1. TOP
  2. 不動産
  3. マンション売却時の修繕積立金や管理費はどうなる?支払った分は返還されるの?

マンション売却時の修繕積立金や管理費はどうなる?支払った分は返還されるの?

マンションを売却することになった時、今まで支払った修繕積立金などは返してもらえるのか気になりませんか?

不動産を売却をする時は、仲介手数料や引越代など様々な費用がかかるので、少しでも戻ってきたら家計の足しにもなって嬉しいですよね。

  • 住んでいる間に修繕がなかったら返してもらえるの?
  • 管理費と修繕積立金の違いって何?
  • 修繕積立金を滞納していたら売却できない!?
  • 修繕積立金はいつまで払えばいいの?
  • マンションが高く売れるタイミングを知りたい

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

修繕積立金はマンションの大規模な修繕に備えて、入居者がお金を出し合って積み立てている貯金です。

結論から言うと、居住中に大規模修繕がなかったとしても支払った修繕積立金が戻ってくることはありません

しかし、修繕積立金を利用した最適なタイミングで売却すれば、相場より高くマンションを売ることができます。

 

この記事では、修繕積立金が返還されるケースや日割り計算の方法、売却に最適なタイミングをお伝えします。

記事を読んでマンション売却に役立てて頂ければと思います。

 

修繕積立金は返してもらえる?

住んでいる間に一度も大規模な修繕が行われなかったら、売却時に修繕積立金は返してもらいたいと誰もが思いますよね。

しかし、残念ながら支払った修繕積立金は返還されません

修繕積立金の目的は、老朽化による大規模な修繕を行うために積み立てているのものです。

住民が退去するたびに個別に返還をしていたら、本来の大規模修繕という目的を果たすことができなくなってしまいます。

そのため、支払った修繕積立金はマンション管理組合の所有財産となり返還されることはありません。

 

修繕積立金と管理費の違い

修繕積立金と一緒に毎月支払っているのが管理費です。

この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

修繕積立金

建物の老朽化による大規模な修繕に備え、毎月少しずつ積み立てていく貯金。

大規模修繕は外壁の塗装や構造の強化など、12~15年周期で行われるマンション全体の修繕を指します。

管理費

共用部分の維持・管理のための費用。

エレベーターの定期点検や、エントランスの清掃などを指します。

修繕積立金と管理費の使い道についてまとめました。

修繕積立金 管理費
  • 屋根・床の防水工事
  • 外壁・手すり・建具の塗装
  • 給排水管設備
  • 電気・ガス・換気設備
  • 通信設備
  • 駐車場整備
  • 共用部分の電気・ガス・水道代
  • 共用部分の備品代
  • 理事会の運営費
  • 管理委託費
  • 管理人業務
  • 損害保険

修繕積立金は建物の修繕、管理費は日々の生活をスムーズにするために使われています。

したがって、管理費も売却時に返還されることはありません

 

修繕積立金が返還されるケース

修繕積立金は基本的に返還されませんが、例外として戻ってくる場合があります。

返還されるのは以下の3つのケースです。

 

管理組合の解散

建て替えなどで管理組合が解散した場合、修繕積立金は戻ってきます。

マンション自体がなくなれば大規模修繕の必要もなくなるので、支払った分の修繕積立金は返還されます。

 

管理規約に記載がある

入居時の書類には”マンション管理規約”がありますが、管理規約に「退去時は修繕積立金を返還する」という旨が明記されている場合は、売却時に支払った分の修繕積立金が戻ってきます。

しかし、修繕積立金本来の目的を考えるとこのようなケースは稀です。

 

買主との日割り精算

売却にあたって、引渡し日が月の途中になる場合は、その月の修繕積立金を売主と買主で日割り精算することができます。

負担割合は以下の通りです。

  • 引渡し前日まで・・・売主の負担
  • 引渡し日以降・・・買主の負担

【例】修繕積立金月2万円/引渡し日6月16日の場合

6月1日~15日分 【売主】10000円負担

6月16日~30日分 【買主】10000円負担

このような負担割合で精算されます。

また、修繕積立金以外に固定資産税なども買主と負担割合を決めて精算をするのが一般的です。

固定資産税の精算方法については、こちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】

不動産売却後の固定資産税は誰が支払う?精算方法は?

