1. TOP
  2. おうちの悩み
  3. キッチンリフォーム費用の相場を知って失敗しない業者選びを!

キッチンリフォーム費用の相場を知って失敗しない業者選びを!

最初は気に入って愛用していたはずのキッチンも、古くなって汚れてきたり、使いづらいと感じることがあります。

そう感じた時は、リフォームを検討するタイミングかもしれません。

水栓やコンロなどの一部分を入れ替えたり、場合によっては全て交換したり。

家事をする方にとって家の中心とも言えるキッチンが綺麗になると、まるで新しい家に住み替えたような、見違える住み心地になります。

 

この記事では、多くの方が検討するキッチンリフォームの事例ごとの相場をご紹介します。

相場を知ることで資金計画を立てることができるうえに、極端に高かったり安かったりする怪しい業者を見極めることもできます。

 

事例ごとのリフォーム費用の相場

さっそく、実例ごとのリフォーム費用の相場をご紹介します。

一般的なリフォーム工事の相場をご紹介しておりますが、ハイグレードのものを求めると費用もどんどん膨らんでいきます。

あなたのご予算内でできる、最適なリフォームを検討してください。

 

水栓の交換

水栓には次のような種類があります。

  • シングルレバー水栓
  • ハンドシャワー水栓
  • 浄水機能付き水栓
  • スイッチ式水栓
  • タッチレス水栓

好みが分かれるものなので、実際にショールームで使いやすさや水流の確認をするのがお勧めです。

最近では、スイッチや水流の工夫によって節水できる水栓も登場しています。

使いやすいだけでなく、節水までできるのはとても嬉しいですよね。

さらに、デザインも豊富なので、インテリアとの統一感も楽しみながら選んでみてください。

 

工事費の相場は1万円程度です。

水栓は安いものだと3000円程度からありますが、1万円前後がメインの価格帯です。

シャワーノズル、浄水器、タッチスイッチなどのついたものになると、さらに高価になります。

 

また、水栓を取り付けるための穴がワンホール、ツーホール、壁付きと数種類あるので、現在の穴に合った水栓を選ぶのが基本です。

穴の種類を変えたい場合、追加で費用が必要になります。

 

コンロの交換

次のようなリフォーム例があります。

  • 掃除のしやすいIHコンロに交換したい
  • コンロの口数を増やしたい
  • 故障したのでコンロを入れ替えたい

作業時間は大体半日から一日程度です。

コンロの本体価格と工事費、現在のコンロの撤去費用がかかります。

毎日料理をする方にとっては経年劣化や故障が起こりやすい部分で、一般的にコンロの寿命は10~15年と言われています。

 

ガスコンロ→IHコンロ

ガスコンロからIHコンロに交換する場合には、専用回路を作る電気配線の工事とガス管やガス栓の撤去が必要となります。

クッキングヒーターの価格により異なりますが、費用は10万~30万円程度です。

また、フライパンや鍋をIH対応のものに替える必要があります。

 

IHコンロ→ガスコンロ

IHコンロからガスコンロに交換する場合には、ブレーカーの工事とガス管やガス栓の開設が必要となります。

コンロ本体の価格により異なりますが、費用は5万~10万円程度です。

 

コンロの口数を増やす

現在IHや電気コンロをご使用の場合は、新しいコンロへの入れ替えで口数を増やすことができます。

ガスコンロをご使用の場合は、場合によってはガスの元栓を二口に増設する必要がありますが、無償でやってくれるケースが多いので、ガス会社に問い合わせてみてください。

あなたの調理スタイルに合った口数のコンロで、快適調理が実現できます。

 

故障してしまった

コンロが故障してしまったというキッカケでガスからIHへの乗り換えを検討する方も多いようです。

ガスからガス、IHからIHの場合、配線やガス栓の開栓工事が必要ないため、ガスからIHやIHからガスに比べて安く交換することができます。

 

食器洗い機を取り付ける

 

キッチンの一部を取り外して、食器洗い乾燥機を取り付けることもできます。

シンクやキャビネットを利用する場合、1~2日の作業で費用が20万~30万円ほどとなっています。

余裕のある作業スペースがほしいキッチンで、作業台に置くタイプは結構邪魔になるんですよね・・・

そこで、キッチンの一部をリフォームして組み込むことで、場所を取らないため使い勝手の良い食器洗い機を設置することができます。

 

キッチンを取り替える

ショールームや住宅展示場などにいくと、見たこともない機能のついたキッチンを目にすることがあります。

各メーカーから便利でおしゃれなキッチンが登場し続けているため、キッチンそのものを取り替えたいと考えている方も少なくないと思います。

まるごとキッチンを入れ替える場合ですが、レイアウトを変えるか変えないかで作業日数や費用が大きく異なります。

  • レイアウトを変えない場合・・・3~5日の作業で50万~100万円程度
  • レイアウトを変える場合・・・5~10日の作業で150万円程度

【参考記事】

キッチン計画は【レイアウト・トライアングル・プランニング】が大切

 

