1. TOP
  2. 新築
  3. ハウスメーカー・工務店
  4. 工務店とは?特徴、しくみ、ハウスメーカーとの違いまで超わかりやすく解説!

工務店とは?特徴、しくみ、ハウスメーカーとの違いまで超わかりやすく解説!

注文住宅を建てるとき、ハウスメーカーにするか工務店にするか?は最大の迷いどころですよね!

特に、工務店はCMもしていないし、何をどこまでやってくれるのか?というのが見えにくいと思います。

工務店といってもピンからキリまであるので、変なところに頼んでしまうとせっかくの注文住宅が台無しなってしまいます。

高いお金を払って失敗するなんて、絶対に嫌ですよね!

そこでこの記事では、工務店のしくみや特徴、ハウスメーカーとの違い、良い工務店を選ぶための3つのポイントをお伝えします。

  • 安く家を建てたい
  • オンリーワンの注文住宅を建てたい
  • 注文住宅に失敗したくない!

という方は必見です!

 

工務店とは?

工務店とは、ごく狭い範囲のエリアで建築をおこなっている地域密着型の施工業者です。

一般的に、熟練の技をもった大工さんが設計から施工までを一貫しておこなっており、ハウスメーカーより自由度が高いという特徴があります。

また、その地域の気候や地盤の変化についても知りつくしているので、それらの知識を生かした魅力的な家づくりをできる強みなどもありますね。

 

一戸建ての8割は工務店が建てている

日本では大手のハウスメーカーがとても有名で、ほとんどの家をハウスメーカーが建てているんじゃないかと思ってしまいますよね。

しかし実は、日本の家の78%は工務店が建てていて、ハウスメーカーのシェア率は18%と意外と少ないんです。

戸建住宅の着工戸数シェア率グラフ参考:一戸建て供給シェア

さらにハウスメーカーの多くは、施工は下請けの工務店に「丸投げ」しているので、実質的にはほぼすべての家を工務店がつくっていることになります。

工務店は全国に数万社以上もありますが、それぞれの会社単体でみると着工棟数が少ないこと、地域密着型であること、大々的な宣伝をしていないことなどから、広く名前が知られていないというのが実情です。

 

 

工務店とハウスメーカーの違い

では、注文住宅を建てるにあたって、ハウスメーカーと工務店にはどのような違いがあるのか?それぞれの仕組みについて説明します。

 

工務店の仕組み

工務店の仕組み

工務店は、施主が注文住宅の依頼をすると、営業、設計、施工、アフターまでをすべて自社でおこないます。

家づくりについての希望なども、営業マンと大工さんが直接相談できたりするので、社内での連携をとりやすく情報伝達もスムーズです。

しかし小規模なゆえに、現場を仕切っている大工さんのこだわりが強かったり、単純に腕が悪かったりするとリカバリーがきかず、納得のいく仕上がりにならないこともあります。

フルオーダー」ができる工務店は良くも悪くも自由なので、良い業者をしっかりと選定できれば、安くて満足のいく家を建てられるでしょう。

また近所にある工務店であれば、引き渡し後に何かあっても、たらい回しにされずすぐに駆けつけてくれる安心感もありますね。

【工務店の特徴】

  • 総合:0点~100点
  • 自由度:高い
  • 価格:安い
  • 工事期間:5~6ヵ月
  • 施工業者:比較できる

 

 

ハウスメーカーの仕組み

ハウスメーカーの仕組み

一方ハウスメーカーは、営業・設計までは自社でおこない、実際の施工は下請け・孫請けの工務店に丸投げします。

施主の顔すら知らない職人さんが家を建てるということで、不安に感じる方も多いかもしれません。

しかし、ハウスメーカーの家というのは、工場でつくられた製品を現場で組み立てる「規格化された商品」なので、どの工務店が施工しても最低限の品質を保てる仕組みになっています。

ある程度パターン化された家なので、注文住宅であっても「セミオーダー」というカタチになりますね。

また、豪華なモデルハウスを建てるための費用、有名人を起用したCMや広告、マージンなどがあるので、あなたが支払う金額の3~5割はハウスメーカーの取り分となっています。

つまり、もしハウスメーカーと工務店でまったく同じ家を建てるのであれば、ハウスメーカーの方が割高になります。

【ハウスメーカーの特徴】

  • 総合:60~70点
  • 自由度:やや低い
  • 価格:高い
  • 工事期間:3~4ヵ月
  • 施工業者:選べない

 

 

工務店の種類

ひとくちに工務店といっても、地元の小さな工務店から大規模なビルダーまでさまざまです。

明確な境界線がないのでハッキリ分類することはできませんが、注文住宅を建てるうえで知っておきたい工務店を4種類ご紹介します。

  • 一人親方の工務店
  • スーパー工務店
  • パワービルダー
  • フランチャイズ加盟店

 

一人親方の工務店

一人親方とは、○○町、○○市などの小さなエリアで家づくりをおこなっている、いわゆる「超地域密着型」の小さな工務店です。

昔ながらの大工さんと弟子、家族経営といったカタチが多いですね。

実際に工事をする職人さんが設計も兼ねているのであれば、施主が直接話すことができるため、こまかい要望や微妙なニュアンスを伝えやすいメリットがあります。

ほかにも、設計だけを外注にしている小さな工務店や、営業も設計もせず「ハウスメーカーの下請け専門」といった工務店もあります。

 

