1. TOP
  2. 不動産
  3. 購入
  4. 「家賃がもったいない」とか言って家を購入するバカって頭悪いよね

「家賃がもったいない」とか言って家を購入するバカって頭悪いよね

 2020/08/05 購入
 

賃貸マンションで毎月支払いつづけている家賃。「このままずっと家賃を支払うのはもったいないし、家を買ったほうがお得かも…?」と考えてしまいますよね。

結論から言うと、家を買うのであれば早ければ早いほどお得です。

ただし、コスト面だけを考えて家を購入するのは待ってください!

賃貸と持ち家それぞれのメリットデメリットを知っておかないと、マイホームを買ってから後悔したり、「いつかは家が欲しいけどとりあえず賃貸で…」と迷っているうちに手遅れになるかもしれません。

 

この記事では「一生賃貸暮らし」と「持ち家」長い目でみたときにどちらが幸せなのか?検証します。

これからの人生設計やマイホーム購入の参考にしてください!

 

住宅ローンを組んでマイホームを買うのは無駄?

「住宅ローン」というと聞こえはいいのですが、ローン=借金です。若くしていきなり数千万円の借金をつくることに抵抗を感じてしまうのも無理ありませんよね。さらに住宅ローンには金利がもれなくついてくるので「金利が無駄、バカバカしい」という人もいます。

 

しかしその一方で、一生家賃を支払いつづけたとしても、絶対に自分のものにはならないので「家賃を払いつづけるのは無駄だよね」という考え方もあります。

 

ではどちらが無駄でどちらが得なのか?

まずは気になる生涯コストについて考えてみましょう。

 

生涯コスト比較【賃貸vsマイホーム】

【賃貸の生涯コスト】

家賃10万円の賃貸マンションに入居
50年住むと仮定した場合

月々の費用 10万円

  • 家賃 月8万円
  • 管理費 月1万円
  • 駐車場 月1万円

その他の費用 340万円

  • 敷金・礼金(2ヵ月分)20万円
  • 保証料 10万円
  • 仲介手数料 10万円
  • 更新手数料(25回分)250万円
  • 火災保険(2年ごと2万円)50万円

10万円×12ヵ月×50340万円=生涯コスト6,340万円

【マイホームの生涯コスト】

3,000万円の新築一戸建てを35年ローンで購入
50年住むと仮定した場合

月々の費用 10万円

  • ローン返済(固定金利1.2%)月8万円
  • 固定資産税(年12万円)月1万円
  • メンテナンス費用積立て 月1万円

その他の費用 500万円

  • 頭金 300万円
  • 仲介手数料 100万円
  • 火災保険(10年ごと20万円)100万円

10万円×12ヵ月×35500万円=生涯コスト4,700万円

マイホームを購入したほうが約1,600万円のプラスになるので、住宅ローンを組んで家を買うことは決して無駄ではないことがわかります。

変な話、コストだけで判断するなら、今後38年以上生きるのであればマイホームを買ったほうが得ということになりますね。

 

200倍の法則」で見極める

そうはいっても、この先どのくらい生きるのか予想するのは難しいですし、寿命とコストを天秤にかけること自体そもそもナンセンスですよね。

そこで、もう少し簡単に比較できる「200倍の法則」をご紹介します。

 

「200倍の法則」とは、同等ランクの不動産価格と家賃を比較し、家賃の200倍以内の不動産であれば「買ったほうがお得」というものです。

たとえば、家賃10万円のマンションの場合、10万円×200倍で2,000万円。

同等ランクのマンションが2,000万円以下で売り出されていたら、その物件は「買い」ということですね。

【補足】
200倍という数字は、不動産投資の利回り6%の法則からきています。利回りとは、物件を購入して賃貸にしたときどのくらい利益が出るかを計算したもので「年間家賃÷購入価格×100」で求めます。確実に利益を出せる平均的な利回りが6%前後といわれていることから、それを応用して200倍の法則に使われています。

ちなみに新築物件の場合だと、ほとんどが「新築プレミアム」といわれる付加価値がついて、周辺家賃の300倍で売り出されています。

 

 

どっちが大事?【柔軟性vs老後の安泰】

一生賃貸暮らしと持ち家の生涯コストがまったく同じだとしたら、どちらを選べばいいのでしょうか?

考えるべき重要なポイントは2つです。

  • 現役時代の柔軟な暮らしを重視するか?
  • 老後の暮らしを重視するか?