大きく動かす場合には、給排水菅や電気配線の移設、壁・床の補修も必要になるため費用が多くかかります。

また、キッチンメーカーにより異なりますが、「シンプル」「スタンダード」「ハイスタンダード」といったグレードがあります。

グレードの高いキッチンにはそれなりの追加費用が必要です。

また、リビングと統一感のあるキャビネットにしたり、周辺ユニットをオプションで追加するなど、細部にまでこだわるとさらに追加費用が必要になります。

とことんこだわりたい気持ちはわかりますが、決して安いリフォームではないため、ご予算との兼ね合いでグレードや周辺ユニットの追加を考えてください。

簡単に取り替えられるものではないので、じっくりと考えて選ぶことをおすすめします。

 

リフォーム業者に依頼する流れ

リフォームを業者に依頼して行う場合、下のような流れとなります。

業者の選定を行った後は、当日までの準備について、しっかりと打ち合わせを重ねる必要があります。

 

業者に見積を依頼する

どのようなリフォームを希望しているのかを業者へ伝え、費用の見積を依頼します。

  • 相談や見積が無料
  • リフォームの実績があり、高評価を得ている
  • 種類が豊富で、価格が希望通りである
  • 親身になって相談にのってくれる
  • 保障やアフターサービスがあり、安心できる

このような業者はとても優秀である可能性が高いです。

気になる業者があれば、見積もり費用を請求する悪徳業者でない限り、契約しなければ費用が発生することはありませんので、積極的に見積もりを依頼してみてください。

嵯峨根

リフォームで失敗しないためには、質の低い業者を選ばないことが重要です。

できれば1社ではなく、何社かに見積を依頼して比較することを強くおすすめします!

 

リフォームする箇所の現状確認

見積を依頼する際に、現状を確認したいと言われることもあると思います。

リフォームを行う箇所のサイズや工事に必要なスペースなどの確認作業となります。

レイアウトを大きく変更する場合には、調理家電や冷蔵庫、ゴミ箱の置き場所まで検討できると、リフォーム後の使い勝手が抜群に良くなります。

 

業者との契約

複数の業者に見積りを依頼している場合、業者によって違う見積りが出てきます。

その中から、あなたが気に入った業者と契約を交わします。

予算内に収まっていることや、希望の日時に対応してリフォームが行われるかなどを検討してください。

価格だけではなく、品質の良さや安全性をしっかりと考慮することも絶対に忘れないでください。

 

リフォーム工事の実施

リフォームの間はキッチンを使うことができませんので、あらかじめ次のような準備をしておくのがおすすめです。

  • キッチンの戸棚や作業台を綺麗に片づけておく
  • 洗い物を済ませて、簡単に食べられるものを用意しておく
  • 近所への挨拶を済ませておく(騒音対策)
  • リフォーム費用の準備

この他、ペットを飼っている場合には他の部屋へ移動させておくなどの配慮が必要です。

ガスコンロのリフォームの場合、ガス会社へ連絡が必要なケースもあります。

ガスを止めてもらったり、立ち会ってもらうなど、当日の流れを事前に問い合わせて確認しておいてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

キッチンを上手にリフォームすると、住み心地が格段によくなり、毎日の生活をより良く楽しいものにしてくれます。

しかし、なじみの少ない業界ですので、相場や業者選びなど、わかりにくい部分も多いと思います。

変な業者に依頼してしまうと、工事が始まってから追加の費用を請求されたり、打ち合わせと仕上がりが全然違うなど、トラブルが発生することもあります。

業者選びは慎重に行ってください。

この記事を参考に、キッチンリフォームの相場をある程度把握し、業者選びの参考にして頂ければ幸いです。

おうちの悩み.comは、より良い暮らしの実現を応援しております。

 

 

【キッチン・リフォームの関連記事】

キッチン計画は【レイアウト・トライアングル・プランニング】が大切

主婦の憧れアイランドキッチン!採用した人の声を集めてみた

プロが教える外壁塗装・張り替えリフォーム費用の相場と失敗しない業者選びの3つのポイント

中古住宅を購入してリフォームするメリットと注意するべき3つのポイント

 

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com 編集部

おうちの悩み.com 編集部

【おうちの悩み.com】所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チーム。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 5つの基本ルールに沿って学ぶ、使いやすいキッチン収納レッスン

  • 中古住宅を購入してリフォームするメリットと注意するべき3つのポイント

  • プロが教える外壁塗装・張り替えリフォーム費用の相場と失敗しない業者選びの3つのポイント

  • キッチン計画は【レイアウト・トライアングル・プランニング】が大切