1. TOP
  2. おうちの悩み
  3. リアル人工芝を徹底比較!長さの違う9種類を実際に取り寄せてみた

リアル人工芝を徹底比較!長さの違う9種類を実際に取り寄せてみた

あなたの理想のお庭は、どのようなものですか?

花壇にはいっぱいのお花、おしゃれな門や玄関、ティータイムができるテーブルも置いて・・・と、色々な想像が膨らみ、わくわくしますよね!

  • お庭を綺麗に見せたい
  • 目の届く範囲で子どもが安全に遊ばせてあげたい
  • ペットが思い切り遊べばせてあげたい
  • バルコニーやベランダを素敵な空間にしたい
  • インテリアのデザイン性を高めたい

素敵なお庭をつくるポイントは、大きな面積を占める地面にあります。

例えば、芝生が美しいと、お庭全体の印象がとても良くなります。

 

最近では、お手入れが簡単で美しい見た目が長期間続く、人工芝が人気で、多くの場で活用されています。

お庭にはもちろん、ベランダ、インテリアなど活躍の場をどんどん増やし、InstagramなどのSNSでも目に入るようになり、その注目度の高さを感じますよね。

しかし、「人工芝」といっても、100円均一やホームセンターなどで販売されている低価格重視のものから、天然芝に近い高品質重視なものまで様々です。

メーカーや長さによっても特徴や品質が違うことをご存知でしょうか?

もしも、人工芝の選び方を間違うと、「思っていたよりも早くボロボロになった」「チクチクして子どもが遊べない」など、あなたが望んでいたお庭にならない可能性があります。

理想のお庭を作るためは、人工芝を比較し、自分の納得のいく品質の良いもの、目的にあった長さを選ぶことが大切です。

そこで今回は、実際のリアル人工芝の使用感を「見た目のリアルさ」「やわらかさ」「密度・弾力」「パイルの細さ」の5段階で評価・レビュー、利用シーン別に最適なリアル人工芝の長さをを解説していきます!

 

この記事があなたの理想のお庭のお役に立てば幸いです。

 

人工芝とは

裏が見えている人工芝

言葉の通り、人工的に作られた芝のことです。

ポリエステルやポリウレタンなどの素材を、芝に似た形状に加工されたパイルが、ベースになる布に芝がくくりつけてあります。

サッカーやゴルフなどのコートに使われるものから、お庭用、ゴルフ練習用、インテリア用、ドッグラン用など、様々な用途のものが販売されていて、ホームセンターなどの店舗や通販でも手軽に購入することが可能です。

※今回、おうちの悩み.comでは、人工芝の中でも天然の芝に似せて作られている高品質の人工芝を、リアル人工芝と定義し、リアル人工芝のみ比較しています。

 

リアル人工芝の長さ別比較

前述したように人工芝にもさまざまな種類があり、メーカーが同じでも、長さによって質が様々です。

今回は、数ある人工芝メーカーの中でも品質がトップクラスで、おうちの悩み.comがおすすめするスターラインジャパン製の人工芝を取り寄せ、実際に触って、測って、踏んで、比べてみました。

順番に、解説と「見た目のリアルさ」「やわらかさ」「密度・弾力」「パイルの細さ」を5段階で評価していきたいと思います!

ぜひ参考にしてください。

 

12mm(カールタイプ)

リアル人工芝12mm

リアル人工芝12mm 高さ

リアル人工芝12mm パイル

見た目のリアルさ ★☆☆☆☆
やわらかさ ★☆☆☆☆
密度・弾力 ★★★★★
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

こちらの人工芝は、高密度・フラットであることが特徴です。

よく見ると2色のパイルが重なっており、濃いグリーンが綺麗です。(3枚目の写真の色が一番実物に近いです。)

指で押したり、踏んだりしたときの沈み込みが一番少なく、絨毯のような完食で足への負担も少なく感じました。

パイルの幅は0.9mmほどで、カールさせているので、耐久性が高く、ゴルフのパターや通路、つまづきやすい高齢者のいる老人ホームなどに向いています。

 

16mm(カールタイプ)

リアル人工芝16mm

リアル人工芝16mm 高さ

リアル人工芝16mm パイル

見た目のリアルさ ★☆☆☆☆
やわらかさ ★★☆☆☆
密度・弾力 ★★★★★
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

こちらの人工芝も12mmと同じく、高密度・フラットであることが特徴です。

12mmと比べると若干明るいグリーンで、12mmに比べると踏んだ時の沈み込みがあります。

こちらも同じくパイルの幅は0.9mmほどで、カールの加工が行われているので、耐久性が高く、ゴルフのパターや通路、老人ホームなどに向いています。

 

16mm(左)と12mm(右)を比べると、以下ような違いがあります。

リアル人工芝16mm12mm比較

リアル人工芝16mm12mm色比較

用途にあまり違いはありませんが、色と感触が若干違ってくるので、お好みで選んでいただくと良いと思います!

