1. TOP
  2. 不動産
  3. 不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット

不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット

ホームインスペクションという言葉を聞いたことはありますか?

「インスペクション」は検査という意味で、不動産売却やリフォームの際に住宅の劣化状況などを調べる建物の健康診断のようなものです。

  • ホームインスペクションはどんな検査をするの?
  • 費用や時間はどのくらいかかる?
  • 不動産売却するときは必ず実施するの?
  • ホームインスペクションのメリットは?
  • 不動産売却を成功させたい!

ホームインスペクションは、アメリカでは一般的に普及していますが、日本ではまだまだ馴染みが薄いかもしれません。

しかし、2018年にホームインスペクションについての宅地建物取引業法の改正が行われるなど、今後は積極的にホームインスペクションを実施していく動きになっています。

ホームインスペクションには、不動産を早く高く売りたい売主にとってのメリットがたくさんあります。

 

この記事では、不動産売却におけるホームインスペクションの知識とメリットをお伝えします。

記事を読んで参考にして頂ければと思います。

 

ホームインスペクションとは?

ホームインスペクションとは、建築の知識を持つ専門家が、住宅の劣化状況や欠陥の有無を第三者の客観的立場で診断することです。

また、検査結果を基に補修が必要な箇所と、補修時期や費用のアドバイスなどを行います。

2018年4月に宅地建物取引業法が改正され、中古住宅の売却時は、仲介業者が売主に対してホームインスペクションについての告知を行うことが義務化されました。

 

媒介契約において建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を記載した書面の交付

買主等に対して建物状況調査の結果の概要等を重要事項として説明

売買等の契約の成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付

【国土交通省ホームページより】

 

義務化と言っても、インスペクションの実施が義務化されたわけではありません。

  • 「インスペクションという建物検査があります」と告知すること
  • 売主にインスペクション実施の意向があれば、業者の斡旋をすること
  • インスペクションを実施した場合は、重要事項説明書に記載し買主へ説明すること

仲介業者に義務付けられたのは、このような内容です。

したがって、インスペクションの告知や推奨はするけれど、実施するかを決めるのは売主または買主になります。

 

ホームインスペクションのメリット

現在の法律では、売主がホームインスペクションを実施する義務はありません。

しかし、自主的に行うことで売主にとってのメリットが4つあります。

 

買主の建物に対する不安がなくなる

中古住宅の購入を検討している買主が一番気になることは「建物に欠陥がないか?」という点です。

購入後に不具合が発覚し、補修やリフォームを行うことは買主にとって大きなストレスになります。

買主が安心して購入できるのは、欠陥の可能性がある安い物件よりも、少し高くてもインスペクションの情報を公開している物件の方です。

また、物件の申し込み後に買主がインスペクションを行う場合、検査の結果によってはせっかく決まりかけた契約が流れてしまうこともあります。

販売開始の時点で、建物の状況を明らかにしておくことで、買主の不安もなくなりスムーズな売却につながります。

 

欠陥による損害やトラブルの防止

インスペクションを実施した場合、仲介業者は重要事項説明書にその結果を記載する義務があります。

買主は、購入前に仲介業者から口頭で説明を受け、重要事項説明書に署名・捺印をすることでトラブルの防止になります。

また、売主には瑕疵担保責任があり、売却後に隠れた欠陥が見つかった場合はその補修費用を負担する義務があります。

インスペクションの実施は、売主の瑕疵担保責任のリスクを減らすことにもつながります。

瑕疵担保責任の詳しい内容については、こちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】

不動産売却のトラブルを防ぐ!「瑕疵担保責任」の基礎知識

 

リフォームの計画が立てやすい

売却前のインスペクションで、補修が必要な箇所などが分かれば、売れやすい物件にするための効率的なリフォームを行うことが可能になります。

また、買主は購入前に補修やリフォームするべき箇所が分かるので、入居に向けてのリフォーム計画を立てることもできます。

 

売却価格を決めやすくなる

中古住宅の販売価格は、立地や経過年数だけでは決められません。

こまめなメンテナンスを行っている物件は高く売れ、経年劣化の激しい物件は価格が下がります。

インスペクションは、欠陥も含めて建物の現在の状況を把握するために行いますので、売主にとっては売却価格が下がるリスクはあります。

しかし、客観的な第三者の目線で検査した情報を基に、妥当な売却価格を決めることができるため、買主も安心して購入することができます。

 

現在は、インスペクションの告知が義務化されたばかりなので、自ら実施している売主は少ない状況です。

しかし、「インスペクション済」の物件に絞って検索している買主は多いので、付加価値が高まり相場より高く売れるチャンスになります。

「買主が買いたい家」=「安心して購入できる家」なので、インスペクションを実施して情報を公開するメリットは売主にとっても大きいと言えます。

 

ホームインスペクションの検査項目

ホームインスペクションは、目視と触診、計測などによって行います。

検査の主な内容は以下の通りです。

【既存住宅インスペクションガイドライン 国土交通省ホームページより】

 

構造耐力

柱や床などの構造的な部分に、腐朽やシロアリの被害がないか、床は傾いていないか、基礎にひび割れはないかなどをチェックします。

 

雨漏り・水漏れ

屋根やサッシに欠損はないか、内部に雨漏りはないかなどをチェックします。

 

設備配管

給水管の錆びや、配水管の詰まりはないか、換気ダクトの接続に問題はないかなどをチェックします。

 

インスペクションは、全体的に一通りの検査を行う一次検査なので、壁を破壊して内部を確認することはありません。

もし、一次検査で不具合が見つかった場合は、詳しく調べるために専用の機械などを使って二次検査を行うという流れになります。

 

インスペクションの費用と時間

ホームインスペクションにかかる時間は3時間前後です。

費用は5万円前後が相場になっています。

また、点検口から床下や天井裏に侵入する検査は、業者によってプラス料金がかかることもあります。

一次検査で不具合が見つかり、二次検査を行う場合は10万円程になります。

インスペクションの実施は、売主と買主のどちらが行うのか法律上のルールはありませんが、告知が義務化されたばかりの現在では、買主の負担で行うケースが多くなっています。

 

インスペクターの資格

ホームインスペクションを行う人を「インスペクター」と呼びます。

インスペクターの資格には公的な資格と民間の資格があり、大きな違いは建築士の資格があるかどうかです。

 

公的資格

国土交通省「既存住宅状況調査技術者」

国土交通省の実施する、既存住宅状況調査技術者講習は、建築士の資格を持つ人だけが受講することができます。

日本建築士会連合「建築士会インスペクター」

日本建築士会連合の実施する講習は、建築士(1級・2級・木造)、建築施工管理技士(1級・2級)の資格を持つ人が受講することができます。

 

民間資格

JSHI公認ホームインスペクター

既存住宅インスペクター

住宅メンテナンス診断士

日本ホームインスペクターズ協会

この他にも民間団体によるインスペクターの資格はたくさんあり、これらの民間資格は建築士でなくても受講が可能なため、誰でもインスペクターになることができます。

 

もちろん、民間のインスペクター資格でも、建築士であったり長年建築に携わった現場経験豊富なインスペクターであれば安心です。

しかし、建築士でもなく現場経験が乏しいと、構造的な部分の理解も浅くなるため、きちんとした検査が行われない可能性があります。

そのため、少なくとも建築士であることを最低基準にインスペクターを選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

不動産売却時のホームインスペクションには、4つのメリットがあります。

  • 買主の建物に対する不安がなくなる
  • 欠陥による損害やトラブルの防止
  • リフォームの計画が立てやすい
  • 売却価格を決めやすくなる

インスペクションの主な検査項目は、次の通りです。

  • 構造耐力・・・シロアリや、腐朽
  • 雨漏り・水漏れ・・・屋根、サッシの欠損
  • 設備配管・・・錆び、詰まり

また、民間のホームインスペクターは多数存在するため、国土交通省の講習を受講した建築士で「既存住宅状況調査技術者」に依頼するのが無難です。

インスペクションを実施すると、「安心して購入できる家」として付加価値が高まり、相場より高い価格で売却できる可能性があります。

売主と買主の安心のために、ホームインスペクションを検討してみてはいかがでしょうか?

 

不動産会社には、ホームインスペクションと瑕疵担保責任の保証をセットで提供するサービスを行う業者もあります。

あなたの不動産売却にベストな提案をしてくれる、良い業者を探してみてください。

良い業者選びには、一括査定サイトなどを利用して複数の業者を比較するのがおすすめです。

以下の記事を参考に是非チェックしてみてください。

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】

家を売る手数料はどのくらい?不動産売却にかかる諸費用【まとめ】

【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

不動産売却時に「土地の測量は必要?」費用はいくら?【測量の基礎知識】

不動産売却の専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の違いとは?

不動産売買契約の流れと7つの注意点!契約書と重要事項説明書はここをチェック!

 

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 【不動産売却】家を売るときに消費税はかかる?支払わなくてもいい?

  • 不動産の買取とは?仲介と買取の違いやメリット・デメリットは?買取が向いている人の6つのポイント

  • 【不動産】マンションを売却したら必要な知識!減価償却費の計算方法

  • 愛知で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 【最新2019年度】不動産価格は今後どうなる?下落が止まらない理由

  • 福岡で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング