1. TOP
  2. 不動産
  3. マンション売却に必要な期間はどのくらい? 計画を立てて確実に売却しよう

マンション売却に必要な期間はどのくらい? 計画を立てて確実に売却しよう

転勤や住み替えなどで引っ越しをすることが決まった時、新しい環境と家にワクワクと心が弾みますよね。

しかし、その新生活にたどり着くには、今住んでいるマンションを売却するという大仕事があります!

あなたはマンションを売りに出してから、どのくらいの時間で売却が成立するのかをご存知でしょうか?

  • 売却までにどのくらいの時間がかかる?
  • 売れなかったらどうしよう・・・
  • 新居への引っ越しのタイミングがわからない
  • 早く、高くマンションを売りたい
  • スムーズにマンションを売却したい

転勤や住み替えなどで時間が限られている場合は、売却期間を把握しておかないと、無駄な家賃や仲介料が発生して損してしまうことも考えられます。

そこで今回は、マンション売却にかかる期間の目安や売却をスムーズに進めるのコツ、売れないときにとる対策など役立つ情報をご紹介していきます。

事前にある程度の目安を知り、しっかりと売却の計画を立てることが、効率よいマンション売却につながりますよ!

 

マンション売却にかかる平均の期間

マンションの売却期間は一般的に3ヶ月と言われています。

ただ、これは売り出しから成約までの期間を指しており、引渡しまでは半年程度はかかると思っておいてください。

マンションの売却は、売り出すまでの期間、売り出してから成約までの期間、成約から引渡しまでの期間の大きく3つに分けられます。

それぞれ具体的にどういった手続きが必要になるのかを見ていきましょう。

 

売り出すまでの期間

マンションを売り出す準備として、物件の査定、業者の選定を行います。

まずは不動産会社へマンションの査定依頼をすることがマンション売却の第一歩です。

同じマンションであっても査定金額は不動産会社によって異なるので、必ず数の業者に見積もりを依頼します。

査定結果や業者の対応を参考に、売却を依頼する業者を決定したら、媒介契約を結ぶという流れになります。

ここまでにかかる期間の目安は1ヶ月程度になります。

売却がうまくいくかは業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

さまざまな観点から慎重に選ぶ必要があります。

 

売り出しから成約までの期間

査定額から売り出し価格を設定し、販売活動を始め、宣伝活動や内覧対応、価格交渉などを行います。

成約までにかかる期間は3ヶ月程度が平均と言われていますが、様々な要因により大きな差が出ることもあるため、あくまでも目安として考えておいてください。

 

成約から引渡しまでの期間

買い手が決まったら、売買契約を結びます。

買い手が住宅ローンを利用する場合は、契約後ローンの本審査に入りますが、ローン審査は2週間~1ヶ月程かかります。

審査が無事に通り、決済、引渡しまでの目安は1ヶ月半~2ヶ月程です。

買い手が見つかったあとも多くの手続きがあり、住み替えの場合は引っ越しの日程などで想像以上に時間がかかります

計画は余裕を持って立てるようにしておいてください。

 

売却期間に影響するポイント

売却期間はさまざまな要素が大きく影響します。

主な要素をご紹介しますので、チェックしていきましょう。

 

売り出しの時期

マンションの購入需要は時期によって大きく異なります。

日本では、年度の変わり目となる4月に向けて、物件を購入する人が多いため、年末年始頃から市場が活発になり、3月にピークを迎えます

このような時期を意識して売却することが物件を早く、高く売却するためには大切になります。

3月中に引き渡しを完了するためには、9月頃には査定と不動産会社選びを進めておいた方が良いということになります。

 

不動産会社の選択

先ほども申し上げたように、マンションの売却期間は、不動産会社の選定で決まるといっても過言ではありません。

不動産会社には新築マンション、中古マンション、戸建などの得意分野があり、また地域によって取引実績や購入希望者の情報量が異なります。

複数の不動産会社を比較して、買い主のニーズや市場の相場を読む力、営業力の高い不動産会社を慎重に選ぶようにしてください。

 

売り出し価格

売却期間は、物件の立地や広さ、築年数などの条件と価格のバランスがとれた、適正な価格が鍵を握っています。

適正な価格設定といっても簡単なものではありませんが、似た物件の相場を調べ、複数の不動産会社の意見を聞き、適正な相場を把握しておくようにしてください。

相場より高く売りに出しても、買い手が見つからず、無駄な時間をかけてしまうことになってしまいます。

 