 

20mm

リアル人工芝20mm

リアル人工芝20mm 高さ

リアル人工芝20mm パイル

見た目のリアルさ ★★☆☆☆
やわらかさ ★★★☆☆
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

こちらは、1mm程度の幅のパイルに、微妙にグリーンの度合いの違うパイルで仕上げられています。

芝を模しているパイルと、根をカールさせた細いパイルの二重構造になっているので程よい踏み心地で気持ち良いです!

20mmという使い勝手の良い芝丈なので、室内のスポーツ施設や展示ブース、商業施設など幅広く使われている長さです。

 

28mm(日本一、天然芝に近い人工芝)

リアル人工芝28mm

リアル人工芝28mm 高さ

リアル人工芝28mm パイル

見た目のリアルさ ★★★★★
やわらかさ ★★★★★
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★★★

今回取り寄せたリアル人工芝のサンプルの中で、もっとも天然芝に近いと感じたのがこちらの28mmでした。

こちらは、パイルの幅が0.6~0.7mm程度と、かなり細く仕上げられており、そのためとても柔らかく優しい触り心地で、指で押しても、裸足で踏んでみてもチクチクしません。

グリーンのパイルが数色、根元の細いパイルが茶色という構造になっているため、見た目もかなり天然芝に近いです。

リアルなお庭にしたい方はもちろん、安全性も高いので、お子さんを遊ばせたい方にもイチオシです!

 

30mm

リアル人工芝30mm

リアル人工芝30mm 高さ

リアル人工芝30mm パイル

見た目のリアルさ ★★★★☆
やわらかさ ★★★★☆
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

1mm程度の幅のパイルで、触り心地がやわらかいリアル人工芝です。

クッション性に優れていてふかふかしているので、天然芝の踏み心地に近いと感じました。

こけても怪我をしにくいので、走り回る年齢のお子様や、ペットを遊ばせるお庭に人気の長さです。

 

28mm(左)と30mm(右)を比べてみると、パイルの幅のと色の違いがわかります。

28mmの方がリアルな仕上がりです。

リアル人工芝28mm30mm比較

 

 

30mm(抗菌タイプ)

リアル人工芝30mm抗菌タイプ

リアル人工芝30mm抗菌タイプ 高さ

リアル人工芝30mm抗菌タイプ パイル

見た目のリアルさ ★★★★☆
やわらかさ ★★☆☆☆
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★★☆

こちらのリアル人工芝は、抗菌の処理が施されおり、特にペット用人工芝に最適で、ドッグラン施設に多く利用されている人工芝です。

抗菌の処理のため、パイルの一本一本が固めで、抗菌力に加えて耐久性もアップしています。

0.8〜0.9mmほどの細め幅のパイルですが、しっかりとした触り心地、踏み心地です。

ドッグランのほかにも、幼稚園や老人ホーム、商業施設でも使われています。

 

30mm(カラー人工芝)

リアル人工芝30mmカラー人工芝

リアル人工芝30mmカラー人工芝 高さ

リアル人工芝30mmカラー人工芝 パイル

見た目のリアルさ ★★☆☆☆
やわらかさ ★★★★☆
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

ブラウンカラーの人工芝です。

色がグリーンではないため、見た目がリアルではありませんが、グリーンではない人工芝が使いたい時や、デザイン性のあるおしゃれなお庭にしたい場合はグリーンの人工芝と組み合わせて使うと素敵だと思います。

触り心地、踏みごこちは通常の30mmのリアル人工芝とほとんど同じく、クッション性に優れていてふかふかしています。

ブライダル式場、ビアガーデン、多目的広場などにも使用されています。

ブラウンだけではなく、グレーもあります。

 

35mm

リアル人工芝35mm

リアル人工芝35mm 高さ

リアル人工芝35mm パイル

見た目のリアルさ ★★★☆☆
やわらかさ ★★☆☆☆
密度・弾力 ★★★★☆
パイルの幅の細さ ★★★☆☆

こちらのリアル人工芝は、35mmもの長さがあるので、踏んでみると非常にクッション性の強さを感じました。

1mmほどの幅のパイルで、少し硬めです。

長さがあるため、踏んでもへたりづらく、よく踏まれることが想定される公園など広い敷地に特におすすめです。

 

