1. TOP
  2. 不動産
  3. 不動産一括査定サイトを比較!あなたの不動産にぴったりのサイトとは?

不動産一括査定サイトを比較!あなたの不動産にぴったりのサイトとは?

マンションなどの不動産売却でまず始めに行うことが、査定依頼になります。

そこで便利なのが、「不動産一括査定サイト」です。

  • たくさんあってどのサイトを選べばよいかわからない
  • それぞれのサイトの特徴を知りたい
  • 自分の物件と相性の良い不動産会社を選びたい
  • できるだけ高く早く売りたい

みなさん、こういった想いをお持ちだと思います。

そこで今回は、不動産一括査定サイトの中でもおうちの悩み.comオススメの5サイトを比較していきたいと思います。

ぜひ不動産一括査定サイト選びの参考にしてください!

 

不動産一括査定サイトとは

不動産一括査定サイトとは、売却したい物件の基本情報をネット上で入力すると、複数の業者にまとめて査定依頼をしてくれるとても便利なシステムです。

従来のように電話や来店で複数の不動産会社に査定依頼をすると、莫大な時間がかかりますが、このサイトを利用すると短時間で複数社への査定依頼が可能になります。

また不動産一括査定サイトは不動産会社からの広告費や紹介料で運営されているので、無料で利用することができます。

 

一括査定サイトの比較

不動産一括査定サイトは数十社あり、どれを選んでいいかわからず困ってしまいますよね。

そこで利用者数が多く、評判の良い不動産一括査定サイト5社について、比較してみました。

  • HOME4U 
  • LIFULL HOME’S 
  • リビンマッチ(元スマイスター)
  • すまいValue
  • イエイ

 

信頼できるサイトであるか

不動産一括査定サイトを利用するにあたって、信頼できる運営会社であるか、運営歴が長くノウハウを持っているかは重要な要素の1つです。

また、「プライバシーマーク認定」があれば信頼感はさらに増します。

 

HOME4U

NTTデータ・スマートソーシングという、NTT(東証一部上場)の子会社が運営しているサイトです。

2001年に一括査定サイトを開始、すでに17年の実績があり不動産業界からの信頼も強いです。

また、プライバシーマーク認定を取っている数少ないサイトになります。

 

LIFULL HOME’S

不動産ポータルサイトとして、業界トップクラスの実績を誇っており、運営会社のLIFULLは東証一部に上場しています。

また2014年に一括査定をスタートさせています。

 

リビンマッチ

リビンマッチ(元スマイスター)は不動産一括査定サービス以外にも、多くの不動産関連サイトを手掛けるリビン・テクノロジーズ株式会社(元株式会社シースタイル)という会社が運営しています。

2006年に運用を開始した、歴史の長い一括査定サイトです。

2018年11月15日に、スマイスターからリビンマッチへ名称を変更しました。

こちらもライバシーマーク認定を取得しており、安心感があります。

 

すまいValue

大手不動産会社が共同で開始したサービスとなっています。

日本を代表する不動産会社6社(野村の仲介プラス、小田急不動産、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス)が共同運営しているので、安心感があります。

開始は2017年からと、比較的新しいサービスになります。

 

イエイ

こちらのサイトはリフォームを手がけるセカイエが運営しています。

2007年から一括査定サイトを始めており、10年以上の歴史を持つサービスだけあって知名度はとても高いです。

 

掲載会社について

提携不動産会社数は多いに越したことはなく、1,000社ほどあれば十分といえます。

比較している5サイトは一定数を確保しているので、規模の面では問題ありません。

5サイトで提携不動産会社数を比較してみます。

LIFULL HOME’S 1,600社以上
リビンマッチ 1,400社
イエイ 1,000社
HOME4U 900社
すまいValue 6社(店舗数830)

5サイトとも、全国展開していますが、すまいValueについては、店舗が大都市圏に集中している傾向があるので、地方で一括査定する場合はすまいValue以外を選ぶようにしてください。

 

各社のメリット・デメリット

各サイトのメリット、デメリットを紹介します。

こちらを読んで自分に向いているサイトを確認してください。

HOME4U

【メリット】

  • NTTグループが運営をしているので安心感がある
  • 悪徳企業を排除するシステムが徹底されており、激選した不動産会社のみ登録されている
  • 業界最長の16年という運営歴と実績がある
  • プライバシーマーク取得の運営体制により個人情報がしっかり守られる

【デメリット】

  • 提携業者が厳選の900社なので、他サイトよりも選択の幅が少なくなる可能性がある

 

LIFULL HOME’S

【メリット】

  • 不動産会社に個人情報を送らずに一括査定ができる
  • 掲載している不動産仲介会社数は1,600社以上とかなり多い
  • 知名度が高く東証一部に上場もしているので安心感がある

【デメリット】

  • 大手の不動産仲介会社はあまり多くない

 

リビンマッチ

【メリット】

  • 掲載している不動産会社数は1,400社以上と多め
  • 投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫など幅広い種類の不動産にも対応している
  • プライバシーマーク取得の運営体制により個人情報がしっかり守られる
  • 10年以上の運用実績がある

【デメリット】

  • ある程度不動産売却の知識を持っている人向けのサイトになっているので初めて不動産を売却する人には難しい

 

すまいValue

【メリット】

  • 大手不動産会社6社が合同で運営しているため安心感がある
  • 対応するスタッフがいずれも確かな知識と経験を持っている
  • 売却後のアフターフォローが充実している

【デメリット】

  • 店舗数が少なく、大都市に偏っているので地場業者の査定との比較ができない

 

イエイ

【メリット】

  • 提携不動産会社が1,000以上
  • 売り主に代わって不動産業者に断りの連絡を入れてもらうサービスがある
  • 10年以上の運営歴がある
  • 年中無休、24時間受付可能であり、サポート体制が充実している

【デメリット】

  • WEB会社が運営しているため、不動産会社の査定サイトと比べると、スタッフの不動産に関する知識・経験が劣っている

 

 

不動産一括査定サイトの主要な5社を比較しましたがいかがでしたか?

ご自身のマンションの条件やライフスタイルに合わせて、不動産会社一括査定サイトを選んでみてください。

どのサイトを選ぶか悩んだときは、ランキングや口コミを参考にするだけではなく、悪質業者への対応策や対象エリア、提携会社数などをしっかり調べて比較し、検討するのが大切です。

査定はマンション売却の入口です。

売却を大成功させるためにも、一括査定サイトを上手く利用してくださいね。

 

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説
こちらの記事では少し違った目線で一括査定サイトの解説を行なっています。

 

 

 

 

【マンション売却 関連記事】

マンション売却を成功させるためのコツを徹底解説!
こちらの記事では、マンション売却の手順に沿って、成功させるためのコツを解説しています。

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法を解説!相場は?無料になるの?
仲介手数料の上限の計算方法、仲介手数料が無料になる場合の注意点などを掲載しています。

マンション売却にかかる5種類の税金と計算方法を解説!控除はあるの?
マンションを売却したさいにかかる税金について解説しています。控除などをうまく利用し、節税するテクニックについても掲載しています。

マンション売却に失敗してしまうパターン5選
陥りやすい失敗パターンをお伝えするとともに、マンションを高く・早く売るための方法をお伝えしています。

 

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

不動産売却について、専門的で確かなお役立ち情報を掲載していきます!

【おうちの悩み.com 編集部】
所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チームです。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 兵庫で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 不動産売却後のトラブルを防ぐ!瑕疵担保責任の基礎知識

  • 不動産売却は本当に3ヶ月かかる?売却期間を短縮するために必要な準備

  • 【不動産売却】取得費の計算方法と「取得費になるもの」一覧

  • 家を売ることに大成功!420万円高く売れた方法教えます

  • マンションの査定価格はどうやって決まるの?査定額を高める3つの方法