媒介契約の種類

一般媒介契約・専任媒介契約など契約の種類も売却期間に影響します。

専属専任媒介契約・・・1社のみの契約で、自分で買い手を探すことができない
専任媒介契約・・・1社のみの契約だが、自分で買い手を見つけた場合は仲介手数料を支払わなくて良い
一般媒介契約・・・同時に複数の業者と契約できるが、業者の販売力は落ちる

それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、慎重に選択してください。

【関連記事】

不動産売却の専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の違いとは?

 

売れないときの対策

マンションを売りに出したものの、なかなか売れない、といった方は少なくありません。

売れない期間は不安と焦りがつのる一方ですよね。

そこで、以下では売れない原因と対策について解説していきます。

 

販売価格が相場と合っていない

まず考えられるのは、売り出し価格が相場より高くなっているということです。

売り出し価格は査定額から決定しますが、そもそもの査定額が不動産会社の思惑により高く見積もられており、売り出し価格が相場からズレていたり、当初の設定は間違っていなくても、ライバル物件の価格変動があったなど状況が変わることもあります。

価格に疑問を感じたときは、周辺物件の価格調査を行う、別の不動産会社に依頼するなど、自分の物件が見劣りしていないか確認する必要があります。

 

不動産会社に問題がある

価格設定に問題がない場合は、不動産会社の力不かもしれません。

不動産会社によってマンションや一軒家、売買や賃貸など、得意分野はさまざまなので、マンションの売却が得意な業者を探す必要があります。

また囲い込みにも注意が必要です。

囲い込みとは、物件情報を発信せず、他社からの顧客紹介にも応じず、自社の顧客から買い主を見つけるまで物件を抱え込む行為をいいます。

囲い込みをする理由は、売り主、買い主の両方から仲介手数料を得るためです。

囲い込みの疑いがある場合は、不動産業者間の物件探索システム「レインズ」で登録内容や取引状況を確認してください。

 

管理費や修繕積立金が高い

売り出し価格が相場の範囲内にも関わらずなかなか売れないのは、管理費や修繕積立金がネックになっているのかもしれません。

いくら売り出し価格が安くても管理費・修繕積立金の負担が大きくなってしまっては月々の返済額と合わせると高く感じられてしまいます。

管理費・修繕積立金をふまえた上で、価格の調整、再設定をしてみてください。

また、管理費・修繕積立金は、築年数が古くなるほど高くなっていくものであり、そのもの自体をなくすことはできません。

購入希望者には、資産価値を高めるためには管理が重要であり、管理費・修繕積立金の負担が将来の快適な生活につながるということを理解してもらえるように説明することが必要になります。

 

まとめ

今回はマンション売却にかかる期間や売却のポイント、対策について解説しました。

  • 不動産業者の選定から引渡しまでは半年程度かかる。
  • 売却成功の鍵は業者選び。必ず複数を比較する。
  • 春の引っ越しピーク時を狙うのであれば、9月ごろから準備を始める
  • 似た物件を調べて相場を把握し適正価格をつける
  • 売れづらいときは価格や不動産会社を見直す

売り出し価格の設定に問題がなくても、売れるまでには半年程度の期間を要することを理解しておいてください。

マンションの売却期間を短くするためには、適正な価格設定、売り出す時期、不動産会社の選定など、さまざまな要素が鍵を握っています。

以下の関連記事では不動産会社の選び方内覧対応などマンション売却の成功の細かなコツを、売却の流れに沿って説明しています。

こちらも合わせてお読みいただくと、より成功に近づくことができると思いますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】

マンション売却を成功させるためのコツを徹底解説!

 

 

 

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

この記事も一緒に読まれています

  • 注文住宅で家を建てる流れと入居までの期間は?【新築家づくり入門】

  • マンションの査定価格はどうやって決まるの?査定額を高める3つの方法

  • マンション売却を成功させるためのコツを徹底解説!

  • 【売却体験談】マンション売却で後悔した7つの事例

  • 不動産売却は本当に3ヶ月かかる?売却期間を短縮するために必要な準備

  • ローンが残っていても大丈夫?ローン残債のあるマンションを売却する方法