38mm

リアル人工芝38mm

リアル人工芝38mm 高さ

リアル人工芝38mm パイル

見た目のリアルさ ★★★★★
やわらかさ ★★★★☆
密度・弾力 ★★★☆☆
パイルの幅の細さ ★★★★★

35mmにくらべてパイルの幅が細く、柔らかい感触です。

よりリアルな見た目で、28mmのリアル人工芝と似ていますが、28mmよりも濃いグリーンです。

こちらも長さがあるため、踏んでもへたりづらく、よく踏まれることが想定される公園など広い敷地におすすめです。

 

35mm(左)と38mm(右)を比べてみると、パイルの細さと色の違いがわかります。

38mmの方がよりリアルに仕上がっており、色が濃い目となっています。

リアル人工芝35mm38mm比較

 

 

 

 

シーン別 人工芝の選び方

手の上に庭と家のミニチュア

人工芝は、使用用途や目的で選ぶべき人工芝の長さや種類は変わってきます

シーン別で適した人工芝を選んでみましたので、あなたにぴったりの人工芝を探す参考にしてください!

 

お庭を綺麗に見せたい

お庭のリフォームなど鑑賞用に使用するのにおすすめなのは、天然芝に似せて作られているリアル人工芝のタイプです。

20mm、28mm、30mm、35mm、38mmと幅広く種類があります。

取り寄せたサンプルの中で、パイルの幅が細く、より見た目がリアルなのは28mmと38mmです。

短いほどお手入れが簡単で、長ければふかふかとした気持ちの良い感触になります。

長ければその分価格も上がってしまうので、自分好みの長さの人工芝を探してみてください。

 

お庭で子供やペットを遊ばせたい

人工芝で遊ぶペットの犬

お庭で子供やペットを遊ばせたい場合は、菌の増殖を防ぐ抗菌加工をしている30mmの抗菌人工芝がおすすめ。

パイルとバッキング材に抗菌剤が含まれているのが特徴です。

黄色ブドウ球菌・大腸菌・真菌・カビカンジダアルビカンス・クレブシエラ桿菌・サルモネラ菌などに効果があります。

抗菌テストをクリアしているものであれば、より信頼できます。

ドッグランや保育園などに多く採用されているタイプがこちらです。

ただ、抗菌タイプは加工により感触が少し固いため、柔らかい方が良い方は、抗菌効果はありませんが日本一天然芝に近いタイプの28mmがおすすめです。

 

スポーツをしたい

フットサルやゴルフのパターなどのスポーツ用、通路など意図的に人工芝の上に乗ることが想定されるのであれば、12mm、16mmの短くて高密度なものが向いています。

パイルにカールをかけ、耐久性をあげているタイプは適度なクッション性もあり、おすすめです。

 

バルコニーやベランダで使いたい

人工芝が敷いてあるバルコニーの俯瞰

人工芝であれば、マンションなどの集合住宅にお住まいの方にもプチガーデンをお作りいただけます。

ベランダやバルコニーには草が生えないため防草シートを敷く手間がかりません。

人工芝をハサミで好きな形にカットし、人工芝用の両面テープで貼り付けるだけでOK!

バルコニーやベランダで使う人工芝を選ぶ時に大切なポイントが、水はけの良さです。

コンクリート製のベランダやバルコニーは、上から物をおいて蓋してしまうと、とても水が蒸発しにくくなります。

そのため水はけの悪い人工芝を置いてしまうと、人工芝が傷む原因になったり、カビが生えて不衛生になったり、蚊などの害虫が発生する原因になったりしてしまいます。

そういった事態を避けるため、自然に排水することのできる透水タイプの人工芝を選ぶようにしてください。

コンクリートのままだと殺風景に感じるベランダの印象ががらりと変わります。

 

部屋の中で使いたい

部屋に敷いてある人工芝

天然芝と違って人工芝は部屋の中で使うことができます。

お部屋の一角にカーペットやラグの代わりに人工芝を敷くのも良いですし、 壁に貼って装飾してみたり、玄関、トイレ、など一部の雰囲気を変えてみるのも楽しいですね!

