1. TOP
  2. 不動産
  3. 不動産売却時の不用品の処分はどうする?残したまま売却できる?

不動産売却時の不用品の処分はどうする?残したまま売却できる?

不動産を売却する時、いらなくなった不用品を処分するのは面倒ですよね。

1つや2つならいいけれど、家中のモノを処分するとなれば、時間も手間もかかって大変です。

  • 不用品を全て処分するのは面倒
  • 家具をそのまま買い取って欲しい
  • 安く処分する方法を知りたい!
  • エアコンはそのままでもいいの?
  • 相続した空き家の不用品処分に困っている

できることなら不用品を処分せずに家を売りたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、不要品が残っている状態では不動産を売却することはできません

買主の許可なく不用品を残しておけば、売却後にトラブルの原因になってしまいます。

 

この記事では、売却後のトラブルを避けるために、不用品の最適な処分時期や残しておいてもいいもの、費用の節約方法などをお伝えします。

記事を読んで参考にしていただければと思います。

 

不用品を処分しないとどうなる?

不動産売却において、建物以外のモノは全て「残置物」になります。

そのため、不用品を残したまま不動産を売却することはできません。

「あれば役に立つだろう」「売ればお金になるから」と残しておいても、処分の手間や費用がかかればトラブルの原因になってしまいます。

不用品をそのまま残す場合は、買主了承の上、契約書の付帯設備表に名称などを記載する必要があります。

契約書にない残置物があれば契約違反として瑕疵担保責任に問われ、売却後に不用品の処分代金を請求されることもあります。

高価な家具なら価値があるのでは?と思われるかもしれませんが、ほとんどの買主は新居の家具は自分の好きなデザインで揃えたいと思っています。

そのため、どんなに高価なモノであっても、不用品が残っていると売却時にはマイナスになってしまいます。

 

瑕疵担保責任の詳しい内容については、こちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】

不動産売却後のトラブルを防ぐ!瑕疵担保責任の基礎知識

 

不用品は内覧前に処分

不用品の処分は内覧前に行うのがベストです。

居住中の場合は、生活に必要なモノを残さなければなりませんが、必要最低限のモノだけを残し内覧前はスッキリした状態にしておいてください。買い手の印象が良くなり、売却がスムーズに進みます

買い替えなどで新居の購入を先行した場合は、引越し後に不用品を全て処分し内覧前は空き家の状態にしておいてください。

また、自治体の粗大ゴミの回収などは回収日などが決まっていることもあるため、処分に2週間~1か月程かかることもあります。

内覧に間に合わなかった・・・ということがないように、売却が決まったら余裕を持って不用品の処分を開始してください。

 

買主に引き取ってもらいやすいモノ

不用品として扱われるモノの中で、建物に付随する工事が必要な設備などは、買主にそのまま引き取ってもらえるケースが多いです。

  • 食洗機
  • 給湯器
  • コンロ
  • シャワー
  • 温水便座
  • エアコン
  • 照明
  • インターホン
  • テレビアンテナ
  • 下駄箱
  • カーテンレール

これらは、買主の許可があれば処分する必要はありません。

設備を引き継ぐ場合は、売買契約書の付帯設備表に、設備名や状態、不具合の有無を明記する必要があります。

 

不用品処分の7つの方法

家の中には様々なモノがあります。

  • 家具
  • 家電
  • 子供用品
  • 季節用品
  • スポーツ用品
  • 食器
  • 洋服
  • 楽器

これ以外にもたくさんのモノがありますよね。

これらの不用品を処分するには、様々な方法があります。

  1. チラシなどの不用品回収業者に依頼する
  2. 家を買取りにする
  3. 不動産会社に業者を紹介してもらう
  4. 引越業者に依頼する
  5. 解体業者に依頼する
  6. 自分でゴミ処理施設に持ち込む
  7. 捨てずに売る

費用をかけたくない、まとめて処分したいなど、あなたにとっての最適な方法を選んでください。

 

チラシなどの不用品回収業者に依頼する

チラシやインターネットなどにある不用品の回収業者は、どんなものでも引き取ってくれるため手間がかかりません。

費用の相場は、一軒家で10万円以上と高額になりますが、大きな家具の搬出なども養生をして行ってくれるため、時間がない、自分で運ぶのは面倒、という方におすすめの方法です。

 