それぞれくわしく説明します。

 

現役時代の柔軟性を重視するなら賃貸

家に柔軟性を求める人にとって、賃貸ほど身軽なものはありませんよね。

定期的なメンテナンスはしなくていいし、転勤や転職、子どもの進学、親の介護など・・・急に引っ越さなければならなくなったときも、より便利な場所へすぐに引っ越すことができます

もし、万が一離婚することになっても、賃貸であれば財産分与でもめることもありません。

 

若いときは元気なので「一生賃貸で暮らす」といってもデメリットを感じることは少ないかもしれません。しかし高齢になったとき、そこには厳しい現実が待っています。

たとえば、60歳 70歳になってから他のマンションに引っ越したいと思っても、入居審査はガクッと通りにくくなります

大家さんからしてみれば、収入の少ない高齢者は家賃滞納の不安があることや、ひとり暮らしであれば孤独死のリスクが大きいため、できれば入居してほしくないからです。

このように、ガンガン稼いでいる現役世代なら問題にならなかったことが「高齢者」になったときに浮き彫りになるのです。

ただ、すでに住んでいる人を「高齢者」という理由で追い出すことはもちろんできません。一般に、入居審査に通りにくくなる年齢は定年をすぎた65歳以降。

つまり一生賃貸で暮らすのであれば、定年をむかえる前に“終の棲家”となる築浅物件に引っ越しておくといった準備が必要です。

 

「一生賃貸」が向いている人
  • 老後に住める家をきちんと確保できる
  • 転勤が多い
  • 引っ越すことにワクワクを感じる
  • ご近所付き合いが苦手
  • 定期的なメンテナンスが面倒

このような方は、無理してローンを組んでマイホームを買うよりも、その時々に応じて柔軟に暮らしていける賃貸のほうが幸せといえるのではないでしょうか。

 

老後の暮らしを重視するなら持ち家

持ち家の場合は、当然ですがその土地と建物は自分の資産となります。高齢になったときに住む場所を心配する必要がなく、住みなれた家で老後を送れるのは心の安定にもつながりますよね。

また、持ち家であれば好きなようにリフォームできるので住み心地を良くすることもできます。

さらに将来的な資産価値まで考えて都市部の物件を購入しておけば、いざというときに高く売ることもできますし、子どもに資産を残せるメリットもあります。

そして万が一、ローンの名義人である旦那さまが亡くなった場合は、団信と呼ばれる生命保険で住宅ローンがチャラになるので、残されたご家族にとっても安心です。

 

しかし、マイホームを購入すると気軽に引っ越しができなくなるのが難点。隣人トラブル、ライフスタイルの変化、立地など、住んでみてから「なんか違った・・・」という場合でも、なんとか折り合いをつけて生活していくしかありません。

また住宅ローン金利や、老朽化したときのメンテナンスのことまで考えて、念入りな資金計画をたてなければなりません

もし離婚をすることになったときは、持ち家の場合だと財産分与でもめる恐れもあります。

 

「持ち家」が向いている人
  • 高齢になったときの住まいを残したい
  • いずれ子どもに資産をゆずりたい
  • 今後は引っ越しをする予定がない
  • ペットを飼いたい
  • 自由にリフォームしたい

このような方は、高齢になったときの不安が残る賃貸に住みつづけるよりも、マイホームを購入して1つの場所に根を張ったほうが幸せに暮らせるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

「一生賃貸暮らし」と「持ち家」を単純にコストで比較するなら、早いうちに家を買ったほうがお得ではあります。

ただ人生設計は人それぞれなので、コストばかりにとらわれず、あなたが重視するものは何か?を考えることが大切です。

 

一生賃貸暮らしのポイント

  • 柔軟性があるので身軽
  • 高齢になると入居審査に通りにくい

将来、高齢者用の施設に入るにしてもそれなりのお金がかかるので、そういったことも視野に入れて貯金しておくことも大切ですね。

持ち家のポイント

  • 老後の住まいが安泰
  • 気軽に引っ越しできない

マイホームを建てるときは、事前にしっかりとリサーチをして後悔のないようにしてください。

 

賃貸と持ち家、いずれにもメリットデメリットがあります。そしてお金は幸せになるためのツールです。「お金のために」と無理や我慢をして不幸になってしまえば元も子もありません。

あなたと大切なご家族がずっと幸せに暮らすために、良い選択をしていただければと思います!

 

 

将来のために新築を購入するなら、こちらの失敗談も参考にして夢のマイホームを手に入れてください!

 

新築マイホーム購入に失敗!死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!



→ライフプラスハウスのHPはコチラ

→ライフプラスハウスのTwitterはコチラ

→おうちの悩み.comのTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • マイホームいらなかった…と後悔する前に|賃貸vs購入【17項目を徹底比較!】

  • 建売住宅(分譲住宅)の値引き交渉で使える9のコツ!時期は?相場は?デメリットは?

  • 建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

  • 【超保存版】家の買い替え税金ガイド!絶対に損しないための全知識

  • 中古住宅を購入してリフォームするメリットと3つの注意点!

  • 土地を購入する流れと売買契約前に絶対に確認するべき4つのポイント