小さな子どもの遊び場や、ペット用のスペースに人工芝を敷き、居間エリアとメリハリがあると見た目もすっきりします。

壁に貼ったり、小物を置くだけなど、踏む場所に使わないのであれば、人工芝の種類は問いません。

カーペットやラグがわりに使う場合も長さはお好みですが、裸足や靴下で踏んでも足に負担のかからない28mm、38mmタイプがおすすめです。

 

公園や屋上庭園に使いたい

人工芝が敷かれている屋上

公園や屋上庭園など、繰り返し踏まれることが想定されている場合は、踏んでもへたりづらく復帰力の高い、30mm、35mm、38mmと長めの人工芝が適しています。

ただ、パイルが長いと衝撃が吸収され、ボールがうまく弾みません。

ボール遊びのスペースには、スポーツコートに利用される12mm、16mmのカールタイプの人工芝を利用するのがおすすめです。

 

デザインを工夫したい

グリーン1色だけではなく、こだわったデザインにしたい場合は、30mmのモカブラウンやグレーなど、色違いの芝でデザインするのがおすすめです。

デザイン次第でお庭が洗練された印象になります!

 

サンプル請求、見積もりをしてみる

ひらめいた女性

今回、私が取り寄せて比較させていただいたのは、株式会社スターラインジャパン様のリアル人工芝のサンプルです。

  • 品質保持期間8年以上
  • FIFA認証資格などの認定基準をクリア
  • 直接受注生産・大量仕入れによるお手頃価格

とても高品質・安全性がとても高いのはもちろんのこと、個人のお庭から、設計事務所・行政関係・公共施設まであらゆるお客様に高いレベルの施工を行なっています。

私が特に魅力を感じたのは、日本一天然芝に近いリアル人工芝(28mm)を国内で唯一取り扱いされていることです。

他のリアル人工芝と比べ物にならないほど天然芝に近く、本当におすすめです。

 

リアル人工芝が良いことはわかったけど、「どのくらいお金がかかるのかを知りたい」という方も多いと思います。

下記フォームからサンプル請求、お見積もり依頼を受け付けているので、一度本物に触れてみてください。

もちろん、サンプル・見積もりともに無料で取り寄せることができます。

さらに、おうちの悩み.comをご覧いただいた感謝をこめて、今だけ特別に人工芝の代金が5%OFFとなっています!

日本一、天然芝に近いリアル人工芝をぜひその目でお確かめください!


 

 

まとめ

人気のリアル人工芝のサンプルをタイプ別に比較してみました。

それぞれのリアル人工芝の特徴は以下の通りです。

  • 12mm・16mm(カールタイプ)・・・高密度、フラット、耐久性が高い
  • 20mm・・・使いやすい程よい長さ
  • 28mm・・・パイルが細くとてもやわらかい、天然芝にかなり近い人工芝
  • 30mm・・・クッション性があり、天然芝の踏み心地に近い
  • 30mm(抗菌タイプ)・・・抗菌加工がされている、復帰力あり
  • 30mm(カラー人工芝)・・・ブラウン、グレーがある
  • 35mm・・・長さがあり、踏んでもへたりづらい
  • 38mm・・・長さがあり、踏んでもへたりづらい、リアルな見た目

 

目的別でおすすめのリアル人工芝の長さは以下の通りです。

  • お庭を綺麗に見せたい・・・28mm、38mm
  • お庭で子供やペットを遊ばせたい・・・抗菌30mm、28mm
  • スポーツをしたい・・・12mm、16mmのカールタイプ
  • バルコニーやベランダで使いたい・・・透水タイプ
  • 屋内でインテリアとして使いたい・・・ラグ代わりにするなら28mm、38mm
  • 公園や屋上庭園広い敷地・・・30mm、35mm、38mm
  • デザインを工夫したい・・・30mmのカラー人工芝を組みあわせる

 

長さによって、利用シーンの違いがあることをご理解いただいたので、だいたいの長さの目星はついたのではないでしょうか?

あとは、無料の実物サンプルを取り寄せ、しっかりと自分の目で確認し、「これだ!」というあなたにぴったりのリアル人工芝を見つけてください!

 

様々な長さのリアル人工芝を実際に触って私が感じたことは、リアル人工芝は、思ったよりも天然芝に近いということでした。

あなたのお庭が素敵になることを祈っています。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

リアル人工芝比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

島田 夕貴

島田 夕貴

株式会社ライフプラスハウス
メディア広報担当
おうちの悩み.com 副編集長

住宅会社だからこそ手に入る情報や、現場の生の声、主婦目線のお役立ち情報なども含め、おうちに関するお悩みを解決して頂くきっかけとなる記事をお届けします!

最近は人工芝を研究するのがマイブーム♪

ライフプラスハウスでは、生活が豊かになる家づくりをテーマに、新築住宅のご提案をしています。
新築をお考えの方にお役立ちの情報が盛りだくさんのライフプラスハウスのWEBサイトも是非ご覧ください!

→ライフプラスハウスのHPはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 【綺麗で安全なお庭へ】人工芝って実際どう?メリットとデメリットをご紹介!!