スーパー工務店

スーパー工務店とは、主にひとつの都道府県内で、営業、設計、施工までをすべて自社でおこなっている、やや規模の大きな工務店です。

社内に専門の設計士がいるため、凝ったデザインの家にしたい、変わった間取りの家を建てたいという方に向いています。

統率する親会社を持たないだけに小回りがきき、それでいてある程度の実績もあるので、こだわりの注文住宅を建てたい方にはちょうどいい規模だと思います。

ホームページを充実させていたり、気軽に相談しやすい工務店が多いので、地域ごとにチェックしてみてください。

 

パワービルダー

パワービルダーとは、近隣3県以上にまたがるエリアで、営業、設計、施工を自社でおこない、年間200棟以上の施工実績のある大きな工務店です。

タマホーム、アイダ設計、アイフルホームなども一応パワービルダーとして分類されています。

ハウスメーカーといっても間違いではない規模なので、ブランド力があり安心できるメリットがあります。

しかしその反面、ハウスメーカーと同じように規格化されていることが多く、小さな工務店よりも自由度は低くなります。

 

フランチャイズ加盟店

フランチャイズ加盟店とは、ハウスメーカーの名前を借りて、地域密着で営業、設計、施工をおこなっている工務店です。

クレバリーホームなどがフランチャイズのハウスメーカーですね。工務店の看板は表には出ず「クレバリーホーム○○店」となります。

本部が一括仕入れした建材を使って、指定された工法で家づくりをしていくので、コストを抑えられるメリットと、自由度が低くなるデメリットの両方があります。

もともとが地元の小さな工務店というケースが多いので、ハウスメーカーの営業マンよりも現場に詳しく、柔軟な対応が期待できると思います。

ただし、店舗によって対応と施工技術に差があるので注意してください。

 

 

失敗しない工務店の選び方

工務店にはさまざまな種類があることをお伝えしましたが、注文住宅に失敗しないためには、どういった工務店を選べばいいのでしょうか?

注文住宅に向いている工務店を選ぶには、3つのポイントがあります。

  • 地域密着の昔からある工務店
  • 営業・設計・施工までを自社完結できる
  • 住宅完成保証制度に加入している

それぞれくわしく説明します。

 

地域密着の昔からある工務店

CMをしていない地域密着型の工務店は、口コミが命です。

地元で悪い噂が広まってしまえば、小さな工務店などはすぐに潰れてしまいますよね。

そんな過酷な状況の中、長い間営業を続けられている工務店は、誠実な仕事をする工務店だと判断することができます。

また、たとえお金にならなくてもアフターサービスをきちんとおこなってくれる工務店も、地元での評判が良く一生付き合っていけるパートナーになります。

 

営業・設計・施工までを自社完結できる工務店

先ほども少しお伝えしましたが、工務店の中には、設計だけを外部の設計事務所に依頼している会社もあります。

わざわざ電話をかけて依頼や確認をしていかなければならない外注だと、どうしても行き違いが発生しやすくなるため、こだわりのある注文住宅にしたい場合はやめた方が無難です。

一方、営業マン、設計士、大工さんが同じフロアに集まって小さなことでもすぐに確認できる工務店であれば、情報がより早く正確に伝わりやすく、工務店ならではの連携の良さを最大限に生かせます

 

住宅完成保証制度に加入している工務店

住宅完成保証制度とは、もしも工事の途中で会社が倒産してしまった場合、施主の費用負担を最小限におさえ住宅を完成させるための保険です。

工務店が任意で加入するもので、保証料も基本的には工務店が支払います。

保証制度に加入しているかどうかは工務店に直接聞くか、住宅あんしん保証サイトでチェックしてください。

もしあなたが注文住宅を依頼したい工務店が加入していなければ、施主から「保証制度を利用したい」と申し出れば、工務店が手続きをしてくれることになります。

そしてここが重要なのですが、住宅完成保証制度に加入するためには、工務店の経営状況をチェックされます。

厳しい審査をクリアした工務店しか加入できない制度なので、住宅完成保証制度に加入できる工務店は経営が安定している優良企業と判断できます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

工務店とは、ごく狭いエリアで建築をおこなっている地域密着型の施工業者です。
メリット:低価格で、自由度の高い家を建てられる
デメリット:工務店によって仕上がりに差が出やすい

ハウスメーカーは、営業・設計までは自社でおこないますが、施工は下請けの工務店に任せています
メリット:誰が施工しても一定のクオリティが保たれ、当たりはずれが少ない
デメリット:割高で、自由度はやや低い

良い工務店を選ぶポイントは3つです。

  • 地域密着の昔からある工務店
  • 営業・設計・施工までを自社完結できる
  • 住宅完成保証制度に加入している

 

工務店にもハウスメーカーにもそれぞれの良さがあるので、どちらを選ぶかは人それぞれです。

後悔しないように、あなたに合った会社を選んでください!

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違いについてもっとくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひお読みください!

住宅会社社長がハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いを7つの視点から比較してみた

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!



→ライフプラスハウスのHPはコチラ

→ライフプラスハウスのTwitterはコチラ

→おうちの悩み.comのTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 注文住宅ハウスメーカー21社の特徴を徹底比較!口コミや顧客満足度は?【2020年最新】

  • 住宅ローンの仮審査に通って本審査で落ちる確立と原因

  • 坪単価で新築注文住宅の費用を比較してはいけない4つの理由

  • 【初心者向け】自分にぴったりの住宅ローンを選ぶには?簡単な4つのステップを教えます

  • プロが教えるリビング照明の選び方と「おしゃれに魅せる」テクニック7選!

  • ハウスメーカー・工務店の資料とカタログが欲しい!一括請求してみた