 

売却のベストタイミングは大規模修繕の前後

マンションの大規模修繕は一般的に12~15年周期で行われています。

そして修繕積立金には、数年ごとに値上がりする「段階増額積立方式」と、金額が一定の「均等積立方式」の2種類があります。

次回の大規模修繕の時期と積立方式がどちらなのかを踏まえると、売却に最適なタイミングが分かります。

 

段階増額積立方式なら大規模修繕前

段階増額積立方式の場合は、大規模修繕を行った後に積立金額が大幅に増額されることがほとんどです。

そのため、大規模修繕前の修繕積立金が安い時期に売却をした方が有利になります。

買主にとっては、確実に修繕の恩恵を受けられるメリットがあるため、販売活動時のアピールポイントになります。

 

均等積立方式なら大規模修繕後

均等積立方式の場合は、毎月支払う金額が変わらないため大規模修繕の後に売却をするのがベストです。

買主にとっては、足場による景観の阻害、工事の騒音、溶剤のにおいなどのストレスがなく、修繕直後の綺麗な状態で入居できるというメリットがあります。

 

修繕積立金の滞納分はどうなる?

修繕積立金の滞納がある場合は、区分所有法により滞納分した分の支払いは買主が引き継ぐことになります。

売却後のトラブルの原因になるため、過去に滞納がある場合は全て支払ってから売却してください

経済的な事情による任意売却で滞納分を支払えない場合は、査定額が下がったり大幅な値引きをすることになりますので注意してください。

任意売却について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】

任意売却と競売の違いとは?任意売却の流れと6つの注意点

 

まとめ

いかがでしたか?

マンションを売却する時は支払った分の修繕積立金は返還されません

返還されるのは以下のような場合です。

  • 管理組合が解散
  • 管理規約に返還する旨の記載がある
  • 買主との日割り精算

また、売却にベストなタイミングは以下の2つです。

  • 段階増額積立方式・・・大規模修繕前
  • 均等積立方式・・・大規模修繕後

修繕積立金を滞納している場合は買主が引き継ぐことになるため、トラブル防止のためにも滞納分は全部支払ってから売却してください。

修繕積立金は返還されませんが、最適なタイミングで売却することで相場より高く売ることも可能になります。

最終的にあなたのマンションが高く売れるかどうかは、不動産会社の腕にかかっています。

優良な不動産会社を探すためには、複数の業者を比較することが大切です。

どんな業者があるのか分からない・・・という方におすすめなのは一括査定サイトです。

あなたの住んでいるマンションの売却が得意な優良不動産会社を、一気に絞ることができるのでとても便利です。

こちらの記事を参考に是非チェックしてみてください。

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】

【東京の不動産売【東京却】最適な売り時は今!?相場変動を徹底大予想!

マンションは「売却と賃貸」どっちが得?賃貸に向いている人と注意点

マンション売却の訪問査定とは?机上査定との違いから当日の注意点まで詳しく解説

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法を解説!相場は?無料になるの?

 

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

不動産売却について、専門的で確かなお役立ち情報を掲載していきます!

【おうちの悩み.com 編集部】
所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チームです。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 3000万円特別控除とは?節税で得する!不動産売却後の特例6つ

  • 不動産一括査定サイトを比較!あなたの不動産にぴったりのサイトとは?

  • 不動産売却は今が高く売る絶好のチャンス!

  • 兵庫で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 【不動産売却】必要書類一覧と紛失したときの入手方法まとめ

  • 福岡で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング