1. TOP
  2. 新築
  3. マイホームを買って大後悔!意外な理由と失敗しないためのポイント

マイホームを買って大後悔!意外な理由と失敗しないためのポイント

 2020/10/26 新築
 

結婚して子どもが生まれたりすると、欲しくなるのが夢のマイホーム!

マイホームの購入は、一世一代の大きな買い物ですよね。

だからこそ「絶対に後悔したくない!」という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし実際のところ、マイホームを購入した半数以上の人は後悔しています!

家を買った人は、どんなことで後悔しているのでしょうか?

その理由を知ることで、あなたは大きな失敗を避けることができます。

  • マイホーム購入で後悔したくない!
  • 間取りに失敗したくない
  • 家族みんなで幸せに暮らしたい

この記事では、マイホームを買って後悔した人の声、失敗しないポイントをまとめました。

素敵なマイホームづくりの参考にしてください!

 

マイホームを買った2人に1人が後悔!

「マイホームを買って満足していますか?」と聞くと、なんと2人に1人が後悔していると答えています。

マイホームを買って満足していますか?アンケート結果の円グラフ

家は3回買わないと満足できない、とよくいわれます。

これからマイホームを買うあなたは絶対に後悔したくないですよね?

後悔しないためには、3回分のお金や時間をかけるつもりで念入りなリサーチをすることが大切です!

 

 

マイホームなんて買わなければ良かった~後悔の声~

家を購入して後悔した人は、どんなところで失敗したと感じているのでしょうか?

マイホームを買って後悔した人の声を集めました。

 

リビングが予想より狭くなってしまった

図面では広々と見えた17畳のLDK。

新しく買ったダイニングセットやソファ、ローテーブル、テレビボードなどをおいたら、なんだか窮屈な雰囲気になってしまいました・・・。

家具を置くことを考えて、もう少し広いリビングにすれば良かったです。

◎後悔しないためのポイント

新築マイホームの間取りで多い後悔は「思ったより狭かった」という声。

部屋は、モノが入るとイメージよりも確実に狭くなります。高さもあるので、平面図で見るより圧迫感も出ます。

今の家と比べてどのくらい広くしたいか?どんな家具を置く予定か?などをあらかじめ想定して、間取りを考えることが後悔しないポイントです。

 

吹き抜けが寒い

住宅展示場のおしゃれな吹き抜けにあこがれて、マイホームのリビングは吹き抜けにしました。

天井が高いのはいいけど、冬は足元が冷えてとにかく寒いっっ!!

朝はエアコンもなかなか効かないし・・・結果的に電気代がかさんでしまいました。

◎後悔しないためのポイント

暖かい空気は上に流れ、冷たい空気は下にたまるという性質があります。

吹き抜けを採用するのであれば、家全体の断熱性を高くする、シーリングファンを取りつける、床暖房を取り入れるなどの計画しておくと後悔せずにすみます。

 

トイレが近すぎて音やニオイが気になる

私は専業主婦で、普段はリビングにいることが多いので、わざわざ廊下に出なくていいも位置にトイレをつくってもらいました。

ただ、お客さんがきたときや食事中は特に、音やニオイが気になって落ち着きません。

リビングから離れた位置にトイレを配置するべきだった・・・と後悔しています(>_<)

◎後悔しないためのポイント

トイレがリビングに隣接していると、音やニオイが気になって家族といえどもお互いに気を使ってしまいます。

さらにお客さんにも気まずい思いをさせてしまうと、人を呼びにくい家になってしまうので、トイレの位置はLDKに近すぎないようにするのがおすすめです。

 

階段の位置が悪くコミュニケーションが減ってしまった

うちは、玄関を入ってすぐの場所に階段をつくりました。(というか設計士さんにお任せで特に気にしていませんでした)

実際に住んでみると、子どもが帰ってきてもすぐに顔を見られないし、子どもはそのまま2階の部屋に直行しちゃうので、コミュニケーションが減ってしまいました。

もっと家族が顔を合わせやすい間取りにすれば良かったです・・・。

◎後悔しないためのポイント

間取り作成をするとき、生活動線のイメージについては、営業マンや設計士さんも一緒になって考えてくれると思います。

ただ、コミュニケーションとプライベートの配分については、それぞれの家族によって最適なカタチがあります。

コミュニケーションを重視するのであれば、出かけるときと帰ってきたときは必ず顔を見られるように、リビング階段などを検討してみてください。

 

