1. TOP
  2. 新築
  3. 補助金・節税
  4. 【グリーン住宅ポイント制度】2021年お得にテレワーク環境を揃える方法

【グリーン住宅ポイント制度】2021年お得にテレワーク環境を揃える方法

対象期間内に家を建てたり、リフォームしたりするとポイントがもらえるグリーン住宅ポイント制度。

いま尚続くコロナ禍で疲弊した経済を消費者の住宅投資をもって回復させることを目的に国土交通省が施行した制度です。

発行されたポイントは追加工事費用への充当や商品との交換に使えます。

テレワーク環境を整えるための追加工事や商品も対象になるので、住まいをお得にオフィス仕様にしたい方にもおすすめです。

この記事では、グリーン住宅ポイント制度についてポイント発行条件やテレワークに役立つ追加工事、交換可能な商品などの情報をご紹介します。 

 

【グリーン住宅ポイント制度】ポイント発行条件

グリーン住宅ポイントの発行対象となる条件は大きく分けて4つに区分され、さらにその区分ごとに細かく条件が設けられています。

ここではグリーン住宅ポイント制度の申請条件とされる、申請対象者・申請が適用される契約の対象期間・対象要件などを解説します。 

 

注文住宅を建てる・新築分譲住宅を買う

まずは新築住宅の建築・購入を対象とした区分です。

申請対象者・申請が適用される契約の対象期間・対象要件は以下のとおりです。

申請対象者

  • 注文住宅を新築する者(工事請負契約における建築主や発注者)
  • 新築分譲住宅を購入する者(不動産売買契約における購入者)

契約の対象期間

  • 注文住宅:2020年12月15日~2021年10月31日
  • 新築分譲住宅:2020年12月15日~2021年10月31日(完成から1年以内で、第三者が未入居であることが条件)

※対象期間内に工事請負契約または不動産売買契約の原契約を締結していること(期間内に交わした変更契約は対象外)

対象要件

  • 一定の省エネ性能を有する住宅であること
  • 購入者等が自ら入居する住宅であること(申請は1人1回まで)
  • 分譲住宅の売主は宅地建物取引業免許​の取得者であること

▶︎詳細はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/new-house/

 

中古住宅を買う

2つ目は、2019年(令和元年)12月14日以前に建築された中古(既存)住宅の購入を対象とした区分です。申請対象者・申請が適用される契約の対象期間・対象要件は以下のとおりです。

申請対象者

  • 自ら入居するために中古住宅を購入する者

契約の対象期間

  • 2020年12月15日~2021年10月31日

※対象期間内に不動産売買契約の原契約を締結していること(期間内に交わした変更契約は対象外)

対象要件

  • 不動産登記事項証明書に新築と記された日付が「2019年(令和元年)12月14日以前」である
  • 中古住宅の購入価格が100万円(税込)以上である
  • 下記1~4のいずれかにあてはまる住宅である
  1. 空き家バンク登録住宅
  2. 東京圏の条件不利地域を除く対象地域から移住するために購入する中古住宅
  3. 災害が危ぶまれる区域から移住するために購入する中古住宅
  4. 住宅の処分(除却)にともない購入する住居

▶︎詳細はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/exisiting-house/

 

リフォームをする

3つ目は、戸別住居ならびに集合住宅のリフォーム工事を対象とした区分です。

マンションなどの集合住宅の場合は、発行されたポイント数の合計を総戸数で割ったものが「各戸の発行ポイント数」となります。

また、1申請あたりの発行ポイント数の合計が5万ポイントを下回る場合は申請できないこともあわせて押さえておきましょう。

 

申請対象者・申請が適用される契約の対象期間・対象要件は以下のとおりです。

申請対象者

  • 戸別住居の発注者
  • 同一集合住宅内の複数戸に対するリフォーム工事発注者(全住戸の所有者・管理組合法人・法人以外の管理組合)

契約の対象期間

  • 2020年12月15日~2021年10月31日

※対象期間内に工事請負契約の原契約を締結していること(期間内に交わした変更契約は対象外)

対象要件(対象となるリフォーム工事)

  • エコ住宅設備の取り付け工事
  • 開口部の断熱改修工事
  • 外壁、屋根・天井、床の断熱改修工事

また、上記工事と同時に行った場合に限り、バリアフリー改修・ 耐震改修・リフォーム瑕疵保険等への加入・既存住宅購入加算の4項目もポイント発行の対象とみなされます。

なお、リフォームでの申請の際は工事前・工事後の写真が必要となるため、写真の撮り忘れに気をつけましょう。 

リフォーム対象工事で発行されるポイントには上限がありますが、40歳未満の世帯(若者世帯)や、18歳未満の子供がいる世帯(子育て世帯)の場合、上限が引き上げられます。

