1. TOP
  2. 不動産
  3. 売却
  4. 【不動産の買取りとは?】仲介との違いやメリット・デメリットを解説

【不動産の買取りとは?】仲介との違いやメリット・デメリットを解説

 2019/03/20 売却
 

不動産売却には、仲介のほかに「買取り」という方法があることを知っていますか?

  • 仲介と何がちがうの?
  • 買取りのメリットやデメリットは?
  • いくらで売れるの?

不動産買取は、不動産会社があなたの家を直接買い取る方法です。
早く売れるけれど、売却価格が安くなる特徴があります。
そこでこの記事では、不動産買取と仲介のちがい、買取のメリットとデメリットについて解説します。
記事を読めば、不動産買取のすべてがわかるようになります!

不動産の仲介と買取りの違い

不動産買取と仲介の最も大きな違いは、買主が違うことです。

仲介の買主は一個人

仲介は、売主と買主の間に不動産会社が入り、売却活動から契約までの仲を取りもちます。
したがって、買主は「あなたの家が欲しい!」という一個人になります。
不動産仲介の仕組み
一般的には、売主側の仲介業者、買主側の仲介業者と、それぞれに不動産会社が介入します。
両手取引といって、1つの仲介業者だけで売主と買主を仲介するケースもあります。

買取りの買主は業者

買取りは、業者が直接あなたの家を買い取り、再販する方法です。
「誰が買うかまだ分からないけどとりあえずあなたの家を引き取ります!」という買取業者が買主になります。不動産買取の仕組み

売却スピードを重視するなら買取り一択!

仲介で売却をする場合、一般の個人が買主になるので、相場に近い高い価格で売却することができます。
しかし買主を探す手間がかかるので、売却に3~6ヵ月ほどかかります
一方で、買取りはわざわざ買主を探す必要はないため、即日の売却も可能になります。

買取りには2種類ある

買取りには、「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。

【即時買取】…その場で買取りする
【買取保証】…まずは仲介で買主を探し、希望期間内に売れなければ買取りに切り替える
買取保証は、仲介の期間内に買主が見つかれば、売却価格が高くなることがメリットです。
買取保証を希望する場合は、仲介と買取りの両方が可能な不動産会社を探して依頼する必要があります。
嵯峨根
「なるべく高く売却したい!でも期限が決まっている・・・」という方は、買取保証を利用するのがおすすめです!

不動産買取のメリットとデメリット

不動産買取には、以下のメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・早く売れる
・仲介手数料不要
・瑕疵担保責任免除
・内覧がない
・誰にも知られず売れる
・売却価格が安い

早く売れる

不動産買取の最大のメリットは、何といっても早く売れることです。
2週間~1ヶ月程で全ての売却手続が完了します
不動産会社によっては数日で現金化できるところもあり、まとまった現金がすぐに手に入ります。

仲介手数料が不要

仲介手数料は、仲介によって売買契約が成立したときに支払う手数料です。
つまり、買取りであれば仲介手数料は不要ということ。
仲介手数料は、売却価格によっては100万円以上になることもあるので、その支払いがないのは大きなメリットです。
【関連記事】
【不動産売却の仲介手数料早見表】瞬時にいくらか計算する方法

瑕疵担保責任が免除される

「瑕疵担保責任」とは、売却後に隠れた欠陥が見つかったときに、売主がその責任をとるというものです。
仲介は、売主に瑕疵担保責任が課せられるので、売却後に欠陥がみつかったときは数百万円もの補修費用を支払わなければならないリスクがあります。
一方で買取りなら、買取るのはプロの業者なので売主の瑕疵担保責任は免除になります。
【関連記事】
不動産売却後のトラブルを防ぐ!「瑕疵担保責任」の基礎知識

内覧の手間がない

仲介で売却するときは、かならず購入希望者の内覧対応があります。
良い印象を持ってもらうために、ハウスクリーニングを依頼したり、家具のレイアウト変更をしたり、不用品の処分をしたり・・・さまざまな手間がかかります。
買取りの場合は、業者が一度室内をチェックするだけなので、手間をかけずに現状渡しで売却することができます。
ただし、あまりにも散らかっていたり汚れがひどい場合は査定額に影響することもあります。

誰にも知られずに売れる

不動産を売却する理由は人それぞれですが、事情があって売却することを周囲に知られたくないこともあると思います。
仲介は、積極的な宣伝をしなければ売れないので、インターネット、チラシ、内覧などによって、あなたが不動産を売ろうとしていることが広く知れわたります。
一方の買取りは、その場で売却が完了するので誰にも知られず素早く売却できます。

売却価格が安い

買取りの唯一のデメリットは、売却価格が安くなることです。
仲介と比べて、6~8割ほどの価格になります。
業者は、買い取った後にリフォームをして再販や転売をします。
業者としても赤字になっては困るので、リフォーム費用などを差し引いても利益が出るように、買取価格を決定します。

嵯峨根
切羽詰まっている事情があっても、正直に買取業者に伝えない方がいい場合もあります。足元を見られて買取価格がさらに安くなってしまう可能性があります!