隣に家が建ち、日当たりが悪くなってしまった

3年前、郊外にマイホームを建てました。

ところが最近、隣の空き地に3階建ての家が建ち、うちの日当たりが悪くなってしまいました。

ハウスメーカーの営業さんに何とかならないか聞いたけれど、日照権(?)には触れてないからどうにもできないですね・・・と言われて泣きそうです。

視線も気になるので目隠しのフェンスを付けることになり、余計な出費もかかりました。

すぐ隣に家が建つことなんて考えていなかったので、これからの生活を考えると憂鬱です。

◎後悔しないためのポイント

土地探しにおいて、周りに空き地や畑、駐車場があるときは、将来的にマンションなどが建つ可能性もあるので要注意です。

生活するうえで日当たりは重要です。

時間帯を変えて訪れてみると日当たりがまったく変わることもあるので、そういった点も事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

バスの本数が少なくて不便

新しいマイホームは駅から少し離れています。

土地選びで難航していて、これ以上良い土地もなさそうだし、子どもの入学にも間に合わせたかったので思いきって購入しました。

いざ住んでみると、バスに乗らないとどこにも行けないのが不便でたまりません!

しかも本数が少ないせいか、いつも混んでて座れることはほどんどありません。

雨の日や荷物が多いときは特に大変で、バスについてきちんと調べておけばよかった・・・と後悔しています。

◎後悔しないためのポイント

車を持っていると意外と見落としてしまうのが、バスの路線や時刻表です。

あまりにも不便だと、車で迎えにいかなければならないことも増え、家族の負担が大きくなってしまいます。

土地選びでは、徒歩・バス・電車、すべての移動手段を想定しておくことが大切です。

 

通勤時間が増えて家族の時間がなくなってしまった

子どものためにどうしても広い一戸建てに住みたかったので、予算とのかね合いで郊外にマイホームを建てました。

主人は、通勤時間が往復3時間と長くなってしまったせいか、いつも疲れぎみです。

帰宅時間も遅いので、平日は子どもと顔を合わせることすらできません。

休みの日も遅くまで寝ていて、子どもは「パパと遊べなくて寂しい」と言っています・・・。

こんなことなら無理して家を買わずに、都心でマンション暮らしの方がよかったです。

◎後悔しないためのポイント

「睡眠負債」という言葉があります。睡眠不足が借金のようにたまっていき、やがて心や身体に悪影響を及ぼすというものです。

アメリカのブラウン大学の研究によると、通勤時間が1時間を超えると、睡眠時間が30%短くなるといわれています。毎日7時間睡眠と5時間睡眠では、大きな違いですよね。

またイギリスの研究では、通勤時間が10分増えると月収5万円減るのと同じくらい、幸福度が下がってしまうというデータもあります。

通勤は毎日のことなので、家族がマイホームの犠牲にならないようにしてください。

 

台風で床上浸水した

この前の台風で、新築したばかりのマイホームが床上浸水してしまいました。

うちの土地は、周りより少し低くなっているみたいで、これからも台風がくるたびにあの大変な思いをすると思うとイヤでたまりません。

もう家を売って引っ越したい!!(泣)

◎後悔しないためのポイント

周辺より低い土地、近くに川がある土地は水害にあう危険性が高いため要注意。

近年増えている自然災害への備えとして、ハザードマップは必ずチェックしてください。

マンションの地下駐車場や、電気式の立体駐車場も災害に弱いので、土地の高低差と合わせて考えることで後悔せずにすみます。

 