▶︎詳細はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/reform/

 

賃貸住宅(共同住宅等)を建てる

4つ目は賃貸住宅(共同住宅等)を建築する者を対象とした区分です。

申請対象者・申請が適用される契約の対象期間・対象要件は以下のとおりです。

申請対象者

  • 新たに賃貸用の共同住宅等を建てる者

対象期間

  • 2020年12月15日~2021年10月31日

※期限内に工事請負契約の原契約を締結していること(期間内に交わした変更契約は対象外)

対象要件

  • すべての住戸が賃貸用に建築される共同住宅等である
  • 住居として独立している住戸が2戸以上あり、すべての住戸の床面積が40平米以上の共同住宅等である
  • 建築物省エネ法にもとづく住宅のトップランナー制度の賃貸住宅における基準にあてはまる共同住宅等である

▶︎詳細はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/rental-apartment-building/

 

なお上記4区分のいずれの場合も、ポイント発行申請は2021年10月31日までです。(郵送の場合は必着)

申請には完了前申請と完了後申請がありますが、完了前申請は、3月29日(月)から受付が開始されています。

完了後申請は5月6日(木)から受付開始予定です。

また、窓口へ申請する場合は予約が必要です。 

 

▶︎受付窓口の検索はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/counter/

▶︎制度概要はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/about/

 

テレワークに役立つ追加工事交換一例

グリーン住宅ポイント制度の適用で発行されたポイントは、対象となる追加工事の費用に充当できます。

対象カテゴリは大きく分けて、空気環境向上工事や家事負担軽減に資する工事など「新たな日常に資する追加工事」と、水害・台風対策や地震対策などの「防災に資する追加工事」です。

ここでは新たな日常に資する追加工事のうち、テレワークに役立つものとして「ワークスペースの設置」「音環境向上工事」についてご紹介します。

 

ワークスペースの設置

新型コロナウイルス感染症拡大防止策として「新たな日常」に適応することが求められている昨今。

テレワークの推進もその感染症予防策のひとつです。

そのため「新たな日常に資する追加工事」の中に、ワークスペースの設置などの、テレワーク環境を整え、作業効率を上げるための追加工事が含まれているわけです。

 

ワークスペースの設置では、以下の「①工事目的5項目」と、ロールスクリーンの設置など「②5項目に付随する具体的な工事例」が案内されています。

①工事目的5項目

  1. 屋内ワークスペースの設置 
  2. テレワーク関連設備の設置 
  3. 間取りの変更
  4. 屋外ワークスペースの設置 
  5. (共同住宅における)共用ワークスペースの設置

 

「②5項目に付随する具体的な工事例」のうち、特にテレワークに役立つ追加工事としては、

  • 間仕切り(ロールスクリーン、パーテーション)の設置
  • 天井・壁に固定する照明器具の設置
  • コンセント・電源の設置(配線、分電盤工事を含む)
  • インターネット環境の設置(回線の引込み、居室への配線)
  • 間仕切壁・格子壁の設置や撤去
  • 日よけ・シェード、テラス屋根・囲いの設置 

などがあげられます。

ロールスクリーンやパーテーションを設置することで、リビングなどの広い空間にちょっとした自分だけのワークスペースを設けることができます。

さらにワークスペース付近にコンセントを配置すると、テレワークに欠かせないパソコンやプリンター、デスクライトなどをまとめて設置できるので便利です。

また、気分を変えて外でテレワークを…というときに役立つ、日よけや囲いを設置するのもよいでしょう。

強い日差しや眩しさを軽減でき、目隠しにもなるので作業に集中しやすくなります。 

 

音環境向上工事

テレワーク環境を整えるうえで、声の大きさを気にせず話せることや相手の声を聞き取りやすくすることは重要です。

それを実現できる音環境向上工事もポイント充当の対象となります。

音環境向上工事の項目は防音設備の設置で、以下のような内容の追加工事が対象です。

  • 防音室の設置
  • 壁・二重窓・ドアの設置
  • 内窓の設置
  • 外窓の交換
  • 防音換気設備の設置
  • 防音フローリングの設置

防音室や二重窓などを設置することによって、部屋の中から外に話し声が漏れるのを防いだり、外からの音を防いだりすることが可能です。

遮音性が上がるので自宅がよりオフィス仕様になり、テレビ会議や打ち合わせもより快適にこなせるでしょう。

▶︎交換工事例の詳細はこちら
https://greenpt.mlit.go.jp/doc/tsuikakouji_sample.pdf

 

