1. TOP
  2. おうちの悩み
  3. 【トイレの床攻略ガイド】フローリング・タイル・クッションフロアどれがおすすめ?

【トイレの床攻略ガイド】フローリング・タイル・クッションフロアどれがおすすめ?

新築やリフォームをしたいと思ったとき、外観や間取り、キッチンなど、たくさん悩みますよね。

悩みの中の一つで、トイレの床選びを迷っている方も多いようです。

トイレは汚れや匂いがつきやすく、頻繁に掃除をすることが想定されるので、床の素材はよく考えたいですよね。

トイレに利用される床材は、無難にフローリング、機能性のクッションフロア、高級感のあるタイルなど、選択肢はいくつかあります。

  • 床材それぞれの特徴が知りたい
  • メリット・デメリットはどんなもの?
  • どのポイントを重視して選ぶのが正解?
  • 掃除しやすい床にしたい!

小さな子どもがいる、お年寄りがいるなどあなたのライフスタイルに合ったトイレの床選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

トイレの床を選ぶポイント

床材の特徴を見る前に、トイレの床を選ぶ際のポイントを確認しておきます。

トイレの床材に求めるポイントは、以下の5つです。

  1. 水に強い
  2. アンモニアに強い
  3. 洗剤に強い
  4. 掃除がしやすい
  5. 臭いがつきにくい

この5つのポイントについて、それぞれの床材を評価します。

 

フローリング

(出典:TOTOオンラインカタログ

 

現在、トイレの床にダントツで使われているのがフローリングです。

多くの方が、他の部屋の床材や廊下をフローリングにしているため、トイレの床も統一してフローリングという方が多いようです。

フローリングに使われている木材は、安らぎを与えるため、落ち着くことのできる空間づくりという点ではいい効果をが期待できます。

しかし、機能面で考えるとフローリングはあまりトイレの床には向いていないと言えます。

水やアンモニア、洗剤などを吸収すると黒ずんでシミになったり、ひどい場合腐ってしまいます。

toiresimi

(出典:ToTo ハイドロセラ・フロア J

 

フローリングの隙間に水分が入り込むと拭き残しやすいので、掃除もしにくいです。

 

耐水性 ×
アンモニア ×
洗剤 ×
臭い
掃除

 

どうしても室内に統一感を出したいのでフローリングにしたいという方は、少し価格は上がりますが、トイレの床用に開発された水やアンモニアに強いフローリングがありますので、そちらを検討してください。

 

クッションフロア

トイレの床材の中で、最も安く施工できるのがクッションフロアです。

クッションフロアは安いうえ、水やアンモニア、洗剤などを吸収しにくく、目地もないので掃除も楽です。

臭いも吸収しにくいので、トイレの床にかなり向いていると思います。

 

デメリットは、経年劣化をしやすく、5~10年で張り替えなければならない点があげられます。

また、汚れを落とそうと力を入れてこすると傷がつき、その傷に汚れが入り込んでしまう場合もあるので気をつけてください。

しかし、張り替えも最も容易で、器用な方であれば簡単に張り替えることができます。

 

耐水性
アンモニア
洗剤
臭い
掃除

 

フローリング調や、タイル調など、バラエティ豊かな柄があるので、インテリアとしての選択肢も広いのでおすすめです。

 

タイル

(出典:TOTOオンラインカタログ

少し前まではトイレの床といえばタイルでした。

一口にタイルと言っても様々な種類がありますが、トイレの床に使われるのは、「磁器タイルと呼ばれる吸水性の低いタイルです。

タイルは水にも汚れにも強いので、水回りの床材に適しています。

また、色やデザインがとても豊富で、スタイリッシュな空間に見せることができることもできるので、インテリアにこだわる方にとっては大きなメリットです。

しかし、熱伝導性が高いため冬場はかなり冷たくなってしまいがちです。

そして、他の床材に比べて価格が高いというデメリットもあります。

 

耐水性
アンモニア
洗剤
臭い
掃除

 

現在は、磁器タイルよりも汚れに強く、抗菌性能もプラスしたタイルが開発されています。

磁器タイルよりもさらに高価ですが、性能は間違いないので資金に余裕のある方にはかなりおすすめです。

 

フローリング+タイル

flootairu

(出典:TOTOオンラインカタログ

 

部屋の統一感を出すためにトイレもフローリングにしたい。

でもフローリングは腐ったり黒ずんだりしちゃうのが嫌・・・

 

そんな欲張りなあなたには、フローリング+タイルというスタイルが合うかもしれません。

トイレの真下の汚れやすい部分のみタイルにし、残りをフローリングにします。

統一感を出しつつ、汚れ水ハネやアンモニア汚れが気になる方にはおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

家の一体感を出したい、落ち着ける空間にしたいのであればフローリング。

コストと使い勝手の良さで考えるならばクッションフロア。

資金に余裕があり、インテリアにこだわりたいならタイル。

一体感と機能を両立させるならばフローリング+タイル。

それぞれにメリットがあり、デメリットがあるので、あなたに合ったスタイルを見つけることが大切です。

家族の今と将来、掃除の頻度などを一度考えて検討してみてください。

ちなみに私個人としては、メンテナンス・コスト・機能の面から、クッションフロアがおすすめです。

この記事を参考に、あなたに最適なトイレの床材を見つけて頂ければ幸いです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

おうちの悩み.com 編集長
株式会社ライフプラスハウス 代表取締役
株式会社ドレメ 取締役

生活が豊かになる家づくりをテーマに、新築住宅のご提案をしています。
おうちの悩み.comでは、住宅会社しかしらない情報や現場の生の声なども含め、おうちに関するお悩みを解決して頂くきっかけとなる記事をお届けします!


→ライフプラスハウスのHPはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

  • 住宅ローンで迷ったならじぶん銀行住宅ローンがオススメ!auユーザーには特典も【変動金利】

  • 【2019最新】おすすめハウスメーカーランキング!売り上げ・着工棟数・オリコン満足度別に徹底比較

  • 【トイレリフォーム】和式から洋式へ!金額の相場は?

  • 脱!専業主婦〜仕事復帰におすすめのパート11選〜

  • じぶん銀行住宅ローンはお得?利用者の口コミや評判まとめ