無理して住宅ローンを組んだら生活が圧迫された

うちは夫婦ともに働いていて、こだわりのある家にしたかったので、注文住宅を建てました。

当初の予算はだいぶオーバーしてしまいましたが、「一生に一度ですから」という営業さんのすすめもあって、住宅ローンで購入しました。

数年で子どもが生まれ私は仕事を辞め、そのうち家もメンテナンスだ修理だと何かとお金がかかるように・・・。

節約生活ばかりで何の楽しみもなく、なんのために家を建てたのかと後悔しています。

◎後悔しないためのポイント

自己破産をした人の約2割は住宅ローンが原因といわれています。

人生はいつ何が起こるかわかりません。病気やケガで大きな出費が必要になったり、家の修繕費に数十万から数百万円かかることもあります。

過剰なローンや予算オーバーはもちろん、「頑張ればギリギリいける」というラインもできれば避けてください。

ボーナス払いや退職金をあてにせず、少し余裕があるくらいの資金計画をたてることを意識してください。

 

駐車スペースが狭くて停めにくい

広い家にずっとあこがれていたので、マイホームは建物を大きくして、その分駐車場を小さくしました。

でもスペースがギリギリなので神経をつかうし、何回も切りかえさないといけないのが正直かなり面倒です。

車に乗るときにもドアを少ししか開けられなくて、ストレスになっています。

◎後悔しないためのポイント

住宅地では、かぎられた敷地内に駐車スペースもつくらなければならないため、家を広くしたい方にとって悩みの種になります。

車が2台ある場合、タテに並べて停める駐車場もありますが、後ろの車を出したい時にわざわざ前の車を動かさなければならないのは、とても不便です。

通勤や買い物で毎日車をつかうご家庭は、停めやすい駐車場にすることで後悔せずにすみます。

 

 

その設備、本当に必要?

マイホームを買うときは、いままでなかった設備が欲しくなるものですよね!

住宅展示場やショールームでは素敵に見えますし、営業マンも一生懸命メリットを説明してくれるので、必要ないものまで欲しくなってしまうかもしれません。

しかしここで流されずに、本当に必要なものを選べるかどうかが後悔しないポイントです。

そこで、新築住宅で人気のある収納や設備をまとめました。

【絶対ほしい/どちらでもよい/いらない】から選んでみてください。

【新築の人気設備】
パントリー
シューズクローゼット
ウォークインクローゼット
サンルーム(花粉症・PM2.5対策)
可動式の間仕切り
カウンターキッチン
IHコンロ
食洗器
浴室暖房
壁掛けテレビ
床暖房
無垢材の床
全館空調
太陽光発電
樹脂サッシ
室内物干し
人感センサー照明
玄関ドアのタッチレスキー
宅配ボックス

必要ないものはありましたか?

取り入れるにはコストがかかりますし、定期的なメンテナンスが必要なものもあります。

いらないものにお金をかけるより、あなたにとって本当に必要なものにお金をかけた方が絶対にいいです。

また、後悔しないためにもデメリットを把握したうえで取り入れてください!

 

 

まとめ

家を建てるときはさまざまな知識が必要で、決めなければならないこともたくさんあります。

専門用語も多くて、途中で「あ~!もう面倒くさいからどっちでもいいや!」となってしまう瞬間もあるかもしれません。

しかしそこで諦めてしまうと、一生後悔することになってしまいます。

 

マイホームを買った人が後悔した主な理由は3つです。

  • 間取り
  • 立地
  • お金

マイホームの購入は、テンションが上がって勢いで進めてしまう方も多いのですが、後悔しないためには慎重すぎるくらいでちょうどいいです。

優先順位を大切にして、あなたとご家族にとって最高のマイホームを建ててください!

 

次はこちらの記事がおすすめです!

新築マイホーム購入に失敗!死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!



→ライフプラスハウスのHPはコチラ

→ライフプラスハウスのTwitterはコチラ

→おうちの悩み.comのTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 新築マイホーム購入に失敗!死ぬほど後悔したある飲み会での話

  • 安い家は買っても平気?「後悔する5つのパターン」と3つの対策

  • 【売却体験談】マンション売却で後悔した7つの事例

  • 新築マイホームの頭金とは?みんなの平均はいくら?なしでも大丈夫?

  • ローコスト住宅に失敗して後悔しないための6つのポイント

  • 間取り図に使われる用語を知って図面を正確に見る!