1. TOP
  2. 不動産
  3. 【不動産をすぐに売りたい】「買取」とは?仲介との違いやポイントを解説

【不動産をすぐに売りたい】「買取」とは?仲介との違いやポイントを解説

不動産を売却することになったら、なるべく早く売りたいですよね。

  • 転勤で引越の期限が決まっている
  • 買い替えなので資金計画を立てたい
  • 販売中の内覧準備が面倒…
  • 不動産をすぐに現金化したい
  • 時間を無駄にしたくない

このような方も多いのではないでしょうか?

しかし、仲介だと買主が見つからなければ売却できないので、なかなか資金計画が立てられませんよね。

そんな方におすすめなのが、買取という売却方法です。

買取は、不動産会社にあなたの家を直接買い取ってもらう方法で、すぐにでも売却したいときに最適な売却方法です。

買取について知ることで、「いつ売れるか分からない」という不安をなくし、スムーズに売却をすることができます。

 

この記事では、不動産売却の買取について仲介の違いやポイントをお伝えします。

記事を読んで不動産売却に役立てて頂ければと思います。

 

仲介と買取の違い

不動産売却には、不動産会社に間に入ってもらう仲介と、不動産会社が直接買い取りをする買取があります。

仲介と買取の一番の違いは、買主が違うことです。

  • 仲介の買主=個人
  • 買取の買主=不動産会社

仲介は、一般の売主と買主の間に不動産会社が介入することで、販売活動や契約までの仲を取り持つ売却方法です。

一方、買取は不動産会社が直接あなたの不動産を買取って、転売や再販をする方法です。

また、買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。

  • 即時買取・・・不動産会社がその場で買取をする
  • 買取保証・・・まずは仲介で売り出して、希望の期間内に買主が見つからなければ不動産会社が買取をする

買取保証を希望するときは、仲介と買取の両方が可能な不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。

編集部
「なるべく高く売却したいけれど期限も決まっている」という方には、買取保証がおすすめです!

 

【関連記事】

高く早く売るなら知っておきたい不動産売却の流れをわかりやすく解説!

マンションを早く・高く売るために覚えておきたい売却の流れ9ステップ

 

不動産買取のポイント

不動産買取のポイントは次の6つです。

  1. 売却価格が下がる
  2. すぐに売れる
  3. 仲介手数料が不要
  4. 瑕疵担保責任が免除される
  5. 室内環境を気にする必要がない
  6. 誰にも知られずに売れる

デメリットとして売却価格が下がることが挙げられますが、それ以外ではメリットの多い売却方法と言えます。

 

売却価格が下がる

不動産買取の唯一のデメリットは売却価格が下がることです。

仲介での買主は個人になるため、市場の相場価格で販売することが可能です。

しかし、買取は不動産会社があなたの不動産を一旦買取った後、転売をしたりリフォーム工事を行って再販することになります。

不動産会社は利益を出さなければならないので、諸費用を差し引いて買取価格が決定します。

そのため、買取では仲介の7割前後の売却価格になります。

 

すぐに売れる

仲介の特徴は、買主が現れるまで売却できないことです。

そのため、販売活動を開始してから1年経っても売れないケースもあります。

また、買主が決まってからの手続きも多く、売却には時間がかかります。

時間に余裕があれば良いですが、転勤や買い替えなどで売却期限が決まっている場合には不向きな売却方法です。

一方、不動産会社が直接買取りをする場合は、2週間~1ヶ月で売却手続きが完了します。

不動産会社によっては、数日で現金化できるところもありますので、そのような会社を選べば引越しの段取りや資金計画などが立てやすくなります。

 

仲介手数料が不要

仲介手数料は、その名の通り仲介で売却したときに不動産会社に支払う手数料です。

そのため、不動産会社が買主となる買取であれば仲介手数料は不要になります。

売却価格が高額であれば、仲介手数料だけで100万円を超えることもありますので、その支払いがなくなるのも大きなポイントです。

【関連記事】

不動産売却に必要な諸費用まとめ!不動産を売る手数料はどのくらい?

 

瑕疵担保責任が免除される

瑕疵担保責任とは、売却後に内部構造の欠陥やシロアリの被害など、隠れた欠陥が見つかった場合にその責任を売主が負うというものです。

仲介の場合は瑕疵担保責任が適用されるため、修繕費用は売主が負担することになります。

しかし、不動産会社が買主の場合は売主の瑕疵担保責任は免除になります。

そのため、売却後の不安もなくなります。

瑕疵担保責任についてはこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】

不動産売却後のトラブルを防ぐ!瑕疵担保責任の基礎知識

 

室内環境を気にする必要がない

不動産の売却活動中は、購入を検討している買主が室内を見学する内覧があります。

売却成立につながりやすくするためには、ハウスクリーニングや家具のレイアウト変更、不用品の処分など、様々な準備が必要になります。

しかし、買取なら内覧自体がないため、時間と費用をかけることなく現状のままで売却することができます。

 

誰にも知られずに売れる

不動産を売却する理由は人それぞれですが、売却することを周囲に知られたくない場合もあります。

仲介だと販売活動をしなければ売却することが難しいため、広告を出したり、内覧の際に近所の目が気になったり・・・ということがあります。

不動産会社が直接買い取る場合は、そのような心配もなく、誰にも知られずにすぐに売ることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?

不動産の買取と仲介の違いは、買主が違うことです。

  • 仲介の買主=個人
  • 買取の買主=不動産会社

また、買取の種類は次の2つに分けられます。

  • 「即時買取」・・・不動産会社が買取をする
  • 「買取保証」・・・まずは仲介で売り出して、希望の期間内に買主が見つからなければ不動産会社が買取をする

買取のポイントは次の6つです。

  1. 売却価格が下がる
  2. すぐに売れる
  3. 仲介手数料が不要
  4. 瑕疵担保責任が免除される
  5. 室内環境を気にする必要がない
  6. 誰にも知られずに売れる

価格が下がるデメリットはありますが、それ以上に多くのメリットがある売却方法です。

買取保証なども利用しながら、あなたにとって最適な売却方法を選んでください。

 

不動産会社の提示した買取価格が適正かを判断するためには、不動産の相場を知っておくことが大切です。

相場を知らなければ、買取相場よりも安い金額で売却することになり、あなたが損をしてしまいます。

不動産の相場価格を知るためには、無料一括査定サイトの利用がおすすめです。

あなたの希望のエリアで不動産を売却できる会社を絞ることができ、その中から買取をしている会社を効率よく探すことができます。

こちらの記事を参考に是非チェックしてみてください。

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】

不動産売却でハウスクリーニングはするべき?相場と4つのメリット

魅力的な物件は高く売れる!不動産売却におけるホームステージングの効果

不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

不動産売却について、専門的で確かなお役立ち情報を掲載していきます!

【おうちの悩み.com 編集部】
所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チームです。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット

  • プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

  • 不動産一括査定サイトを比較!あなたの不動産にぴったりのサイトとは?

  • 愛知で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • あなたの家は高く売れる!【不動産売却は準備とスピードが命】

  • 築浅のマンションを「高く売る4つのコツ」と注意するべきポイント