1. TOP
  2. 不動産
  3. 売却
  4. 【マンション査定価格はどう決まる?】査定額を高める3つの方法

【マンション査定価格はどう決まる?】査定額を高める3つの方法

マンションを売却する際は、まず不動産会社の査定を受けておおよその売却価格を把握することから始まります。

  • 査定額はどうやって算出されるの?
  • 査定額を高めるにはどうすればいい?
  • できるだけ高く売りたい

このように考えたこともある方も多いのではないでしょうか。
査定に基づいて算出される査定価格は不動産業者によって何百万円という金額差が生まれることもあります。
安く売却して後悔しないためにも、売却査定の段階からしっかりと進めていくことが重要です。
そこで今回は査定方法や査定額を高める方法についてご紹介します。

マンション売却価格の査定方法

マンションを売却する際、まずは不動産会社に査定をしてもらうことになります。
では、マンション価格の査定はどのような方法によって行われるのでしょうか?
査定の算出方法を3つご紹介します。

原価法

原価法とは、建物の価格を正確に割り出す方法です。

  • 【再調達原価】その家を、現在の物価でもう一度建築するなら費用はいくらか?
  • 【減価修正】現在、経年劣化によってどのくらい価値が下がっているか?

この2つの計算を組み合わせて、今の建物の価値を正確に計算します。
算出式は【再調達原価−減価修正】になります。
この方法は建物などには有効ですが、土地は再調達価格の把握が困難なために不向きです。

収益還元法

収益還元法とは、不動産を賃貸として貸し出した場合の投資用物件としての価値を算出するために用いられる方法になります。
不動産を運用した場合、将来生み出すであろうと予測される収益と、現在の不動産の価値をプラスして算出します。
収益還元法には2種類あります。

  • 直接還元法…1年間の利益を還元利回りで割り収益価格を求めます。
  • DCF法…不動産の保有期間中に得られる利益と売却時の予想価格を現在の価格に割り戻して合計する方法です。

取引事例比較法

取引事例比較法とは、売却したい不動産と条件が近い取引事例の成約価格をもとに坪単価を計算し、さらに売主個人の事情・売却時期・エリア・間取りなどを考慮して再計算する方法です。
マンションを売却する場合、一般的に使用されているのはこの「取引事例比較法」になります。
【関連記事】
不動産「売り出し価格」の決め方と思い通りの価格で売る3つのポイント

取引比較事例法の注意点


先ほど紹介した取引比較事例法はマンション査定に対してはもっとも一般的な査定方法ですが、常に適正な価格が出されるとは限りません
どういった注意が必要なのか3つのポイントを確認していきます。

事例数が少ない

参考にする取引事例が少ない場合は注意が必要です。
取引事例比較法は参考事例が多いほど正確な査定価格を出すことができるので、過去の事例数が少ないとその分ブレが生じやすくなってしまいます。

取引事例が古い

不動産は価格変動がとても激しいので、2.3年で相場が激変していることも少なくありません。
何年も前の取引事例しかない場合は周辺の環境や不動産の資産価値、景気状況が変化している可能性が高く、正確な査定価格を試算できない恐れがあります。

取引事例の売買状況がわからない

取引事例比較法で厄介なのが、取引事例の売買状況まで把握できないということです。
例えばなんらかの理由で売り急いでいる場合、価格は相場よりも安くなってしまいます。
このような事例を取引事例に多く含んでしまうと、査定額はかなり下がってしまうのです。
急な転勤、離婚、住宅ローンの滞納など、このようなケースは決して珍しいことではないということを認識しておいてください。

2つの査定依頼方法

不動産会社への査定依頼方法は、以下の2つの方法があります。

机上査定

机上査定とは、不動産業者が物件を実際に見ることはせず、築年数や周辺環境、間取りなどの情報から査定価格を算出する方法です。
実際に見てもらう手間がかからないので、すぐに査定額がわかるといったメリットがありますが、正確さには欠けるため、とりあえずおおまかな金額が知りたい方には手軽で便利な方法になります。

