1. TOP
  2. 不動産
  3. 売却
  4. 【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

【不動産売却】良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイント

 2019/02/18 売却
 

不動産売却で誰もが悩んでしまうのが、どの仲介業者を選べばいいのか?ということですよね。

  • 仲介業者の選び方がわからない
  • 不動産会社ならどこでもいいの?
  • 悪徳業者に騙されて売却に失敗したくない

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

仲介業者選びは不動産売却において最も重要な部分です。

業者選びを間違えてしまうと、騙されて損をしたり、なかなか売れずに結局安い金額で売るしかなくなってしまいます。

良い業者と仲介契約を結ぶことができれば、売却は成功したといっても過言ではありません。

そこでこの記事では、良い仲介業者と悪い仲介業者を見分ける4つのポイントをお伝えします。

記事を読んで業者選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

不動産売却に失敗する原因


不動産売却に失敗してしまう主な原因は、仲介業者を選ぶポイントを知らなかったということ。

業者の中には、残念ながら自社の利益だけを考える悪徳業者も存在します。

そんな業者に強引な営業をされ、断りきれずに契約をしてしまった・・・と後悔している方も多いです。

 

仲介業者を見分けるポイント

良い仲介業者と悪い仲介業者を見分けるポイントは以下の4つです。

  1. 宅地建物取引業者の免許
  2. 行政処分の履歴
  3. 不動産の売却は得意か?
  4. 営業担当者の人柄と力量

それぞれ詳しく説明します。

 

1.宅地建物取引業者の免許

まず確認したいのが、宅地建物取引業者の免許の有無です。

業者として不動産取引をおこなうためには、宅地建物取引業者の免許が必要になります。

いくら営業マンが経験豊富でも、免許が有効期限切れのまま違法に営業している不動産会社は、絶対に避けなければなりません。

免許を取得すると【宅地建物取引業者票】が交付され、免許番号や有効期間が記載されていますので、不動産会社の事務所や、会社のホームページでチェックしてください。

免許の管轄は、業者の規模によってちがいます。

  • 都道府県知事…事務所が1つの都道府県内にのみある
  • 国土交通大臣…事務所が2つ以上の都道府県にまたがっている

国土交通省のホームページで、免許の有無や免許番号が確認できます。

これを検索!

建設業者・宅建業者等企業情報検索システム】
http://etsuran.mlit.go.jp/TAKKEN/

 

2.行政処分の履歴

過去に行政処分を受けている会社は、法律を守る意識が低いことのあらわれでもあります。

会社の利益を優先させるために違法行為を行うケースもあるので、こちらもチェックしてください。

行政処分履歴と違反内容の詳細は、以下の国土交通省ホームページで検索することができます。

これを検索!

国土交通省ネガティブ情報等検索システム】
http://www.mlit.go.jp/nega-inf/cgi-bin/searchmenu.cgi?jigyoubunya=takuti

【都道府県知事が行った監督処分情報】
http://www.mlit.go.jp/nega-inf/takken/index.html

 

3.不動産の売却は得意か?

知らない人も多いのですが、実は売却が苦手な不動産会社もあります。

たとえば、ホームページに賃貸物件の情報が多く掲載されている会社は、賃貸取引を得意としています。

そのような不動産会社に売却を依頼しても、売却活動に不慣れなので売れ残ってしまう可能性が高いです。

反対に、中古住宅のチラシが頻繁にポストに入っているような会社は、不動産売却に強いといえます

特に地域密着型の不動産会社は、そのエリアの不動産情報を網羅しているので、エリア内での販売力がずば抜けて高い可能性があります。

他にもマンションが得意、一戸建てが得意など、得意な不動産の種類も会社によって異なります。

嵯峨根
不動産の種類×売却したいエリアの、両方が得意な業者を選ぶことが大切です!

 

4.担当者の人柄と力量

不動産売却で、最終的に大切なのは営業担当者の人柄です。

常識的な気遣いや誠実さが感じられるか、一方的ではなく親身になって話を聞いてくれるかなど、人柄をチェックしてください。

不動産売却は分からないことだらけのうえ、時間をかけて担当者と何度もやりとりをします。

連絡をしてもなかなか繋がらない、質問に対して的確な返答が得られないなど、対応にストレスを感じるようならあなたにとって良い不動産売却にはなりません。

また、担当者の知識と経験の豊富さも売却成功のカギになります。

宅地建物取引士の資格を持っていれば、ローンや税金、利用できる制度などの知識も持ち合わせているので、なお安心です。

経験値を判断するためには、次のような質問をしてみてください。

  • この物件は、どのようなプランで売却するのが最善ですか?
  • 水回りのリフォームをした場合、価格はいくら上乗せになりますか?

これらの質問は、ある程度の経験を積んでいないと即答が難しい質問です。

納得のできる的確な回答がその場でスラスラ出るようなら、経験豊富な営業マンと判断することができます。

嵯峨根
同じ不動産会社でも担当者の人柄や経験値には差があります。営業担当者に不安を感じるようなら、遠慮せずに担当者の変更をお願いしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

良い仲介業者と悪い仲介業者を見分けるポイントは、次の4つです。

  1. 宅地建物取引業者の免許
  2. 行政処分の履歴
  3. 不動産の売却は得意か?
  4. 営業担当者の人柄と力量

また、良い仲介業者を選ぶためにはなるべく多くの業者を比較することです。

とはいえ、仲介業者は数え切れないほどあるので選ぶのが大変ですよね。

そんなときにおすすめなのは、無料の不動産一括査定サイトです。

あなたの売りたいエリアで、不動産売却が得意な業者を一気に絞ることができるので、売却に成功しやすくなります!

こちらの記事を参考に是非チェックしてみてください!

プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説

この記事があなたの不動産売却のお役に立てれば幸いです!

 

【関連記事】

あなたの家は高く売れる!【不動産売却は準備とスピードが命】

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!



→ライフプラスハウスのHPはコチラ

→ライフプラスハウスのTwitterはコチラ

→おうちの悩み.comのTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のTwitterはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

→代表 嵯峨根のInstagramはコチラ

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 不動産売却に失敗しないために大切な6つのポイント

  • 東京で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 【不動産売却】レインズの仕組みとは?メリット・デメリットも解説!

  • 【不動産売却】3,000万円特別控除とは?知らないと損する6つの減税特例!

  • 【不動産】売買契約書に貼る印紙税はいくら?非課税にする裏ワザも教えます!

  • 【不動産売却】減価償却費とは?計算方法をていねいに解説!