買取りに向いているのはどんな人?


買取りをした方がいいのはどんな場合でしょうか?

売却期限まで3ヵ月を切っている

急な転勤などで、3ヵ月以内に絶対に売却しなければならない場合は、買取りが確実です。
仲介だと買主が現れるまで待たなければならず、最終的にいくらで売れるのかも分からないので、スケジュールや資金計画を立てられません。

早く現金化したい

すでにその家に住んでいなかったり、相続した不動産を売却する場合は、早く現金化して相続人に分配したいですよね。
不動産は所有しているかぎり固定資産税がかかりますので、売却期間を短縮することでその分の出費をおさえられます。

周囲に知られたくない

離婚、病気、事業失敗など、ネガティブな理由が原因で不動産を売るときは、ご近所さんや知り合いに知られたくないですよね。
買取りは宣伝も内覧もしないので、周囲に知られることなく売却できます。

売却にかかる手間を省きたい

仲介で売却するときは、購入希望者の内覧があります。
休みの日に予定をあけて対応をしなければなりませんし、居住中であれば掃除や片付けをしたりと大変です。
また、遠方に住んでいるときなどは手続きのために何度も予定を調整するのが大変・・・ということもあります。
手間を省いてサクッと売却したい!という方は買取りが向いているといえます。

売れにくい物件を売却しようとしている

築年数が古い、再建築不可の物件など、一般的に売れにくい不動産を売却するときは買取りがおすすめです。
仲介だと、市場に出してもなかなか売れずに、売れ残ってしまうリスクが高いです。
一度「売れ残り物件」のイメージがつくと、敬遠されてますます売れなくなるという悪循環になることも。
そうなれば、大幅な値下げをしなければ売却できず、
「最初から買取りにしておけば高く売れた…」
ということになりかねません。
さらに古い空き家の場合は「特定空き家」に該当すると、固定資産税が一気にはね上がってしまうこともあります。
リスクのある売れにくい物件は、長期間売りに出すよりも買取りで早めに現金化するのが得策です。

売却後のクレームが怖い

不動産売却は、買主に引き渡したら終わりではありません。
売主には瑕疵担保責任があり、売却してから一定期間内に欠陥が見つかると、売主の責任で修繕をしなければなりません。
あとで高額な修理費用を請求をされてしまえば、金銭的にも精神的にも大きなストレスになってしまいますよね。
買取りは瑕疵担保責任が免除になるので、「トラブルになったらどうしよう…」という不安を抱えることはなくなります。

まとめ

いかがでしたか?
不動産買取は、業者が買主になります。

メリット デメリット
・早く売れる
・仲介手数料不要
・瑕疵担保責任免除
・内覧がない
・誰にも知られず売れる
・売却価格が安い

期間に余裕があれば、買取保証を利用するなど、あなたにとって最適な売却方法を選んでください!
 
買取りができる不動産会社は、資金力があるか銀行からの信頼が厚い不動産会社にかぎられます。
「うちは仲介しかやっていません」という不動産会社もたくさんあるので、まずは不動産の買取りをしている不動産会社を探す必要があります。
買取業者を探し、いくらで売れるのか同時に知るには、無料一括査定サイトがおすすめです!
1分の入力で1,000社以上の不動産会社中から「あなたの不動産を○○円で買取ります!」という業者が見つかるので手間がかかりません。
一括査定サイトを利用するときは、「買取希望」と入力しておけば話もスムーズになりますよ。
こちらの記事を参考に是非チェックしてみてください!
プロが勧める不動産売却一括査定サイト5選!メリットとデメリットも解説
あなたにぴったりの方法を選んで、不動産売却が成功することを祈っています!
【関連記事】
あなたの家は高く売れる!【不動産売却は準備とスピードが命】
不動産売却でハウスクリーニングはするべき?相場と4つのメリット
魅力的な物件は高く売れる!不動産売却における「ホームステージング」の効果
不動産売却を成功させる「ホームインスペクション」の4つのメリット
再建築不可物件は売れない!?【相場・売却のコツ・注意点は?】
再建築不可物件を「建築可能」にして売る!【超具体的な裏ワザ4選】

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 拓未

嵯峨根 拓未

所有資格:宅地建物取引士

初めての不動産購入や売却はわからないことだらけだと思います。
宅建士の立場から、不動産に関する正しい知識と情報をお伝えします!

こちらの記事も一緒に読まれています

  • 大手不動産会社仲介実績ランキングTOP10!マンション売却はココ!

  • 【不動産売却の手付金の相場はいくら?】手付金の仕組みと注意点

  • 【不動産売却】譲渡所得の計算方法を一番わかりやすく解説!

  • 不動産価格は今後どうなる?下落を加速させる3つの「20XX年問題」

  • 大阪で不動産売却するなら知っておきたい不動産会社ランキング

  • 不動産売却前にハウスクリーニングはするべき?相場と4つのメリット!