものは「本当に必要なものかどうか」をよく考え、厳選しましょう。

ハウスメーカーに相談すると、資材のグレードをワンランク下げるなどでコストダウンが可能になるかもしれません。

自分と家族の理想の設備や資材に優先順位をつけ、可能な範囲で実現していくことがコストダウンのコツです。

別の考え方としては、お客様を呼ぶ機会が多いリビング周辺の壁紙や水回りにはグレードの高いものを、家族しか使用しない二階などの場所には少しシンプルなものを選んでみるといったものもあります。

 

外装をシンプルなデザインにする

建物に凹凸が多いと、その分壁や屋根の材料が増えることになり、材料費が上がります。

また、建設するときの足場の組み立てにかかる工事費などが高くなり、坪単価が高くなるので、外装をシンプルなデザインにしておくと良いでしょう。

シンプルな建物には大きな1枚の片流れ屋根、2枚の屋根で構成される切妻屋根といったスッキリとした屋根がかけられるのでここでも費用を抑えられます。

足場組み立てにかかる費用は建設後に外壁補修や屋根工事を行う際にも必要になってくるため、維持費も継続的に節約できることになります。

シンプル設計だとお財布に優しいですね。

 

家の中の壁を少なくする

室内に壁が増えれば、当然その部分の柱や壁の材料や壁紙の費用が増えることになります。

廊下の少ない間取りにするなど、壁に囲まれている部分を減らすプランを検討してみましょう。

 

配管工費を節約する

キッチン・バス・トイレなどの水回りの設備を一箇所に集めることで、配管を枝分かれさせる費用を削減することが可能。

水回りが固まっていることで、家事の動線としても使い勝手が良くなります。

また、1階と2階でも同じ位置に水回りを寄せておくと配管設計がシンプルになりおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハウスメーカー別の坪単価を安くする方法は、

  • 設備や資材を見直し、コストダウンしてみる
  • 外装をシンプルにする
  • 壁の数を減らす
  • 配管の必要箇所をまとめ、工費を節約する

以上、4点をご紹介しました。

自分のイメージする家づくりを実現させる中で、住宅ローン内で収まるように予算を考えつつ、こだわりたいところ、見せたい部分にはお金をかけていく。

そのぶん、プランの工夫や節約で費用を見直せるところを探ってみましょう。

意外とコストダウンが可能な箇所が見つかるかもしれません。

世界的に見ても日本の住宅の平均床面積は広い部類に入るようです。

ハウスメーカーや住宅メーカーなどと相談しながら、一生モノの『自分のお城』を手に入れましょう!

 

 

 

マイホームづくりは、くれぐれも慎重に…

 

 

この記事の監修:嵯峨根 拓未
所有資格:宅地建物取引士

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上松隼介

趣味はスポーツとお家の中の模様替えをすること!
ストレス解消にひたすらサンドバッグをパンチしています。

建築を勉強しています。
自分の書く記事が生涯の大きなお買い物の一助になれば幸いです!

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 家相上級者への道・・・吉の方位を抑えて運気アゲアゲな家に!

  • 旗竿地とは?メリット&デメリットや購入前の注意点、建設ポイントを解説

  • 注文住宅で家を建てる流れと入居までの期間は?【新築家づくり入門】

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【後編】

  • 【グリーン住宅ポイント制度】2021年お得にテレワーク環境を揃える方法

  • グリーン住宅ポイント制度とは?おすすめ交換商品はコレ!製品情報紹介