1. TOP
  2. 不動産
  3. 売却
  4. 【売却体験談】マンション売却で後悔した7つの事例

【売却体験談】マンション売却で後悔した7つの事例

一生に一度経験するかどうかのマンション売却。

大きな金額が動くため、できる限り失敗せず、スムーズかつ納得の金額で売却したいですよね。

ただ、なんの知識もなく販売活動を始めることはかなり危険な行為です。

間違った販売活動によって、何百万円と損してしまうことにもなりかねません。

マンションを賢くスムーズに売却するには、失敗するパターンを把握しておくがとても大切です。

そこで今回は、マンションを売却する際に、注意しておくべき7つの失敗事例をご紹介します。

 

【失敗事例1】内覧対策を怠ってしまった

売却活動を始めてすぐに何件かの内覧がありましたが、どれも契約には至らず、半年が過ぎてしまいました。

不動産業者に原因を尋ねたところ「マンションを綺麗に清掃してみては?」とのことでした。

確かに忙しくて掃除ができていなかったので、早速ハウスクリーニングを依頼して部屋を綺麗にしました。

すると1ヶ月で買い手が見つかりました。

初めから綺麗に掃除しておけば、もっと早く売却できていただろうなと反省しています。

対策

内覧者は新たな住まいを探しにやってきます。

清潔感のない散らかった状態では購入のモチベーションが下がってしまいますよね。

マンションは第一印象がとても重要です。

急な内覧にも対応できるよう普段から綺麗な状態を保つようにしておいてください。

特に玄関やリビング、水回りなどは目につきやすいので念入りに清掃しておきましょう。

また、内覧の際は子供やペットは外出させてゆっくり内覧できる状態にしておくとより良いですね。

 

【失敗事例2】査定価格の高さで不動産業者を選んでしまった

マンション売却のために、数社に査定を依頼しました。

ほとんどの業者が2,000万円前後の金額を提示する中、一社だけ2,500万円を提示してきたのでその不動産業者と媒介契約を結びました。

なんの動きもなく3ヶ月が経過したので、不動産業者に相談したところ、値下げを持ちかけられるばかりで、10ヶ月後に1,700万円で売却することになりました。

対策

なるべく高く売却したいという売り主の心理につけ込み、売れないとわかっていながら高い査定価格を提案し、媒介契約を結んでから売却価格を下げていくといった業者は少なくありません。

こうなると、時間がかかる上に売却価格も下がってしまいます。

このようなことを避けるために、高い査定価格の根拠や内容は詳しく確認するようにしてください。

理由もなく高い査定価格が算出されているようであれば、その業者との媒介契約は避けた方が良いでしょう。

不動産会社との媒介契約を結んだあとに不信感を抱いた場合は、どのような販促活動をしているのかなど具体的な施策を確認し、契約を継続するかの判断材料にしてください。

 

【失敗事例3】不動産業者を安易に決めてしまった

不動産業者はたくさんあり過ぎてどこを選んでいいのかわからず、大手不動産業者なら安心だと思い、お願いすることにしました。

しかし、売り出してから3ヶ月が経ってもなんの反響もなく、きちんと売却活動が行われていないのではないかと疑問を感じ始めました。

そこで、この業者とは更新をせず、新たに地元の不動産業者に依頼したところ、2ヶ月で買い手を見つけることができました

対策

大手だからといって必ずしも適切な売却活動ができるとは限りません

抱えている物件が多く、担当者が内覧に立ち会えない、報告・連絡が密に取れないなどといった場合もあります。

不動産会社によって得意・不得意などのジャンルも違います

大手だから安心と全てを任せっきりにしてしまうのではなく、大手・地場を含めた複数の不動産会社の査定や売却計画の提案を受けて、本当に信頼できる不動産業者と担当者を見極める事が大切です。

 

【失敗事例4】売却と購入のタイミングを誤った

一戸建購入のため現在のマンションを売却することなり、すでに気に入った物件が見つかっていたため、売却前からその一戸建を押さえていました。

不動産業者から提示された査定額をもとに、マンションの残債返済、及び住宅ローンでの新居購入を計画。

販売活動を始めてすぐに購入希望者が現れましたが、希望価格より200万円低い額を提示されたため新居のお金のこともありお断りしました。

その後、なかなか契約までには至らず、半年後に希望価格より500万円低い額で売却

押さえていた一戸建ては資金が足りず、別の一戸建てを購入することになってしまいました。

対策

マンションを売却して新たに住居を購入する場合、売却したお金を新居の一部として計画することがあります。

そういった場合、売却価格は不動産業者の査定価格より下回ることが多いということを踏まえて計画を立ててください。

また今回のケースのように売却前に新居を決めてしまうと、心理的に売却価格を変更しづらくなってしまいます。

多少の値下げを躊躇したことによって、なかなか売れずに最終的にかなり値下げした金額で売却するといったことになりかねませんので、売却が決まってから新居を決定するようにしてください。

