1. TOP
  2. 工務店とハウスメーカーの違いを比較してみた

工務店とハウスメーカーの違いを比較してみた

そろそろ新築一戸建てのマイホームが欲しいなぁ・・・

そう考えたとき、第一の関門として、”会社選び”が大切ですよね。

『家づくりで大切なことは、会社(業者)選択を間違わないこと!』

これはどこでも言われていることですし、あなたもよくわかっていることだと思います。

ハウスメーカーにしようか、それとも工務店の方がいいのか・・・

 

ハウスメーカー VS 工務店

 

建築における永遠のテーマですね。

でも、そもそもハウスメーカーと工務店って何が違うんでしょう?

建築業界に携わっている私も、正直曖昧な部分が多かったので、ハウスメーカーと工務店の違いを明確にし、色々な側面から比較してみました。

新築一戸建ては大きな買い物です。

感覚やフィーリングではなく、それぞれの良さを知り、自分にあった会社を選びましょう!

 

 

工務店かハウスメーカーはもう決めているという方は、注文住宅か建売住宅か、検討されてみてはいかがでしょう。

注文住宅か建売住宅を検討する際にはこちらの記事が参考になります。

建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

やっぱり注文住宅?注文住宅のメリットとデメリット

 

 

ハウスメーカーとは

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721_TP_V

ハウスメーカーとは、世間一般にも広く使われる言葉ですが、ハウスメーカーという言葉に正式な定義はありません。

従来は【積水ハウス・セキスイハイム(積水化学工業)・大和ハウス・パナホーム・ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)・ミサワホーム・住友林業・三井ホーム】の大手住宅メーカー8社を指す言葉として使われてきました。

最近では大手8社の他にも、一条工務店やタマホームなどの新興住宅メーカーもハウスメーカーと呼ばれることもあり、日本全国で広く展開する住宅会社に対して使われる呼び名として浸透しているように思います。

 

工務店とは

PASONA_19_TP_V

こちらも法律用上での明確な定義はありませんが、主に戸建(こだて)住宅を請け負う建築専門の建設業者の中で、地場産業として根付いている業者を伝統的に工務店と呼んでいる場合が多いです。

戸建住宅とは、1つの敷地に一世帯が居住する住宅のこととされていますが、最近では二世帯住宅も増えていることもあり、アパートやマンションなどの集合住宅で無いものを総称して戸建住宅と呼んでいます。

工務店は、個人やメーカー等から戸建住宅を請け負い、鳶(とび)・大工・左官・板金・電気・水道などの”職人”の手配や管理、その他工事全体の監督をします。

同じ工務店でも、業務体系に違いがあり、その体系によってタイプわけがされています。

 

『全国優良工務店100選』(全国優良住宅協議会監修、日本建築出版社、2011年)では工務店のタイプわけを行っている。これによると従来型の棟梁型店、社内に建築士を抱えデザインで他社との差別化を図っている店、外部の建築家の設計による施工だけを行う店、ハウスメーカーの下請けや、特定工法のフランチャイズ業務が中心の店、特定の建材・設備などを使った住宅を商品化・シリーズ化して販売型の店、自社土地購入で建売住宅や売建住宅販売を展開する店などがみられるという。(参照:wikipedia

 

ハウスメーカーと工務店の違い

max16011508-2_TP_V

では、いったいハウスメーカーと工務店は何が違うのか。

どちらも定義付けがされていないので、境界線はあいまいになってしまうのですが、一般的な認識として大きく以下の2点が違います。

 

事業展開規模の違い

全国的に展開している会社をハウスメーカー、地場産業として主に地元に特化して業務を行っている会社を工務店としていることが多いようです。

しかし、一条工務店をはじめとし、○○工務店という名前で全国展開している会社も最近は出てきていますので、事業展開規模での線引きはこれからどんどん難しくなっていくと思われます。

 

業務体系の違い

ハウスメーカーは全国規模で展開するために、家づくりを規格化し、商品として家を売っています。

プラモデルのように、『家』という商品を、マニュアルに従って組み立てていると考えてもらえるとわかりやすいかと思います。

それに対して工務店は、もちろん例外はあるのですが、ある程度の決まりはあるものの、間取りや外観などをお客様と決めて行く形態をとっていることが多いです。

 

一言で表すならば、ハウスメーカーは『家を売る』、工務店は『家をつくる』というイメージでしょうか。

 

ハウスメーカーと工務店を6つの視点から比較してみた

019b35bcd0f9b09d83d0c05553a2023d_s

ここまでハウスメーカーと工務店の違いについて説明してきましたが、結局あなたが知りたいのはどっちで建てるべきなのかということだと思います。

その疑問にお応えすべく、『ハウスメーカー 工務店 比較』と検索して出てくる検索上位サイトの情報をまとめ、私なりのプロの見解も加えつつ、【価格・技術力・品質・工期・要望・ローン】の6つのカテゴリーにてそれぞれ比較してみました。

 

ROUND1. 価格

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

まずはやはり、新築一戸建てのマイホームを考えるにあたり、最も悩まれる方の多い価格からいきます。

ハウスメーカーも工務店もピンからキリまで価格があるので、簡単には比べられないものではありますが、平均的に見るとやはり工務店が安いです。

 

ハウスメーカーの出発点は、『家を規格化して手間を省き、大量に注文して材料費を安くし、住宅のコストダウンを図ろう』というところなので、工事にかかかる費用だけを見ると、圧倒的にハウスメーカーの方が安いです。

しかし、最終的に支払う金額ではハウスメーカーが安くなることが多いのは、ハウスメーカーと呼ばれる大手住宅会社は、広告宣伝費に多額の費用を投入しており、その費用が建築費に上乗せされているため、工事費を抑えても最終金額が高くなる傾向にあります。

 

例えば建物本体価格3000万円家があったとします。

ハウスメーカーと工務店それぞれで価格の内訳を見てみましょう。

 

【ハウスメーカーの場合】

工事原価(材料費、職人手間費、経費) 1500万円

会社の利益 1000万円

広告宣伝費 500万円

 

【工務店の場合】

工事原価(材料費、職人手間費、経費) 2000~2250万円

会社利益 750~1000万円

 

だいたいですが、こんな感じです。

ハウスメーカーで建てる場合、利益と広告宣伝費が価格の50%程度含まれていると言われています。

 

ハウスメーカーや工務店の費用を比較する際、よく「坪単価」を参考にする人を見かけますが、実は坪単価は参考にならないのをご存知でしょうか?

あまり坪単価を意識していると、会社選びで大失敗をしてしまう可能性が高いので、こちらの記事を参考に坪単価の仕組みを理解して頂ければと思います。

 

もはや詐欺?新築一戸建ての建築費を坪単価で見てはいけない理由

 

ROUND2. 技術力

7e3c080a9c4a98093a73a44509ae2627_s

2回戦は技術力です。

技術力は、同じハウスメーカーでもバラバラで、比較することができません。

ハウスメーカーの場合、受注まではハウスメーカーの営業が行い、契約後の施工に関してはそのエリアの工務店に丸投げする方法をとっています。

ハウスメーカーとして技術力を評価するというよりは、下請けの工務店の技術力の評価になってしまうため、そもそもハウスメーカーの技術力を測ることができないのです。

同様に、一口に工務店と言っても、技術力もピンからキリまであるのが正直なところです。

 

ハウスメーカー(下請けは○○工務店) VS ○○工務店

 

ということであれば比べることができるのですが、ハウスメーカーと工務店という大きなくくりでは判断することができず、評価のしようがありません。

 

・・・と、普通ならここで終わってしまうところですが、これではせっかくこの記事を読んで頂いているあなたに失礼なので、参考までに現場視点での私の意見を言わせてもらいます。

一つのエリアで10年・20年と営業を続けている工務店や、着工棟数がコンスタントに多い工務店は、技術力が高い水準であることが多いです。

地場でやっていくならば、そのエリアが狭ければ狭いほど『口コミ』が命です。

悪い噂が流れれば一瞬で仕事がなくなりますし、いい噂が流れればそれだけ仕事に直結します。

ですので、地場である程度長いことコンスタントに新築をしている会社は、技術力は低くないと考えられます。

ただし、建築の施工の不備というものは、数年後に表に出てくるものもたくさんありますので、ここ数年伸びてきている会社には、少し注意して下さい。

 

ハウスメーカーに関しては、申し訳ないのですが本当にピンキリですし、その時に手の空いている、安い価格で請け負ってくれる工務店が選ばれることがほとんどですので、評価のしようがありません。

心配な方は、商談を進めて行く中で、『この工事はどこの工務店に引き継ぎますか?』と質問するいいでしょう。

 

ROUND3. 品質

quality-500958_640

品質に関しては、大手ハウスメーカーの支給する部材に関しては、まず間違いが無いと思います。

ハウスメーカーの中には、自社オリジナル製品を出しているところもあり、例えば積水ハウスであれば、オリジナルの窓、建具(室内ドアなど)、ひいてはネジや細かな部品まで、自社オリジナルで出しています。

積水の名前を背負った商品ですから、中途半端な物ではなく、積水のブランドを背負うにふさわしい品質であることは間違いないです。

 

工務店に関しては、これもピンキリなのですが、ローコストを謳っている工務店の中に、品質をある程度まで下げることでローコストを実現している会社もあり、そういった会社の場合は品質がかなり低いことがあります。

