1. TOP
  2. おうちの悩み
  3. 知らなきゃ危険!スキップフロアの間取りを採用するメリットとデメリット

知らなきゃ危険!スキップフロアの間取りを採用するメリットとデメリット

住宅展示場やテレビなどで、1階と2階の間にスペースのある間取りを見たことはありませんか?

  • 収納スペースを多くとりたい
  • 立体的に空間を利用したい
  • 家を広く見せたい

このようなご要望を実現できる間取りに、スキップフロアという様式があります。

スキップフロアを採用すると、まるで小さい頃に憧れた秘密基地のような、ワクワクする空間を演出できます。

視覚効果以外にも様々なメリットがあるスキップフロアですが、デメリットや注意したい点もあるため、スキップフロアを検討する前に知っておいて頂きたいことがいくつかあります。

 

知らずにスキップフロアを採用して失敗してしまうことのないよう、この記事ではスキップフロアについて詳しく、わかりやすく説明します。

この記事を読めば、スキップフロアを採用するメリットとデメリット、さらに覚えておきたい注意点まですべてわかります。

この記事を参考に、あなたにとってスキップフロアが本当にベストの選択なのか検討する材料にして頂ければと思います。

 

スキップフロアとは

スキップフロアとは、フロアの高さを半階づつずらしながら中階層を作る間取りのことを言います。

中2階(中3階)や、1.5階(2.5階)といった方がイメージしやすいでしょうか?

他にも、小上がりやステップフロアとも呼ばれることもあります。

ただし、必ず階と階との中間でなければならないという訳ではなく、階のフロアから高さを少しずらした階もスキップフロアと呼びます。

 

一般的には同じ階の空間は壁で仕切ります。

スキップフロアは、同じ階の空間を縦に活用するのが特徴です。

高さを変えて部屋をつくることで、壁で仕切るのとは違い、違う部屋同士にもつながりを持たせることができる所が最大の魅力といえます。

 

スキップフロアのメリット

スキップフロアは、空間を縦に利用することで多くのメリットがあります。

まずは、メリットをご説明します。

 

空間の有効活用

通常の仕切り方だとデッドスペースが出来てしまう場合も、高低差をつけることでデッドスペースになるはずの空間を有効に使うことができる場合があります。

廊下を使わず階段で部屋をつなげることで、無駄なスペースが生まれにくく、階段下にできるスペースは収納などにつかうことができます。

また、壁や扉を使わずに部屋をわけるので、小さくても圧迫感のない広い空間に見せることができます。

他にも、高低差を使ってまるで秘密基地のような、遊び心があふれたワクワクする間取りをつくることもできます。

空間をうまく活用できることから、特に狭い土地に家を建てるケースでよく採用されています。

 

吹き抜けとの相性もよく、吹き抜けと組み合わせて開放感のある部屋をさらに大きく見せられます。

吹き抜けと合わせる場合は、窓の配置を考えると、日当たりが良く、最高に風通しの良い家を作ることができます。

【関連記事】

絶対に知っておきたい吹き抜けのメリットとデメリット、気をつけたいポイントを解説!

 

このように、うまくスキップフロアを活用すると、一般的な間取りにはできない空間の演出ができます。

 

高低差がある土地に有効

スキップフロアは、高低差がある土地に家を建てる時に有効です。

土地の高低差をうまく活用して部屋を配置することで、その土地に最適な間取りを計画することができます。

高低差がある土地に家を建てる場合、家の形がいびつになってデッドスペースが生まれやすいですが、上手にスキップフロアを取り入れることでデッドスペースをなくすことができます。

 

家族との繋がりを感じることができる

通常の壁で仕切ってしまう間取りの場合、違う部屋にいる家族の姿は見えません。

声も届きにくいため、呼びかけにも気付かず、わざわざ部屋まで呼びに行くこともあると思います。

しかし、スキップフロアの間取りには壁や仕切りがないため、常に家族の気配を感じることができます。

 

スキップフロアのデメリット

スキップフロアにはメリットがたくさんあることをお伝えしました。

しかし、反対に通常の間取りにはないデメリットもあります。

スキップフロアを採用するなら、デメリットについて必ず知っておいてください。

 

知識を持った設計者でなければいけない

高さの違うフロアをいくつも組み合わせる複雑な構造のため、設計がかなり難しくなります。

スキップフロアの間取りを設計するには豊富な知識と技術が必要です。

知識のない設計者にスキップフロアの設計をお願いした場合、動線が悪く使い勝手が悪い、風や光が通らないなど、スキップフロアのメリットが活かせない場合があります。

スキップフロアは設計者の腕に大きく左右される家だと言えます。

 

