1. TOP
  2. ZEH化する6つのメリットとたった1つのデメリット

ZEH化する6つのメリットとたった1つのデメリット

今、日本のエネルギー事情はあまりいい状態とは言えません。

このままいくと、数十年先には日本は大変なことになっているかも・・・

そこで、日本が国を挙げて取り組んでいるのがZEHの普及です。

2020年にはZEHを義務化するという話も出ており、これから新築マイホームの購入を考えるのであれば、ZEHを知っておいて絶対に損はありません。

 

ZEHって何?という方は、まずはこちらをお読みください。

ZEHとは?読み方や注目されている理由をわかりやすく解説!

 

今、日本が置かれているエネルギー事情を改善するためには、家庭単位でエネルギー事情を見直すことは不可欠で、その救世主とも呼べるのがZEHです。

 

しかし、いくら日本のためとは言っても、自分にメリットも無いのに検討しようとは思えませんよね。

 

そこで、ZEH化するとあなたにどんなメリットがあるのかまとめました。

合わせてデメリットもまとめておきましたので、ZEHを検討する際の参考にして頂ければと思います。

 

ZEHのメリット6選

pexels-photo-1

日本が国を挙げてZEHを普及させようとしているのはコチラの記事で説明している通りですが、ZEH化することであなたにも様々なメリットがあります。

あなたにメリットが無ければ、いくら政府が推し進めているとは言っても、なかなか導入しようとは思えませんよね。

 

ZEH化によってあなたが得ることのできるメリットを6つご紹介します。

 

地球環境に優しい

love-1640793_640

まずは、日本政府がZEHを推し進める最大の要因でもある、地球環境にやさしいというメリットです。

「いやいや、そんな大規模な話をされてもメリットとして実感わかないよ」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地球環境にやさしい生活をすることは、あなたの子供や、孫、さらに先の世代へと住みやすい環境を残してあげることにつながります。

すぐに目に見えることではないので、なかなかメリットとして感じられないかもしれませんが、これから先の世代への配慮だと思うと、とても大切なことだと思いませんか?

 

地球温暖化を抑制するためには、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを減らさなければなりません。

「地球温暖化」という言葉を聞くようになってもうずいぶん経ちますが、温暖化対策はいまだに大きな成果をあげられていません。

 

日本の温室効果ガス大量発生の大きな要因は、電力供給を火力発電に頼りすぎていることです。

energy

(出典:経済産業省エネルギー庁「エネルギー白書2016」)

 

日本国内の約8割の電力を担っている火力発電ですが、その仕組みは、石炭や石油、LNG(液化天然ガス)を燃料に火をおこし、その火でお湯を沸かし、沸かしたお湯から発生した蒸気の力でタービンを回して発電しています。

安定した電力が供給できる火力発電ですが、発電すればするほど、大量の温室効果ガスを発生させてしまいます。

 

電力供給のためには火力発電所をフル稼働するしかない。

でも火力発電は大量の温室効果ガスを生み出してしまう。

 

この悩みを解決するのが、ZEHです。

ZEH化することで各家庭が発電所となり、電気を生み出すことができれば、その分火力発電所の稼働率は下がり、温室効果ガスの発生を抑えることができるので、ZEHが普及すれば温室効果ガスを大きく削減できるのではないかと、日本政府はZEHの普及に期待を寄せています。

 

さらに、火力発電所で使われている石油や石炭は近いうちに枯渇すると言われている限りある資源です。

その限りある資源を残すといった意味でも、ZEHの普及は大きく貢献することでしょう。

 

ランニングコストを抑えられる

business-money-pink-coins

ランニングコストとは、簡単に言うと運転費用のことです。

家庭で言うと、生活をするために必ずかかる費用にあたります。

例えば、電気代・水道代・燃料代・維持修繕費などがランニングコストになります。

 

電気料金の値上げの影響で、家庭のランニングコストのうち電気代の占める割合は年々高くなっており、節約志向の家庭では、電気代を抑えることが食費を抑えることと並んで重要なことだと認識されるようになってきました。

ZEH化すれば、自家発電自家消費の「電力の自給自足」生活ができ、余った電気を売ってその他の必要費用に回せるので、家庭のランニングコストを大幅に下げることができます。

runningcost

もう一つ嬉しいのは、節電のために我慢をする必要がなくなるという点です。

 

電気代が高くなり、節電の意識が高まったご家庭も多いかと思います。

 

「暑いけど扇風機で我慢」

「冬場はいっぱい着れば暖房いらないよね」

 

こんな我慢の生活していませんか?

電力の自給自足が実現すれば、電気代が今の10倍になっても関係ありません。

「電気代がもったないから」という理由で、冷暖房を我慢する必要がなくなります。

これってとても大きなメリットだと思いませんか?

 

健康に暮らせる

family-521551_640

ヒートショックという言葉をご存じですか?