訪問査定

訪問査定とは、不動産業者が実際に物件を訪れて、物件状況や周辺環境などを確認した上で査定する方法です。
机上査定よりも正確に算出することができます。
机上査定価格はそのまま売出価格になることはなく、訪問査定での査定額が正式査定額になり、そこから売り出し価格を決定することになります。
ですので、確実に売却予定がある場合は、机上査定ではなく、訪問査定を依頼してください。

査定額を高くする方法


マンションの査定は、築年数や立地条件、間取り、方角など、自分では変えることのできない項目で判断されます。
少しでも査定額を上げるために自分でできる3つの方法をご紹介します。

複数社の見積もりを集める

マンション査定を依頼する際は、複数の不動産会社に査定依頼をしてください。
査定価格は統一されているわけではないので、不動産業者、さらには担当者によっても金額が変わってきます
何百万円といった金額差が出ることも少なくないので、いくつかの査定額を集めて妥当性を判断してください。
まずは不動産一括査定サイトに依頼するのがおすすめです。
プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

不具合を修繕する

破損や不具合がある場合は、できるだけ修繕をしておいてください。
そのままでも売却することは可能ですが重度な破損や不具合については、値引の対象となるので、相場より低く査定されてしまいます。
簡単に直せるものであれば、できるだけ修繕をした状態で売却するようにしてください。
ただし、綺麗にするためのリフォームまではしなくても大丈夫です。
マンション売却前のリフォームは損!?売れにくい理由と解決策

瑕疵担保保険を付保する

瑕疵担保保険(かしたんぽほけん)とは、引渡し後に瑕疵が発見されたとき、その修繕費用の一部を保険金で賄うことができる保険です。
瑕疵担保保険に入っている物件は、買主が負担する不動産取得税や登録免許税の軽減措置を受けることができ、住宅ローン控除やすまい給付金を利用できる要件にもなっています。
そのため、瑕疵担保保険が付保されている物件は、買主にとって瑕疵の不安と税金の負担が軽減されるため人気が高く、査定額は相場より高くなります。
不動産売却のトラブルを防ぐ!「瑕疵担保責任」の基礎知識

まとめ

査定価格は「売り出し価格」の基になる価格であり、集客に大きな影響を及ぼすことがおわかりいただけたでしょうか。

  • 査定額の算出の仕方には、原価法・ 収益還元法・取引事例比較法がある
  • マンション売却では取引事例比較法が一般的
  • 取引事例比較法は比較事例が正確であるか注意が必要

ただ、査定額は査定者によって金額にバラつきがあります。
不動産業者を選ぶ際は、単に査定額が高いからといった理由ではなく、査定額に根拠があり、信用性があるか否かを売り主自身が判断できなければなりません。
査定額を上げるために工夫できることは以下の通りです。

  • 必ず複数の会社に査定を依頼する
  • 重度な破損や不具合は修繕しておく
  • 瑕疵担保保険に入る

今回紹介した査定方法についてきちんと理解することで、精度の高い査定価格を提示する不動産会社を見極めてください。
この記事があなたのマンションの役に立つことを祈っています!
【関連記事】
あなたの家は高く売れる!【不動産売却は準備とスピードが命】
マンション売却の訪問査定とは?机上査定との違いから当日の注意点まで詳しく解説
マンション売却を成功させるためのコツを徹底解説!
マンション売却に失敗してしまうパターン5選
不動産売却に失敗した一家の末路【M家を襲った悲劇】

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 【売却体験談】マンション売却で後悔した7つの事例

  • 【マンション売却前のリフォームは損!?】メリットデメリットを解説

  • 不動産の一括査定サイトを比較!あなたにぴったりのサイトを選ぶ

  • プロが勧める不動産一括査定サイト5選!口コミ・メリットデメリットも解説!

  • マンション売却に失敗してしまうパターン5選

  • マンションを売る際に必要な9つの費用と4つの返還金