 

しかし、現場管理という側面から見ると、ハウスメーカーは自社で現場管理をするケースは極めて稀で、直接お客様と打ち合わせをしていない代理のものが監督をします。

そのため、『家全体の品質』として見ると、お客様の声を直接聞いた人が建築の現場も管理することの多い工務店の方が、お客様目線で言えば品質の高い家と言えるかもしれません。

 

もちろん質の高い工務店もありますが、平均的に見るという意味では、部材の品質に関してはハウスメーカーに軍配が、家の施工という観点から見た品質では工務店に軍配が上がるように思えます。

 

ROUND4. 工期

fashion-wristwatch-time-watch-large

工期に関しては、ハウスメーカーや工務店というよりは、工法によるところが大きい項目です。

最近の工事の主流としては、プレカットと呼ばれる加工された状態の木材を、現場で組み立てて行く工法が主流となっているのですが、例えばセキスイハイムの場合、工場である程度組み立てられたものを現場に運び、現場では設置するだけといった工法を取っています。

自社工場から配送できるというのは大きな強みで、工務店にはできないことです。

工期に関しては、一部の例外を除いて圧倒的にハウスメーカーが早いのではないかと思います。

 

ROUND5. 要望

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

要望に関して言えば、確実に工務店の方が融通が利きます。

ハウスメーカーの家は全国どこでも施工できるように規格化された商品であり、決してお客様の要望を細かに取り入れられる仕組みになっていません。

逆に、工務店は仕組化されていないことが多く、逐一お客様の要望を聞き、それを形にするようにプランを進めていきますので、工務店の方が要望が通りやすいケースは多いと言えるでしょう。

 

ROUND6. 住宅ローンの通りやすさ

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

地場に長く根付いている工務店であれば、それだけ地場の工務店と付き合ってきた機会も多く、過去の実績を大切にする銀行からすれば、安心して審査を通せる相手と言えるでしょう。

逆に、ハウスメーカーは担当もよく変わりますし、施工業者も変わりますし、信用できる人がいたとしても入れ替わってしまうシステムになっているので、信頼は勝ち得にくいかと思います。

もう少し言えば、工務店の中には審査の手続きや融資担当の人とのやり取りを代行してくれる工務店も多く、お客様が直接銀行とやりとりするよりも色々知っている人がやりとりをするため、審査が通りやすくなります。

ローンの通りやすさでいえば、工務店が強いでしょう。

 

結局どっちが良いの?

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

ここまで色々と説明してきましたが、結局どちらがいいのかが一番知りたい所だと思います。

結論から言えば、『あなたが実現したいことは何か』によってメリットとデメリットを比較し、メリットが大きい方を選ぶのが一番いい方法です。

ハウスメーカーも工務店も、どちらにも良いところもあり、苦手なところもありますから。

 

例えば、ブランド力というものに価値を置き、価格はこだわらないというのであればハウスメーカーを選ぶべきです。

 

例えば、ブランドにはまったく興味が無く、安くて良い家を建てたいと思うのであれば工務店です。

 

重ねてになりますが、ハウスメーカーも工務店も、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

その違いを見極め、自分の実現したい未来はどちらに頼んだ方がより実現されるのかという尺度で比べる必要があります。

それぞれを比較する際に、この記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

 

工務店かハウスメーカーか、この記事を呼んでもまだ決めかねている方も多いと思います。

そんなあなたに、とっておきの手法を教えちゃいます。

”先輩”はこの方法で、素晴らしい生活を手に入れたようです。

【悲報】新築一戸建てを買って死ぬほど後悔したある飲み会での話

 

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 匠ちゃんホーム 事業代表
「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」を経営理念に、質を下げないローコスト住宅の研究をし続けています。
お客様に満足できる家づくりをして頂くため、365日無料相談を受け付けています。
対面・メール・サイトからのお問い合わせの全てに100%お答えしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 団信(団体信用生命保険)とは?【賢い住宅ローン】

  • 固定金利と変動金利、今選ぶならどっち?【賢い住宅ローン】

  • 【フラット35】金利の推移と今後の変動予想!最新金利の調べ方も

  • フラット35とは?メリットとデメリットを解説【賢い住宅ローン】

関連記事

  • 湘南に住もう!魅力や土地価格まとめ

  • 海沿いに新築一戸建てを!海が近いメリットとデメリットは?

  • 電力自由化とは?仕組みは?今すぐ20万円得する方法お教えします!

  • 新築住宅の標準装備という落とし穴。装備が充実=良いことではない!

  • 【2017年度版】新築時にもらえる補助金制度まとめ(H29年度)

  • 【悲報】新築一戸建てに失敗・・・死ぬほど後悔したある飲み会での話