家の中の急な温度変化により、血圧が大きく変動し、その結果失神や心筋梗塞、脳こうそくなどを起こしてしまう現象をヒートショックと言います。

 

年間のヒートショックによる死亡者数は、交通事故の実に2倍以上と言われており、大きな問題となっています。

ヒートショック予防に対しても、ZEH化は有効な手段と言えます。

高断熱の仕様によって夏は涼しく冬は暖かいので、一般の住宅に比べて部屋ごとの温度差が小さくなります。

さらに、電気代を今ほど気にせずに生活ができるようになることで、リビングなどの居室との温度差によってヒートショックの起こりやすい浴室や、脱衣室に暖房を導入するご家庭も増えることが予想できます。

 

ヒートショックは、特に高齢者の死亡例が多く報告されていますので、ご高齢の方との居住を計画されている方は、ZEH化を検討することを強くおすすめします。

 

災害に強い

bdba6a019cd1bd202d8fa121dcd5d5bf_s

ZEH化の必須条件ではありませんが、蓄電池にも追加で補助金を出すなど、国はZEH化と同時に蓄電池の導入を勧めています。

昼に発電して使わなかった分を蓄電池に溜め、太陽が沈んだあとは蓄電池に溜めた電気を使うことで、極力電気を買わない生活ができるようになります。

 

蓄電池の導入効果はそれだけではなく、災害対策としても大きな効果を発揮します。

蓄電池に電気を溜めておけば、急な停電に対しても瞬時に蓄電池からの供給に切り替わり、停電の影響を受けることなく生活できます。

さらに、地震などで長期間電気の供給がストップしてしまった場合でも、蓄電池さえ稼働していれば数日間は問題なく生活できます。

電気自動車をお持ちなら、蓄電池から電気自動車への充電もできるので、避難する際も安心です。

 

これまで、オール電化の住宅は停電すると何もできないので、災害時に備えてガスと電気の併用にするという方も多かったのですが、ガス漏れや火災の心配も伴うので、これからは災害対策を考えるのとZEH一択になります。

 

資産としての価値が高い

77113abf52d4f0479fa1dcaeaed095d4_s

2016年4月から、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)という住宅のエネルギー性能を評価する制度が施行されました。

BELSは、住宅を星1つから星5つで評価し、星5つがエネルギー性能で最高評価です。

ZEHの普及とともにBELSも普及していくと考えられ、例えば同じ築年数で、同じ金額で建てられた家であっても、BELSの評価によって売却額が大きく変わるようになります。

ZEHは、BELSで4~5つ星の評価を得ることができ、資産価値がかなり高い住宅です。

 

逆に言えば、ZEHが当たり前の世の中になってくると、BELS1つ星や2つ星の家では、資産価値がなくなってしまう可能性があります。

子供や孫に残してあげるなら、資産として価値のある住宅を残したいですよね?

資産価値を考えても、これからはZEHが確実に有利です。

 

補助金が受け取れる

f6fce3770eba9b8785666b2e2454489d_s

ZEH化すると、最大で125万円(地域によっては150万円)の補助金を受け取ることができます。

合わせて、蓄電池の設置に対しても追加で補助金を受けることができ、ZEH化にかかるコストアップを補う政策として注目されています。

 

※H28年度(2016年度)の予算は9月でいっぱいになり、H28年11月現在は補助金は受けられません。来年度からは限定的に補助金が交付される可能性があると発表されているので、補助金ありきでZEHを検討している方は来年度に期待しましょう。

※H29年1月追記:平成29年度ZEH補助金の公募が開始されました。最大で125万円給付されます。

 

平成28年からZEHを扱っている証として、ZEH認定ビルダー登録制度ができました。

ZEH認定ビルダーはこちらから調べることができます。

SII 環境創生イニシアチブ ZEH認定ビルダー一覧

 

ZEHの唯一のデメリット

stocksnap_bg7czq5jrn

ここまでZEHのメリットを6つご紹介してきましたが、残念ながらZEHにもひとつだけデメリットがあります。

断熱性能を上げたり、性能の高い設備を導入したり、再生可能エネルギーの創エネ設備を設置したりするのですから、当然と言えば当然なのですが、唯一のデメリットとしてコストが上がってしまうことがあげられます。

 

家にかかるコストが上がる

ZEH化するためには、断熱性能の向上・省エネ性能の高い設備の導入・創エネ設備の設置の3つをクリアしなければなりません。

3つどれをとっても、やはり追加費用は必要になってしまいますし、一般住宅と比べ、建築コストは上がってしまいます。

 

断熱性能を上げ、省エネ性能の高い設備を導入するための費用は、どの程度の性能を求めるかにもよりますが、ZEH達成下限ラインで約100万~150万円程度です。

あくまで一般的な金額で、家が大きくなれば当然その分高くなります。

しかし、平成29年は補助金の交付も決まっていますし、今なら補助金で追加費用のほとんどが、場合によっては全てが補えます。

昨年のように、需要が多ければ補助金が途中で打ち切られる可能性は高いです。

是非、補助金のあるうちにZEH化を検討してください。

 

 

建築コストはあがってしまいますが、これから電気代が上がる可能性などを考えると、ランニングコストが下がる分で十分補うことは可能です。

これから数十年暮らしていく住宅ですので、ZEHにした方が得をします。

長い目で見れば、ZEHは本当におすすめです。

 

ZEH化するまでの流れ

ここまで、ZEHのメリットをお伝えしてきましたが、あなたに響くメリットはありましたか?