 

【失敗事例5】囲い込みをされてしまった

マンション売却のため、ある不動産業者と専属専任媒介契約を締結しました。

売却価格は相場で、条件が悪いわけでもないのに2ヶ月が経ちなんの反響もなかったので、囲い込みでは、と不安になり確かめることにしました。

他の不動産業者で自分の物件を問い合わせてみると、レインズへの登録がされていないことが判明

囲い込みしていることが発覚しました。

そこですぐに他の不動産業者に依頼して、無事売却することができました。

対策

問い合わせや内覧希望などが全くなく、不動産業者がやたらと値下げを進めてくる場合は囲い込みを疑ってください。

囲い込みとは、媒介契約した物件を他社に契約させないために、物件情報を開示しなかったり、他社からの問い合わせに「申し込みが入っている」などと嘘をつき、紹介依頼に応じないといった行為です。

自社で物件情報を抱え込み、買い主を見つけることで売り主、買い主の双方から仲介手数料を得ることを目的としています。

このような業者がいるということを認識した上で、信頼できる不動産業者を選んでください

 

【失敗事例6】不要なリフォームをしてしまった

マンション売却にあたって、築年数がかなり経っているので、リフォームして高く売却しようと500万円かけて工事をしました。

そして査定価格に600万円を上乗せして売り出したのですが、内覧止まりでなかなか契約には至らず、半年後に400万円値下げする形で売却することになりました。

リフォームせずに売却すればよかったです

対策

リフォームすると高値で売却できると考えている方が多く、リフォームで高額な費用がかかっても、その費用を上乗せした価格で売却すればリフォーム代は回収できると考えてしまいがちです。

しかし、不動産の査定額に大きく関係しているのは築年数であり、リフォームされたからといって物件価値が上がるわけではありません

また最近では、自らリフォームやリノベーションを行う前提で物件を探している方が増えており、綺麗であることより、値段が安いが重要視される傾向にあります。

マンションを掃除で綺麗にする必要はありますが、リフォームは基本的に不要と考えておいてください。

 

【失敗事例7】売却時期を間違えた

新たな新居を購入するため、マンションを売却することになりました。

仕事上、夫婦共に3月末までは多忙でマンション売却に向けての時間が取れないため、4月から売却活動を始めようと思い不動産業者を訪問しました。

不動産業者には「この時期は物件の動きが消極的なので、時期を待って売り出すか、時間がかかることを理解した上で販売活動を始めた方がいいです」と言われました。

早く売却したかったので、すぐに売り出したのですが、なかなか売却できず、6ヶ月後に無事売却することができました。

対策

不動産には売れやすい時期と売れにくい時期があります。

年度代わりとなる4月までに引越しを考えている人が多く、それに合わせて1~3月に住宅を購入する人が増えてきます。

一方で、この時期を過ぎた4月から2.3ヶ月は物件の動きが少なくなります。

長期間売れ残っている物件は、訳あり物件と誤解されて敬遠されがちなので、売れにくい時期に売り出すことは避けてください。

自身の事情やタイミングも大切ですが、売却しやすい時期を踏まえた上で売却計画を考えることも大切です

 

さいごに

失敗事例を7つご紹介しましたがいかがでしたか?

事前に失敗事例を知っていれば、同じ失敗をしないよう対処することができますね。

この記事を活かして後悔しない不動産売却活動につなげてください!

 

【関連記事】

【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

マンション売却に必要な期間はどのくらい? 計画を立てて確実に売却しよう

マンション売却前のリフォームは損!?売れにくい理由と解決策

不動産売却でハウスクリーニングはするべき?相場と4つのメリット

魅力的な物件は高く売れる!不動産売却における「ホームステージング」の効果

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

おうちの悩み.com 編集長
株式会社ライフプラスハウス 代表取締役
株式会社ドレメ 取締役

生活が豊かになる家づくりをテーマに、新築住宅のご提案をしています。
おうちの悩み.comでは、住宅会社しかしらない情報や現場の生の声なども含め、おうちに関するお悩みを解決して頂くきっかけとなる記事をお届けします!


→ライフプラスハウスのHPはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【前編】

  • マンション売却の訪問査定とは?机上査定との違いから当日の注意点まで詳しく解説

  • マンション売却を成功させるためのコツを徹底解説!

  • 住宅ローンで失敗して後悔しないためにやってはいけないこと6選

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【後編】

  • ローンが残っていても大丈夫?ローン残債のあるマンションを売却する方法