家を買取りにする

不動産自体を買取りにする場合は不用品はそのままで良いというケースが多いです。

買い取った不動産会社が解体や不用品の処分を行うため、自分で処分する手間がかかりません。

売却価格は相場の7割前後になりますが、安くても良いのですぐに売却したい、相続した空き家をそのまま売却したい、という方におすすめの方法です。

 

不動産会社に業者を紹介してもらう

仲介の場合、不動産会社が不用品回収の業者と提携を結んでいることがあります。

その場合、不動産会社経由で業者を紹介してもらえば、不用品回収のサービスが受けられます。

不動産会社が業者との間に入っていることでトラブルになりにくいため、知らない業者の対応だと不安・・・という方におすすめの方法です。

 

引越業者に依頼する

不用品回収のサービスも行っている引越業者に依頼をすれば、引越しと同時に不用品の処分が済むため、なかなか時間が取れない方におすすめな方法です。

ただし、居住中の場合は内覧までに不用品を処分する必要があるため、空き家として売却する場合のみに有効な方法です。

 

解体業者に依頼する

家を解体する場合、そのまま不用品を回収してもらえたら楽ですよね。

しかし、基本的に解体業者は不要品の回収と処分をすることはできません。

回収が同時にできるのは、一般廃棄物の収集運搬免許のある業者です。

建物解体後、不用品をゴミ処理場まで運搬してくれる場合もありますので、業者に確認をしてください。

 

自分でゴミ処理施設に持ち込む

業者に不用品の処分を依頼した場合、数万円~10万円以上の費用がかかります。

しかし、自分でゴミ処理施設に運べば費用を1/10程度に抑えることができます。

金額は、サイズや重さ、自治体などによって異なりますが、大物の家具でも500円~2000円程度で処分できることが多いです。

また、市役所に粗大ゴミ回収の予約をし、コンビニなどで購入したゴミ処理券を貼って指定日にゴミ集積所に出す方法も、安く済ませるこことができます。

不用品の処分にかかる費用を節約したい、という方におすすめの方法です。

 

捨てずに売る

不用品の中には、ブランド品や楽器、スポーツ用品、アウトドア用品など価値の高いものもありますよね。

それらは、リサイクルショップやインターネットのオークションなどで売ることで、処分に費用はかかりません。

大きいものを運んだり、配送手続きをする手間はかかりますが、思いがけず高値で取引される可能性もあります。

大事に使っていたものを捨てたくない、売る時の手続きが手間ではない、という方におすすめの方法です。

 

まとめ

いかがでしたか?

不用品を残したまま、不動産を売却することはできません

不用品の処分は、内覧前に行うのがベストです。

建物に付随する設備を買主に引き取ってもらう場合は、付帯設備表の添付が必要になります。

不要品の処分には、以下の方法があります。

  1. チラシなどの不用品回収業者に依頼する
  2. 家を買取りにする
  3. 不動産会社に業者を紹介してもらう
  4. 引越業者に依頼する
  5. 解体業者に依頼する
  6. 自分でゴミ処理施設に持ち込む
  7. 捨てずに売る

時間や費用、モノに応じたベストな処分方法で、スムーズな不動産売却をしてください。

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】

不動産売却でハウスクリーニングはするべき?相場と4つのメリット

魅力的な物件は高く売れる!不動産売却におけるホームステージングの効果

不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット

不動産売買契約の流れと7つの注意点!契約書と重要事項説明書はここをチェック!

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

 

ライター紹介 ライター一覧

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

おうちの悩み.com編集部 不動産売却チーム

不動産売却について、専門的で確かなお役立ち情報を掲載していきます!

【おうちの悩み.com 編集部】
所属の一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引士、木造耐震診断士、適合証明技術者、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、大工、塗装業者、主婦からなる情報発信チームです。
常に新しく、正しいおうちに関する悩み解決情報を提供していきます。

この記事も一緒に読まれています

  • 【不動産をすぐに売りたい】「買取」とは?仲介との違いやポイントを解説

  • 静岡で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 【不動産売却】家を売るときに消費税はかかる?支払わなくてもいい?

  • 築浅のマンションを「高く売る4つのコツ」と注意するべきポイント

  • 共有名義の不動産をトラブルなく売却する!4つの方法と損失を防ぐ6つの注意点

  • 【高く売りたい人必見!】不動産売却に必要不可欠な「レインズ」の仕組み