環境・健康・ランニングコスト・補助金など、ZEHにはたくさんのメリットがあります。

コストが上がってしまうというデメリットもありますが、仕様をグレードアップする分は今なら補助金で補えますし、太陽光発電設備の分はランニングコストの低下で数年で元を取れます。

補助金がある今、ZEHを検討する最善のタイミングです。

 

しかし、検討しようにもどうすればいいかの分からないという方もいらっしゃると思いますので、以下にZEH化するまでの流れをご説明します。

 

1.近くのZEH認定ビルダーを調べる(複数)

2.調べた認定ビルダーに相談に行く

3.プランと見積りを受け取る

4.魅力的な会社があれば話を進める

 

基本的な流れはこのようになります。

始めにこの記事中でもご紹介した、SII 環境創生イニシアチブ ZEH認定ビルダー一覧の中から、最寄りの認定ビルダーを探すのですが、実はこの作業がとても面倒で、認定ビルダーは都道府県ごとに登録されているので、近くの会社かどうかまではわかりません。

そのため、あなたのお住まいの都道府県内の会社をピックアップし、ホームページで順に調べて行きます。

 

近くの会社をピックアップできたら、次はその会社に相談に行きます。

そこでプランと見積りを依頼します。

数日から1週間程度でプランと見積りができあがりますので、それを受け取り、あなたの希望に沿ったプランか、予算内で実現できそうかを検討します。

そして、これを数社行います。

 

ZEHに限らず、新築やリフォームなど、建築会社を選ぶ基本で、プランと見積りは必ず複数社から受け取るようにしてください。

建築業界は少し特殊なので、何が正しくて、何がおかしいのかわからない業界です。

何もわからない状態で良い家を建てるためには、会社同士を比較するしかありません。

調べて頂ければわかりますが、どこの情報を見ても、複数社比較することを推奨しています。

 

比較した結果、一番良いプランと見積りを提案してくれた会社と計画を進めていきます。

これが通常の流れです。

 

ここで一つネックとなるのが、認定ビルダー探しと、そのビルダーに相談に行くところまでがとても面倒だということです。

イニシアチブのホームページから認定ビルダーを探し、数十から数百ある会社の中から近くの会社を見つけるまでに結構な時間がかかるうえ、さらに相談に行くのにかなり時間がかかります。

ここが面倒で、複数社に相談に行くのを妥協した結果、全然思い通りの家ができなかったというのはよく聞く話です。

 

この面倒な会社情報集めと、相談を短時間でできるとしたら、とてもいいと思いませんか?

その上、複数同時にできるとしたら最高ですよね。

 

インターネットをうまく活用すれば、面倒な作業をわずか3分程度で終わらせることができます。

それは、一括見積りサイトを活用する方法で、とても簡単でおすすめなので紹介しておきます。

都道府県と市町村を入力し、あとは質問に答えて行けば3分程度で複数社からプランと見積りを受け取ることができます。

通常なら数週間から数ヶ月かかるものを、わずか3分で、しかも在宅でできるとなると、活用しない手はないと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ZEHにはあなたにもたくさんのメリットがあり、時代の流れも考えると、是非とも導入したいところです。

しかし、コストが上がってしまうので、資金に余裕の無い場合は導入を敬遠してしまうかもしれません。

20年、30年、40年・・・・と長いスパンで見れば、導入コストを取り戻せる日が来るので、これから長く住むことを考えると、私個人の意見としてはメリットの方が大きいかと思います。

 

この記事がZEH検討の参考になれば幸いです。

 

 

賢く電気を使い、今よりも良い生活がしたいと思いませんか?

そんな節約意識の高い賢いあなたは、電気料金の見直しをしてみてはいかがでしょう?

こちらの記事を参考に電気料金の見直しをすれば、月々2,000円は安くなるかもしれません。

電力自由化とは?仕組みは?今すぐ20万円得する方法お教えします!

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 匠ちゃんホーム 事業代表
「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」を経営理念に、質を下げないローコスト住宅の研究をし続けています。
お客様に満足できる家づくりをして頂くため、365日無料相談を受け付けています。
対面・メール・サイトからのお問い合わせの全てに100%お答えしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【前編】

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【後編】

  • ローコスト住宅で失敗して後悔しないために知っておくべきこと6選

関連記事

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【前編】

  • 主婦の憧れアイランドキッチン!採用した人の声を集めてみた

  • 【トイレの床攻略ガイド】フローリング・タイル・クッションフロアどれがおすすめ?

  • 工務店とハウスメーカーの違いを比較してみた

  • 住宅ローン減税(控除)を受ける方法徹底解説!家を買ったら確定申告

  • 建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット