1. TOP
  2. 不動産
  3. 【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

不動産売却で誰もが悩んでしまうのが、どの仲介業者を選べばいいのか?ということですよね。

  • 仲介業者の選び方が分からない
  • 不動産会社ならどこでもいいの?
  • 悪徳業者に騙されて売却に失敗したくない
  • 良い業者の見分け方を知りたい
  • 信頼できる業者を探したい

このように考えている方も多いのではないでしょうか。

 

仲介業者選びは不動産売却において最も重要な部分です。業者選びを間違えてしまうと、騙されて損をしたり、なかなか売れずに最終的に安い金額で売るしかなくなってしまいます。

不動産売却はほとんどの人にとって一生に一度のことなので、良い業者に巡り会って売却を成功させたいですよね。良い業者と仲介契約を結ぶことができれば、売却は成功したといっても良いくらいです。

この記事では、良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイントをお伝えします。

記事を読んで業者選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

不動産売却に失敗する原因

不動産売却に失敗した原因で多いのは、仲介業者を選ぶポイントを知らなかったということです。

業者の中には、残念ながら会社の利益だけを考える悪徳業者も存在します。

そんな業者に強引な営業をされて、断りきれずに契約をしてしまった・・・など売却後に後悔している方も多いです。

売却に成功するためには、業者選びのポイントを押さえておくことが大切です。

 

仲介業者を見分けるポイント

良い仲介業者と悪い仲介業者を見分けるには、次の4つのポイントをチェックしてください。

  1. 宅地建物取引業者の免許
  2. 行政処分の履歴
  3. 不動産売却を得意としているか
  4. 営業担当者の人柄と力量

それぞれ詳しく説明します。

 

宅地建物取引業者の免許

不動産会社として絶対になくてはならないものが、宅地建物取引業者の免許です。

免許がないのに不動産売買の仲介を行うことは違法であり、自動車で言えば無免許運転をするようなものです。

一見、経験豊富で信頼できそうな営業マンであっても、会社が宅地建物取引業者の免許を更新をせず、有効期限切れのまま違法に営業しているケースもあります。

トラブルに巻き込まれないためにも、まずは宅地建物取引業者の免許があるか確認してください。

 

宅地建物取引業者の免許取得には、国土交通大臣または都道府県知事の許可が必要です。

申請に通ると、免許番号・有効期間などが記載された【宅地建物取引業者票】が交付されます。

不動産会社の事務所や、会社のホームページに免許番号が掲載されていますのでチェックしてください。

また、免許申請の管轄は次の通りです。

  • 都道府県知事・・・事務所が1つの都道府県内にある場合
  • 国土交通大臣・・・事務所が2つ以上の都道府県にある場合

確実な情報を知りたいという場合は、以下の国土交通省のホームページで免許の有無や免許番号を調べることができます。

これを検索!
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム】

http://etsuran.mlit.go.jp/TAKKEN/

 

行政処分の履歴

不動産会社の中には、違法な取引によって過去に行政処分を受けた会社があります。

違反内容は様々なので一概には言えませんが、行政処分を受けるということは法律を守る意識が低いことの現れです。

会社の利益を優先させるために違法行為を行ってしまったというケースもあるので、過去の行政処分の履歴を確認しておくことをおすすめします。

行政処分の履歴と違反内容の詳細は、以下の国土交通省のホームページで検索することができます。

これを検索!
国土交通省ネガティブ情報等検索システム】

http://www.mlit.go.jp/nega-inf/cgi-bin/searchmenu.cgi?jigyoubunya=takuti

【都道府県知事が行った監督処分情報】

http://www.mlit.go.jp/nega-inf/takken/index.html

 

不動産売却を得意としているか

あなたにとっての良い仲介業者とは、不動産売却を得意としている会社です。

不動産取引には売買や賃貸など様々な種類がありますが、実は会社によって得意な取引は異なります。

ホームページなどを見て、賃貸物件の情報が多く掲載されている会社は、賃貸取引を得意としています。賃貸を得意とする業者は、積極的な売却活動が苦手な可能性が高いです。

一方、中古住宅のチラシが頻繁にポストに入っているような会社は、不動産売却に力を入れていると言えます。特に地域密着型の不動産会社は、そのエリアの不動産情報を網羅していることが多いため、エリア内での販売力は高いと考えられます。

また、マンションの売却が得意な業者、一戸建ての売却が得意な業者など、主に扱っている不動産の種類も会社によって異なります。

編集部
不動産の種類やそのエリアでの売却を得意としているかどうかが、あなたにとって良い仲介業者を見分けるポイントになります!

 

営業担当者の人柄と力量

不動産売却で、最終的に大切になのは営業担当者の人柄です。

常識的な気遣いや誠実さが感じられるか、一方的ではなく親身になって話を聞いてくれるかなど、まずは人柄をチェックしてください。

不動産売却は分からないことだらけの上に、時間をかけて営業担当者と何度もやりとりをします。

連絡をしてもなかなか繋がらなかったり、質問に対して的確な返答が得られないなど、対応にストレスを感じるようならあなたにとって良い不動産売却にはなりません。

 

また、担当者の知識と経験の豊富さも売却成功のカギになります。

宅地建物取引士の資格を持っていれば、ローンや税金、利用できる制度などの知識も持ち合わせているので、安心して売却を任せることができます。

経験値を判断するためには、次のような質問をしてみてください。

  • この物件は、どのようなプランで売却するのが最善だと思いますか?
  • 水回りのリフォームをしてから売却すると、価格はいくら上乗せになりますか?

これらの質問は、ある程度の経験を積んでいないと即答するのが難しい質問です。

納得のできる回答がその場でスラスラ出るようなら、経験豊富な営業マンだと判断することができます。

編集部
同じ不動産会社でも担当者の人柄や経験値に差があるのは当然です。あなたの大切な不動産を売るのですから、もし営業担当者に不安を感じるなら遠慮せずに担当者の変更をお願いしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

良い仲介業者と悪い仲介業者を見分けるポイントは、次の4つです。

  1. 宅地建物取引業者の免許
  2. 行政処分の履歴
  3. 不動産売却を得意としているか
  4. 営業担当者の人柄と力量

違法性の有無や、あなたの不動産を売却しやすいかどうかが重要なポイントです。

また、良い仲介業者を選ぶためにはなるべく多くの業者を比較することです。

しかし、仲介業者は数え切れないほどあるので候補を選ぶだけでも大変ですよね。

そこでおすすめなのが無料の一括査定サイトを利用することです。

不動産売却を得意とする業者を一気に絞ることができる便利なサイトなので、こちらの記事を参考に是非チェックしてみてください。

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

 

この記事があなたの不動産売却のお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】

あなたの家は高く売れる!【不動産売却は準備とスピードが命】

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

この記事も一緒に読まれています

  • 不動産売買契約の流れと7つの注意点!契約書と重要事項説明書はここをチェック!

  • 大阪で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 北海道で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 【不動産売却の価格交渉】3つの心構えと「有利に進めるための」交渉術!

  • 不動産売却は本当に3ヶ月かかる?売却期間を短縮するために必要な準備

  • 魅力的な物件は高く売れる!不動産売却における「ホームステージング」の効果