1. TOP
  2. 大凶を避ける5つのオキテ!家相(風水)を意識した間取りで家族を守る!

大凶を避ける5つのオキテ!家相(風水)を意識した間取りで家族を守る!

あなたは「家相」という言葉をご存知ですか?

より身近な言葉にすると、「風水」とよく似ているのですが、これから新築マイホームを考えるなら、知っておいて損はないと思います。

私は目に見えないものは信じない派の人間で、これまでどちらかと言えば「家相」とか「風水」という考え方を、少し怪しいと思ってきたタイプです。

しかし、家族の幸せと比べると私のポリシーなんて安いもの。

「家族を幸せにしてくれる要素は多いに越したことはない!」

私は家相を取り入れることを決めました。

あなたも大切なご家族のために、家相も意識してみませんか?

この記事では、家相についてわかりやすくまとめました。

上から順に深い内容になっていきますので、知りたいレベルに合わせて読み進めてくださいね!

家相とは

astrology-993127_640

家相は、奈良時代に中国から仏教とともに伝わり、日本で独自に発達したものです。

土地や家の間取りによって住人の運勢を占うもので、風水を間取りや土地に限定したものだと思ってください。

人によっては、「怪しい」「うさんくさい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、建築業界では目に見えないものの力を強く信じる傾向があり、現代でも家相を取り入れることに前向きな人はとても多いです。

家は、地震・雷・風・雨といった人の力ではどうにもできない大きな力から家族を守る役割をもっています。

その役割の大きさを考えると、目に見えない力に頼ろうとするのも、ごく自然なことなのかもしれませんね。

 

鬼門・裏鬼門

kimonn

家相を考える上で、絶対に外せないのが、鬼門と裏鬼門です。

現代の方角で言うと、鬼門が北東、裏鬼門が南西にあたります。

鬼門と裏鬼門は、家相では最も凶の方角とされており、家相を意識した間取りは、この方角を避けるところから考えていきます。

この後も頻繁に出てくるので、覚えておいてください。

 

正中線(せいちゅうせん)・四隅線(しぐうせん)

seityu

家の中心から南北に引いた線を正中線、家の中心から東西に引いた線を四隅線と言います。

この言葉も家相についての話では頻繁に出てきますので、覚えておいてください。

ちなみに、妊婦さんのおへそのあたりにできる縦の線として、正中線という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、あの正中線の由来は、家相から来ていると言われています。

 

最低でも玄関は意識する

door-1182969_640

家相では、吉(良い運気)も凶(悪い運気)も玄関から入るとされています。

家相で一番悪い間取りとされているのは、鬼門または裏鬼門のライン上に玄関を配置した間取りです。

鬼門と裏鬼門は最も凶の方角ですので、そのライン上に玄関を設けると、最凶の運気を家の中に招き入れます。

そこまで意識するつもりはないけど、軽く家相も取り入れたい方は、最低でも鬼門と裏鬼門に玄関を配置することだけは避けましょう。

大吉の方角については後程説明します。

ここでは、鬼門と裏鬼門に玄関を配置することさえさければ、家相上最悪の間取りにはならないと理解していただければと思います。

大凶を避ける5つのオキテ

342355899_2fc752cec8_o

玄関を鬼門と裏鬼門に配置しないことで、家相上最悪の間取りは避けられました。

でも、最悪の間取りを避けるだけではなく、より良くなる間取りを計画したいと思われた方も多いはず!

そこで、ここからはもう少し深く掘り下げ、大凶を避ける5つの鉄則をお伝えします。

最凶を避ける間取りから大凶を避ける間取りへのステップアップです。

 

せっかく建てた家を、”大凶の間取り”なんて言われた日には、

「なんて日だ!!!」

と言ってしまいそうですね。

 

色んな意味で残念な気分にならないために、あまり家相を信じていない方もせめてこの辺りまでは意識されてもいいかもしれません。

 

三所に三備を設けてはいけない

三所?三備?日常生活ではまず聞くことがないので、まったく何のことかわからないと思います。

 

三所・・・鬼門(北東)・裏鬼門(南西)・宅心(建物中央)

三備・・・トイレ・キッチン・玄関

 

玄関はすでにお話しした通りなのですが、トイレとキッチンも鬼門と裏鬼門に配置するのは良くないとされています。

宅心(建物中央)に関しては、シンプルに計画をすれば、家の中心に三備が来ることはほぼ無いと思います。

しかし、何か思い入れがあり、少し凝った間取りにしたいと考えているとしたら、

「凝った間取り計画をしていくうちに、知らず知らずに配置してしまっていた」

とならないよう気を付けてください。

 

正中線・四隅線には不浄の部位を配置しない

トイレ・浴槽の排水溝・キッチンのシンク・コンロ・出入りできる開口部(ドアや掃き出し窓など)は、家相では不浄とされています。

この不浄の部位を、正中線や四隅線にかかるように配置してしまうと、凶を呼ぶとされているので、これらの不浄の部位は正中線・四隅線に乗らないように計画してください。

 

できるだけ欠けのないプランに

家相では欠けは良くないとされ、いろいろな凶事(よくないこと)を招くとされています。

「欠け」とは、一辺の長さの2/3以内の凹んだ部分のことを言います。

kake

逆に、一辺の長さの1/3以内の飛び出しを「張り」と言い、吉方(いい方向)に向かって張りのある間取りは吉を呼ぶとされてます。

 

吹き抜けは基本的にNG

吹き抜けは家相では「欠け」に該当します。

そのため、吹き抜けは凶事を招くので設けないほうが良いと言われています。

吹き抜けはオシャレですし、開放的で部屋を広く見せる効果もあるので、ぜひ吹き抜けを採用したいと思っている方も多いと思いますが、家相を意識するならば吹き抜けはやめておきましょう。

 

階段を中心に配置しない

家相では階段も「欠け」に該当します。

中でも宅心(建物中央)に配置するのは良くないとされており、凶事を招くそうです。

中央に階段を配置するプランも、他の配置が難しいので頻繁にあるとは思えませんが、ある程度以上の大きな家であれば2階の収まりが良くなるので、中央階段のプランを提案されることもあるかと思います。

大きな家を計画されるつもりであれば、中央階段になっていないか気を付けてください。

最後に

young-man-1289729_640

いかがでしたか?

5つのオキテを意識して計画できていれば、大凶は避けられています。

さらに、大凶を避けているうちにいくつかの吉の方角に乗っている部屋もあると思うので、ある程度の運気UPも期待できるのではないでしょうか。

家相を取り入れようと思うと、間取りを考える手間は格段に増えてしまいますが、そのひと手間で大切なご家族を守れるのであれば、10時間でも20時間でも惜しくないですよね。

家相を信じる信じないは別にして、家相を取り入れようとするその気持ちは、ご家族への愛です。

もしかしたら家相ではなく、あなたの強い愛がご家族を守るのかもしれませんね。

 

「大凶を避けるだけじゃなくて、運気がどんどん上がる家を計画したい!」

そんな家族愛にあふれたあなたには、部屋別に吉・凶の方角をまとめたこちらの記事を続けてお読みください。

家相上級者への道・・・吉の方位を抑えて運気アゲアゲな家に!

 

あなたとあなたのご家族が、幸せに暮らせますように。

\ SNSでシェアしよう! /

住宅総合メディア おうちの悩み.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住宅総合メディア おうちの悩み.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

嵯峨根 和正

嵯峨根 和正

京都府舞鶴市 株式会社ドレメ ライフプラスハウス事業部代表

「新築を通じてお客様と共にワクワクする未来を創造し、住まいを必要とする全ての人に貢献する」というミッションのもと、今よりも豊かな生活を手に入れる家づくりをご提案させて頂いております。
いつでも、ご相談ください!

ライフプラスハウスHP
http://www.lifeplus-house.com/

お問い合わせには100%お返事致しますので、何かお悩みごとや不安ごとがありましたらお気軽にご連絡下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 後悔しないマンション売却を!正しいマンション売却の流れ9ステップ

  • マンション売却に失敗してしまうパターン5選

  • 変動金利は危険?仕組みを知ってリスクを回避!【賢い住宅ローン】

  • 団信(団体信用生命保険)とは?【賢い住宅ローン】

関連記事

  • ZEH化する6つのメリットとたった1つのデメリット

  • 建売ってどうなのよ?建売住宅のメリットとデメリット

  • 家相上級者への道・・・吉の方位を抑えて運気アゲアゲな家に!

  • 注文住宅に失敗しないためには?家づくり成功の10ヶ条【後編】

  • やっぱり注文住宅?注文住宅のメリットとデメリット

  • 【2017年度版】新築時に受けられる減税制度まとめ(H29年度)