知識を持った施行会社でなければいけない

高さが違うフロアをいくつも作るため、構造が複雑になります。

設計同様、複雑な構造の家を施工するには大工の経験や腕も重要なポイントです。

これは通常の家にも言えることですが、スキップフロアの家は特に大工の腕に家の質が大きく左右されます。

 

建築コストが上がる

知識のある設計士に設計を以来する必要があります。

設計料は、一般的な住宅を設計するよりも高いことが多いです。

また、構造が複雑になる分工期も長くなり、職人さんに払う費用も多くかかります。

このような理由から、建築コストが高くなります。

 

これは一般的な住宅にも言えますが、家づくりはこだわればこだわるほどコストは上がっていきます。

時間をかけて計画を進めた結果、「えっ!?そんなに費用がかかるの?」とならないよう、事前に価格について施工会社と話し合うことをオススメします。

 

段差が多い

住宅展示場やテレビなどで見かけるスキップフロアは、カッコよく見えると思います。

段差を上手に使った遊び心あふれる空間は、とても魅力的です。

しかし、毎日生活することをしっかりと想像できていますか?

例えば、キッチンとダイニングに高低差があれば、料理を作った時に毎回段差を乗り越えて料理を運ぶことになります。

もちろん片付けも同じです。

洗濯はどうでしょう?

間取りによっては洗濯機から段差を越えて干場までいかなければいけません。

 

最大の問題は老後です。

これから何十年と暮らすうちに、足腰が弱くなり、段差を苦痛に感じる日が来るかもしれません。

そんな中、毎日段差がある生活はつらく感じませんか?

必ず段差があるということのデメリットを理解してスキップフロアを検討してください。

 

プライバシーの確保と遮音性の問題

壁や仕切りがないことがスキップフロアの最大のメリットですが、子どもの成長とともに、それがデメリットになることもあります。

壁が無く常に姿が見られているというのは、年頃の子、特に女の子はストレスに感じるかもしれません。

また、音を遮るものも少ないため、勉強などで集中したいときにはテレビの音や話し声も気になるでしょう。

家族で生活のリズムが違う場合も注意が必要です。

 

冷房・暖房の効率が悪い

壁や仕切りがなく、家全体が一つの大きな空間になるため、冷暖房がききにくいです。

暖かい空気は上に登るため、夏は上の階に行くほど暑く、冬は下の階ほど寒くなります。

室内の空気や冷暖房の風をどのように循環させるかが、スキップフロアの大きな課題です。

断熱材を工夫したり、風の通りを良くするなどの対策を考えてください。

 

固定資産税にも注意!

スキップフロアは床面積が広くなるので、固定資産税が上がる可能性が高いです。

しかし、床面積の低減措置があるため、うまく計画すればスキップフロア部分を面積としてカウントされない方法もあります。

地元のしっかりとした施工会社なら、このようなことにも精通していると思います。

設計や施工の知識と腕が大切なことはすでにお伝えした通りですが、節税の面でも施工会社をうまく選ぶことがポイントとなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

空間をうまく使ったスキップフロアは、おしゃれで魅力的です。

しかし、スキップフロアの間取りを考える際は、動線や風の通り、光の差し込み方などをトータルで考えなければならないので、簡単ではありません。

また、施工も難しいため、信頼できる会社に設計と施工を依頼することが成功の第一歩です。

この記事を参考に、メリットとデメリットを踏まえて、理想のスキップフロアを取り入れたおしゃれな家を建てて頂ければ幸いです。

 

いい施工会社を見つけるためには、まずはできるだけ多くの住宅会社を比較することが大切です。

住宅会社を最も簡単に比較する方法は、カタログをうまく活用することです。

会社を比較する以外にも、カタログを活用するメリットは多いので、家を建てるなら必ずカタログ比較をすることをオススメします。

カタログ比較について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

カタログを活用すると新築注文住宅に失敗しない!プロが教える3つの理由

 

もし、住宅会社を比較せずに家を建てると大変なことになります・・・

【悲報】新築マイホーム購入に失敗!死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

 

【こちらの記事もあなたにおすすめです!】

家を建てるとき住宅ローンの相談は銀行や住宅会社にしても意味がない!?

おすすめハウスメーカーランキング2018!今人気の会社はここだ!

 

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com 編集部

おうちの悩み.com 編集部

【おうちの悩み.com】所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チーム。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

  • 絶対に知っておきたい吹き抜けのメリットとデメリット、気をつけたいポイントを解説!

  • 海沿いに新築一戸建てを!海が近いメリットとデメリットは?

  • 【2018年度(平成30年度)】結局ZEHって得なの?損なの?

  • 注文住宅とは?注文住宅のメリットとデメリット

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】