テレワークに役立つ商品

グリーン住宅ポイント制度でもらったポイントは、追加工事だけでなく、政策テーマに沿ったさまざまな商品と交換することもできます。

(商品交換申請の受付開始は2021年6月1日の予定)

商品ごとに交換可能なポイント数が設定されているので、取得予定ポイント数と照らし合わせながら、どのような交換対象商品がもらえるのか確かめられます。

なお、政策テーマは以下のとおりです。

  • 新たな日常
  • 子育て
  • 地域振興
  • 家事負担軽減
  • 防災
  • 省エネ
  • 健康

ここでは「新たな日常」に沿う、テレワークに役立つ交換商品に焦点を当て、自宅での仕事が快適になるおすすめ商品を厳選してご紹介します。

 

テレワーク用品

株式会社メディアフューチャー「ノートPC用スタンド」

ノートパソコンを立てて設置でき、6段階で角度調整が可能なノートパソコンスタンド。パソコンの角度を調整することで、画面の高さも見やすい位置に調整できます。楽な姿勢でパソコン操作ができるようになるので、肩こりや首こりの改善が期待できます。

必要ポイント数:4,200ポイント

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewShouhinInfo?oid=546115

 

AKRacing「ゲーミングチェア Nitro V2」

究極の座り心地を追求した最高峰のゲーミングチェアは、長時間のデスクワークにも最適です。適度なホールド感と背骨に沿って人体を包み込む構造により、疲労感が軽減します。本格的にテレワーク環境を整えたい場合におすすめです。

必要ポイント数:48,000ポイント

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewShouhinInfo?oid=307584

 

パソコン・周辺機器・通信機器

富士通「ノートパソコン FMV LIFEBOOK AH77/E2 ガーネットレッド」

CPUはインテルCore i7を搭載、OSはWindows 10、Microsoft Office Home and Business 2019付きと、処理速度が速くハイスペックな富士通ノートパソコン。Webカメラも付いているので、 テレビ会議にも参加できます。この一台があれば、すぐにでもテレワークをはじめられます。

必要ポイント数:247,500ポイント

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewShouhinInfo?oid=528756

 

エプソン「ホームプリンター A3イジェット複合機 EP-982A3(Colorio)」

A3印刷・コピー・スキャンに対応したプリンター。資料をスキャンしてメールに添付したりと、テレワークがはかどります。A3サイズも自宅で印刷できるので、わざわざコピーをとるためにコンビニを行き来する手間や時間が省けるのもメリットです。

必要ポイント数:44,000ポイント

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewShouhinInfo?oid=j431789

 

音響・映像機器

東芝「REGZA REGZA 液晶テレビ 32型 32S24」

HDMI端子またはDVI端子付のパソコンを接続することでノートパソコンの外付けディスプレイとして活用できる液晶テレビ。ノートパソコンでは画面が小さくて見にくいという悩みの改善、2画面で効率的に作業したい場合におすすめです。

必要ポイント数:70,000ポイント

https://goods.greenpt.mlit.go.jp/apl/public/viewShouhinInfo?oid=399554

 

 

まとめ

もらったポイントで所定の追加工事や商品との交換ができるグリーン住宅ポイント制度。

そろそろ家を買おうかなとお考えの方は、ぜひ2021年10月中が契約期限のグリーン住宅ポイント制度の適用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お得な制度で快適なテレワーク環境を手に入れて、スムーズに仕事をこなしましょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ライチ1214

ライチ1214

現在二児を子育て中で、大手ハウスメーカーにて営業経験アリのフリーライター。
グリーン住宅ポイント制度って何?子育て世代におすすめの間取りは?など、住まいにまつわる疑問やお困りごとを分かりやすくお伝えします。

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 坪単価で新築注文住宅の費用を比較してはいけない4つの理由

  • グリーン住宅ポイント制度とは?おすすめ交換商品はコレ!製品情報紹介

  • 中古住宅を購入してリフォームするメリットと3つの注意点!

  • 新築を購入したら受け取れる5つの補助金【2021年版】

  • 注文住宅で家を建てる流れと入居までの期間は?【新築家づくり入門】

  • ビルトインガレージのメリットデメリットを知って土地を有効活用しよう!